■エコロジー

a0008105_85518.jpg
最近ボルドーのウチの近くに新しいBIOショップが出来た・・・・

買い物の後にくれる(正確には0,06ユーロー払ったけど。)袋はトウモロコシから取れる澱粉で出来ている。100パーセント自然に還るというタイプ。

最近のフランスは、お菓子・食品類が過剰包装になってきている気がする。

ゴミを再生することを考える前にゴミを少なくする方法を取るべきなのに...何だか納得できない。
ドイツは缶タイプ、テトラパックの飲み物を瓶タイプに戻したと聞く。
日本でのゴミ出しに大変困ったことを以前書いたけど、1週間で貯まるプラスチック・発砲スチロール系の容器の量に驚いた。

リサイクルは必要だと思うけれど、やはり出来る限りゴミを出さないですむ方法がいいのではないだろうか?

エコロジストの友達が電気自動車の発表会を前に反対デモを催した。彼曰くこの自動車の電気は原子炉で作られるからエコロジーではないのだそうだ、、、全く持って複雑である。

フランスは去年の猛暑はもう嫌と、今からエアコンを買う人が殺到して既に品不足状態になりつつある。
10年前では考えられなかったけれど、今売られている車のほとんどかエアコン装備。温暖化が問題になっているというのに、、、、このエアコンによる大気汚染はかなり深刻になりそう。日本に比べ夏は短く、しかも不快指数はかなり低くで、全然我慢できる暑さなのに。

不要になったコンピューターが世界各国から集められ放置去れている中国の町がTVで紹介されていた....。この町は巨大なゴミ箱と化し、表向きにはリサイクルをしているという前提で働いている人たちの健康は全く保証できないと伝えていた。先進国の管理者はこの町に関して見知らぬ振りを....誰もが存在を知りつつ語りたがらないそうである。
※写真はパリの街角で見かける空瓶回収用コンテナ。
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-04-17 08:56 | ■文化と言葉 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/169449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aircooled at 2004-04-17 14:49
ゴミの分別をまったくしてないところが多いアメリカよりはマシですけどね。
買い物しても「そんな細かく分けて入れんでも…」ってビニールに入れられます。
ビニールはウォルマート等で回収してますが。
Commented by aradas at 2004-04-17 22:43
えっ?ウォルマートでビニール袋回収してるんですか?迂闊でした・・・今度見てみよう。
あ、でも、ビニール袋はゴミ袋に使うんだった。
Commented by jyoh75 at 2004-04-17 23:03
フランスの生活事情興味深く読ませてもらいました。
写真のコンテナいい形していて色も抵抗ありません、丸い投函口が
高い位置なのでこれも使い勝手よさそうですね!
Commented by aircooled at 2004-04-18 11:22
入り口(カートがいっぱいある辺)に円柱形の箱が置いてあります。
あとクローガーにも(アトランタにあるのかな?)あります。
Commented by hiraidenaoya at 2004-04-19 06:51
無理せず街に調和したエコロジーを進展させたいですね!NAO