■「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」

毎日のように、死者が出ているイラク・・・

1月5日バクダッドで消息を絶った後すでに83日、行方がわからないままのフランス人ジャーナリストFlorence Aubenasとそのガイド・通訳のイラク人Hussein Hanoun al-Saadiの安否が気づかわれます・・・
*www.liberation.fr

世界に"戦争の真実"を伝えようと、自分の命の危険を知りながら、世間や政府の反対を押し切ってバクダッドにむかい、残って取材するジャーナリストたち。

その中で・・・
米軍の戦車の前に立ちはだかる一人の女性の叫び、

「How many children have you killed? Go to the hospital and see the people dying!」(お前たち何人の子供を殺したんだ? 病院に行って、死んでいく人たちを見てこい) 


その声に振り向きキャメラを向けたビデオジャーナリスト・綿井健陽。

それから一年・・・
『戦争で人を殺すために、人間は生まれてきたわけではない・・・』

『うつろになった平和に身をひそめてしまわずに、戦争の現実をしっかりと受け止めてほしいと思っています。』

・・・と語る。


ビデオジャーナリスト・綿井健陽がイラクで撮りためた123時間の映像を102分の作品としてまとめ映画「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」が2005 GWゴールデンウイークより 上映されるそうです。



最近読んだ、砂山 清 氏のコラムにおおいに賛同します。

・・・「Little Birds」になったイラクの子供 (地球ワンカットMarch 23, 2005  A.I.C)を参照
*残念ながら、アスパラ会員(無料ですが、今年から会員登録手続きをしなければ 閲覧できなくなってしまいました。面倒くさい!)

*「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」オフィシャルサイト
[PR]
by hiraidenaoya | 2005-03-29 19:56 | ■雑記 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/1795594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 福岡の中古マンション・中.. at 2005-04-13 23:59
タイトル : ドキュメンタリー映画「Little Birds −イラク..
今、テレビの特番で、始めてドキュメンタリー映画「Little Birds −イラク戦火の家族たち−」の紹介をしていました。 正直、考え込んでしまいます。 イラクでは、こうしている間でも、何人もの命が絶たれている現実。 映画の中では、4人の子供のうち3人もの子供を一瞬... more
Tracked from Kayo Photo G.. at 2005-04-25 21:44