■路上駐車のリスク-続き-

以前【路上駐車のリスク】2005-02-22 18:13 でご紹介しましたが・・・

いろいろ試した結果、やはりプロに頼むことにしました。

警察に被害届を出して、保険会社と連絡をとり・・・普通のサラリーマンはどうするんだろう?・・ほんの少しのことをするために半日がかりですから・・・と思いながら、警察で30分待たされている間、いろんな被害者が出入りしてそれを垣間見るのはテレビより面白かったです。

保険は面白いシステムで僕には理解出来ませんが、franchise(免税、免除当為意味を含んだ言葉ですが・・・)でとにかく200ユーローは払わなければならず、修理依頼するガレージも保険会社指定店。*200ユーロー以上の分は保険会社が修理会社に支払う。

写真を見ていただければ一目瞭然ですが、実にきれいに直すものです。感動!
あたり前といってしまえばそのとおりなんですが、こういう仕事が出来る人を尊敬します。

態度が悪い、ボラれるなど・・・

フランスではガレージ・修理工(車体修理は別業の場合が多いですが)の評判は至極悪く心配でしたが、車内の掃除(去年の夏の海水浴での砂がかなりあったんですが・・・)まできれいにしてくれてました。^^


[PR]
by hiraidenaoya | 2005-03-11 21:25 | ■フランスを垣間見る | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/1738076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-11 21:49
Naoさん,よかったですね!
警察や修理やさんなどどこに行ってもそこにいたという証明書を書いてもらって会社に提出すると上司の判断で有給にしてくれます。フランスの会社はズル休みができないのが苦しいところですよね。病欠でも医者の証明を提出しなければなりませんし。
修理屋さんは悪いヒトに当たるとエンジン丸ごと他社のものにすり替えられたりするそうです。気をつけてくださいね。
Commented by hiraidenaoya at 2005-03-12 07:14
■ma_cocotte さん
おかげさまで!
でも・・・なんとなく・・・まだ若干むかついてますが。
当分、車には出費したくないですぅ・・・ウチでは車は趣味ではなく移動手段だけなので・・・・

NAO