【裁判官のカツラ廃止】イギリス 、法服簡素化で7000万円削減(英国)

日本の成人男性の薄毛人口は約1000万人。そのうち、ざっと10人に1人がカツラ愛用者といわれる。ここでは、そんなカツラーだけでなく、誰もが知っておいて損のないカツラ・トリビアを3つ紹介しよう。■...

■イギリスの裁判はカツラが義務
 イギリスでは17世紀以来、裁判官らに法廷での白いカツラ着用を義務づけている。法廷の威厳を保つための伝統だが、「時代遅れ」という声が挙がり、2008年から一部地方で民事裁判に限って廃止された。同時に法服も簡素化され、当時のレートで年間7000万円の経費削減効果があった。
 しかし、刑事裁判については、被告人から裁判官の人物特定が容易になってしまうという理由で、現在もカツラが着用されている。

■欧米と日本で異なるカツラ意識

....主な国の成人男性の薄毛率調査によると、ドイツ41%、フランス、アメリカ39%、イギリス36%と半分近くが薄毛。
一方日本は、アジアトップではあるものの26%。薄毛は4人に1人と少数派であるため、日本ではこっそり使う精巧なカツラが発達したのかもしれない。
[PR]
by hiraidenaoya | 2012-10-27 18:45 | 【今日のキニナル】 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/16679720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakae at 2012-10-27 18:51 x
いまでもにほんは1:9分けの人いますからねぇ(汗