【キニナル人物】Dave Spectorデーブ・スペクター

http://goethe.nikkei.co.jp/human/から・・・


会議室に入ると、等身大のバラク・オバマのパネルや等身大のE.T.のフィギュアがあり、まるでアミューズメントルームのよう。また、壁にはテレビモニターが縦5列・横4列に20台並び、世界各国のテレビ番組を映している。タレント、テレビプロデューサー、放送作家、コメンテーター、著作家、元アカデミー賞投票資格者……など、さまざまな肩書を持つデーブだからこそのオフィスといえる。

デーブ・スペクターのツイッター
「やっと親戚や家族とつながった携帯→『愛』フォン」
「避難が『自己責任』でというなら『事故責任』もきちんとして下さい」

一日30単語を覚えることを自分に課す。やがて興味は漫画から小説へ。三島由紀夫、井上靖、北杜夫などの作品を読む。そして中学生の時、「三島由紀夫の生涯と自殺」をテーマに、シカゴの日系人主催の日本語弁論大会で2年連続優勝。アメリカ人の中学生が優勝するのは快挙だ。すでにネイティヴの日本人よりも優れた日本語だったのだ。

大震災直後の原発事故のさなか、帰国を勧めるアメリカ人たちにも「僕は絶対に日本から逃げない!」と宣言した。


「これはツイッターにも共通するけれど、日本のテレビは、アメリカと比べると瞬間風速が大切。どんどん消費していく。そこがせっかちな僕には合っているんだと思っています」
番組そのものの完成度に関しては、日本よりもアメリカのテレビのほうが高いという。


「そりゃあ、そうですよ。アメリカは後で海外に売ることまで考えて作っていますから。日本の番組は、その日の視聴率が勝負でしょ? でもその代わり即興性があって、遊び心があって、勢いがある。だから生放送が圧倒的に多い。自由度が高いから、すごく楽しいですよ。僕は終わってしまったことはほとんど考えない。いつも、これから起こることに気持ちを集中させます。そして、蓄えたものは毎回全部出し切る。その体質が日本のテレビ制作に合うんです」


新聞は毎日20紙に目を通す。一般紙やスポーツ紙はもちろん、海外からも空輸しています。自宅では新聞を読みながら、同時にテレビ画面もチェック。音を消して4番組を映している。

▼デーブ・スペクター
http://goethe.nikkei.co.jp/human/110721/03.html


wikipediaより・・・・

小学5年生の頃、転校してきた日本人ワタル君を驚かせようと「郵便局どこですか?」という日本語を覚え披露したところ、ワタル君は大変に感激し、「日本語(の発音)が上手だ」だと褒めてくれた。それをきっかけに日本に強い興味を持つようになった。

シカゴ日系人会主催の日本語弁論大会で2年連続優勝を果たした経験も持つ。この弁論大会は日本人学生を対象にしたもので、そもそも当時の状況からしてアメリカ人の子供が日本語弁論大会に優勝すること自体が快挙だった。又その時の論文の題は“三島由紀夫の生涯と自殺”であった。この論文を子供時代に発表した事で、いかにデーブが日本語に熱心だったか当時の関係者は皆、絶賛した。

現在でも日本語の単語を1日に3 - 5つ覚えることを日課とし欠かしたことがない。それはどんな場面においてもコメンテーターとして専門用語を理解し使いこなすためでもある。

1976年、副業で日本人の旅行案内員をしているときに、後に結婚する京子とロサンゼルスのニューオータニで出会う。彼女はそこで、コンシエルジュとして働いていた。その時デーブは、憧れていた加山雄三から取ったユウゾウと名乗っていた。

独自で探してきた日本の優れた人や物を米国の番組で数多く紹介してきている。今ハリウッドセレブの間で流行っている温水洗浄便座をいち早く米国のメディアで紹介したり、日本の番組を紹介し、それを見たテレビ局が米版の番組を作るきっかけを作った。「風雲たけし城」や「料理の鉄人」等はデーブが最初にアメリカに紹介した。

『千の風になって』を日本に紹介したのはデーブ・スペクターである。坂本九の葬儀を知ったデーブが、葬儀委員長を務めていた永六輔に、良い詩があるからと『Do not stand at my grave and weep』を翻訳して送り、朗読してほしいと頼んだ。永はその詩を葬式で朗読した。


ライブドア元社長の堀江貴文に対しては、一貫して反・堀江を貫いた。


日本放送作家協会 日本初外国人放送作家。

アナハイム大学 人文学名誉博士号。

文部省認定実用英語技能検定1級。
▼デーブ・スペクター(David Mark Spector、1954年5月5日 - )
http://ja.wikipedia.org/


『Dave Spector (デーブ・スペクター né à Chicago dans l'Illinois) est l'une des personnalités étrangères les plus visibles (Gaijin tarento) au Japon. Il est juif américain. Il a étudié à l'Université de Sophia en 1972. Il vit au Japon depuis 1983. Il apparaît régulièrement en tant que commentateur dans plusieurs émissions japonaises telles que 'Soko made itte, iinkai'. Il écrit pour le magazine Shukan Bunshun et le journal Tokyo Sports Shimbun et a écrit plusieurs livres.』
▼Dave Spector
http://fr.wikipedia.org/wiki/Dave_Spector

▼デーブ・スペクターのツイートから


日本は原爆と原発で2回の被ばくを経験してしまいました。この経験を語り継げるのは日本の皆さんだけです。もちろん僕も世界に伝えます「どんなことがあっても日本は立ち上がるんだ!」と。


やっと親戚や家族とつながった携帯→「愛」フォン

すっかり切れちゃったもの→菅電池

[PR]
by hiraidenaoya | 2011-07-27 17:37 | 【キニナル人物】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/13148851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。