ポストイット Post-it



世の中には・・・なかったときはどうしていたんだろう?と思うものがたくさんあります。
2001年に23年ぶりに日本へ帰国したときは、ほとんどの人がケイタイの番号をくれたけどメール・アドレスは持っていなかったような感じが・・・

2003年に帰国したときは、ほとんどの人がメルアドをくれました。

今では、インターネット、Eメールがなかったどうするんだろう?と思いながらも、あたりまえに毎日こうしてBlogを更新してますが・・・

その他で、このフランスでも現在あたりまえに使っている"ポストイット Post-it"・・・なかったときはどうしていたんだろうと思うくらい昔からあったような感じでがしますが・・・

開発者の失敗ストーリーがちと面白かったのでご紹介を・・・
*製品開発物語3M Worldwide : Japan

[PR]
by hiraidenaoya | 2005-03-05 07:28 | ■雑記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/1716760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by リンゴ at 2005-03-05 08:47 x
こんにちははじめましてコメントいたします。
ポストイットストーリー、すごくおもしろかったです。
15%ルールとか、良いですねえ。
失敗作から、というのがまたステキ。
こういう話、かなり好きです。
Commented by Tukasa-gumi at 2005-03-05 09:29
おじゃますます。
青色発光ダイオードの中村修二氏の会社にも15%ルールが
あったらイロイロ違っていたでしょうねーっ。
Commented by snowdrop99 at 2005-03-05 09:41
同じアメリカの会社でも色々あるんだなぁ、と実感しました。
うちと比べてですけど(苦笑)
Commented by hiraidenaoya at 2005-03-06 18:41
■リンゴ さん
はじめまして!
僕もこのストーリーにけっこう感動!
日本の企業発起人物語(松下さんとか本田さんとか・・・)も面白いですけどね。

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-03-06 18:42
■Tukasa-gumi さん
フランスの研究者もフランスではいろいろ研究したいことが自由に出来なくてアメリカに!現在かなり問題になっています。

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-03-06 18:44
■snowdrop99 さん

アメリカのすべての会社がってわけにはいかないんですねぇ~

NAO
Commented by しぇりしぇり at 2005-03-06 19:40 x
どうでもいい話で恐縮ですが、こうやって新しいものが発明されていくと、その名詞の男性・女性名詞の区別は誰がどうやって決めるんですか?
Commented by hiraidenaoya at 2005-03-07 22:48
■しぇりしぇり さん
新しいものや外来語は基本的には男性名詞になるらしいですよ・・・新しい名詞(もの)が女性の場合・・・
たとえば"芸者"geishaは(あくまでも女性、しかも語尾がaで終わる場合)女性名詞になるらしいです。

NAO