イラクのアメリカ兵、完璧パラノ!!

イラクで2月4日から人質になっていたイタリア人ジャーナリストGiuliana Sgrenaが開放されたニュースがフランス時間の3月4日20時のニュースで伝えられほっとしていたところ・・・・


30分後にニュース特派員からの緊急報告が・・・

開放されたジャーナリストとイタリア秘密機関のチーフNicola Calibariを乗せてバクダッド空港にむかう車がアメリカ兵によって射撃され、チーフは死亡、Giuliana Sgrenaは肩に負傷アメリカンホスピタルに運ばれたという。

チラッと垣間見たCNNニュースではこの事件を伝えた後、イタリア当局がアメリカ軍に伝達しなかったミスのように指摘されていました。

フランス人ジャーナリストFlorence Aubenasとそのガイドを務めるHussein Hanoun al-Saadiは今年の1月5日以来イラクで消息不明になっており安否が気遣われています。

一日も早く無事に開放されることを祈ります。

[PR]
by hiraidenaoya | 2005-03-05 06:08 | ■雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/1716713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by  U-1  at 2005-03-07 01:10 x
はじめまして。
彼女が何を報道しようとしていたかが、日本では報道されないのが、気がかりです。
Commented by hiraidenaoya at 2005-03-07 23:07
■ U-1  さん
はじめまして・・・
フランスでもこのイタリア人ジャーナリストが何を報道しようとしたかは知らされてません・・・・

NAO