【谷中YANAKA】谷中の佃煮屋さんTOKYO

佃煮の名前は地名の佃島(現在の東京都中央区佃)に由来するそうで・・・・・

最近日本から帰ってきた友達が持って来てくれた佃煮



ウチは二人とも"佃煮"ファン!ひょっとしたら、僕よりもウチの彼女の方が熱烈かも・・・
「日本からのお土産に何がいい?」と訊かれてたら"佃煮"は必ずリストのトップ3。

「江戸時代、佃島の漁師が江戸湾でとれた雑魚を醤油で煮たのがはじまりなんです」だそうで・・・
江戸前とはいかないものの、小エビのアミや小魚の小女子(こうなご)といったほとんどを国産でまかなっているという。
「今や国産を手に入れるのも大変なんですが、外国産では味はもとより、食感も香りも格段に落ちるんです」
(創業223年の佃煮専門店・新橋玉木屋(東京都港区新橋/tel03・3571・2477)の田巻章子社長のコメント)


たいへんな苦労なんですね~
 

実は素材の鮮度が大切で、古いものでは煮崩れしやすい上に煮込むほどに生臭さが増すそうだ。
・・・知りませんでした!鮮度が落ちた魚介類の利用法として出来たものとしか思っていませんでした。

再認識です。
老舗が語る「佃煮」の魅力


僕らが東京でしばらく住むことになって、谷中の"家"を見させてもらうのについた駅が日暮里。ここのエリアは上と下では大きな違いで・・・・

日暮里駅の下のほうに出ると歓楽街!パチンコ屋と風俗モノがたくさんの雑居ビル、その先は生地や洋服の問屋街。
上の方・・・つまり"谷中霊園"方面に出ると『小京都』

大家さんとの待ち合わせの時間より早く着いたので、ちょっと街を散歩。一番最初に目に付いたのがこの佃煮屋さん。そしてそのむかえにある"煎餅屋"さん・・・

こういうお店が近所に存在するエリアならウレシイ!!と即決めさせてもらいました。





[PR]
by hiraidenaoya | 2005-01-19 18:44 | 【谷中YANAKA TOKYO】 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/1563302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sucette at 2005-01-19 22:17 x
あ、このお店この間行きました~!昆布の佃煮をお土産に買ったんです。でもワタシ、小女子とか桜海老とか細かいものが密集しているのをみるのも食べるのもちょっと苦手です(^^;) 
Commented by akberlin at 2005-01-20 06:04 x
佃煮~!これさえあれば白いごはんがいくらでも食べられるという・・・。
実は母が上野桜木町の出身でして。以前に登場していた銭湯を
改築したギャラリーなどは銭湯だった時代をよーく知っております。
祖母と一緒に通ったものです・・・懐かしい・・・。ちょっとホームシック気味。
Commented by hiraidenaoya at 2005-01-20 08:13
sucette さん・・・デリケートですねぇ~^^

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-01-20 08:15
akberlin さn!!お母様によろしくお伝えを!!^^

いいエリアですよね!!

NAO