いろいろ考えさせられます・・・・・

教育の成果?  誰のせいか  意見求むを読んでまたまたいろいろ考えさせられました。
このイラク人質の問題に関していろいろな知人からメールをもらいました。僕は自分なりの意見を書いたのですが、、、匿名や僕だけではなくフランスに住む人たちへみたいなメールやら、、、、。
フランスはあくまでもご存知の通り観光都市世界1。去年だけで7500万人の観光客が!そのうちのかなりの数がアメリカ人。アメリカへのワイン輸出はばかにならい数。其れを承知でイラクを攻めるアメリカに反対しました。フランス・パッシングを覚悟で。
当時の外務大臣は国連会議で第三カ国の人々から大拍手を持って支持されたそうです。
いかなる目的においても、僕は戦争反対です。暴力反対です。弱いものいじめは反対です。原爆反対です!(日本で学校の教師をしている人から聞いたのですが、広島・長崎に誰が原爆を落としたかを知らない生徒が結構いるとのことでした。)いかなる場合においても、ABC=AアトミックBバクテリアCケミカルは反対です!素手でけんかやれよ!!と思います。
現時点でイラクで原爆は見つかったんでしょうか?それを探すための戦争だったに。人類類のルーツであるメソポタミア博物館を守らず油田を守ったアメリカには意義ありです。
戦争が終わった後での自衛隊派遣は問題ないのですが、まだイラクでは戦争は終わっていません。イラク人からしてみれば自衛隊をこの時期に派遣すれば日本がアメリカについて戦争加担していると思われても当然でしょう。
イラク復興ならば自衛隊よりも国連派遣団でしょう!!

僕の彼女のおばあちゃんは95歳で元気ですが、日本政府が解放された人たちに費用を請求する見込みをTVで知っていきなりTELしてきました。
「何でなの?NAO」
「・・・・・・・・・・?」

どんななことをしてでも自分たちの外国にいる自国民を守るというアメリカ精神は好きです。
皆様に誤解を受けないように一言書いておきますが、僕はアメリカ人全員を嫌うわけではありません。アメリカに尊敬する人がいっぱいいます。僕が嫌いなのはお金儲けをひた隠しにして、援助したり、平和・自由・民主主義を相手国の事情を無視して強制する人、テロはいけないと言ってある国を攻めるがほかのもっと危険な国はほって置くおくような国が嫌いなだけです。

まぁこの文章をお読みになって気分を害された方には深くお詫びを申し上げます。
このコラム長くなりすぎましたが最後まで読んでいただいた方に深くお礼を申し上げます。
下記にて僕宛に匿名で書かれたある♂♪♪♪♪♪♪♪♪♪からのメールを掲載させていただきます。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
自己責任論を批判 「若者誇るべき」と仏紙

 【パリ20日共同】20日付フランス紙ルモンドは、イラク日本人人質事件で、日本政
府などの間で「自己責任論」が台頭していることを紹介、「日本人は人道主義に駆り立て
られた若者を誇るべきなのに、政府や保守系メディアは解放された人質の無責任さをこき
下ろすことにきゅうきゅうとしている」と批判した。
 東京発の「日本では人質が解放費用の支払い義務」と題した記事は、解放された人質が
「イラクで仕事を続けたい」と発言したことをきっかけに、「日本政府と保守系メディア
の間に無理解と怒号が沸き起こった」と指摘。「この慎みのなさは制裁まで伴っている」
とし、「人質の家族に謝罪を要求」した上に、健康診断や帰国費用の負担を求めたと批判
した。
 記事は、「(人質の)若者の純真さと無謀さが(結果として)、死刑制度や難民認定な
どで国際的に決してよくない日本のイメージを高めた」と評価。パウエル米国務長官が人
質に対して、「危険を冒す人がいなければ社会は進歩しない」と慰めの言葉を贈ったこと
を紹介した。(共同通信)


フランスにいる方は上の記事に同調される方が多いと思いますが、ちょっと別の観点から
問題提起を。

1.そもそも「自己責任」発言の、どこが悪いのか。権利と義務のはいわば、ヨーロッパ発
の自由主義の両輪ではないのか。自由にやりたいことをやるという権利のは、それがいか
に善意であっても、義務がともなわなければ、子どもの我儘とかわらない。実際、家族他
日本国民のほとんどは、本当に心配をしていた。第一声が「イラクに留まりたい」発言は
、日本でのそうした状況を知らずに出た発言であろうが、反発があるのも、極めて健全な
ことではないか。

2.日本政府の立場をどのように考えるのか。外国在留邦人の保護は、政府の重要な仕事
であるが、限られた予算と人材で、このようなことが頻発した場合、どうすればいいのか
。邦人保護のための予防の観点から「自己責任」を求めるのは、政府が税金で運営されて
いる以上、当然のことでないのか。それとも、税金を多く払って人を増やしてでも、自己
責任を一切求めず、当然に対処するのが国の責務と考えるのか。日本政府のために働く人
も人間であり、少なからず善意で職務に従事していることを忘れてはならない。ちなみに
、フランス政府は、国民保護のために渡航自粛を求めていないのだろうか。それともこの
ような行為を称賛するため、むしろ奨励しているのだろうか。

3.「謝罪を要求」については、実際の日本の報道に接している限り、誤解を与える表現
であると感じる。日本人の大方の感情として、まずは心配をし、また実際に救助活動及び
直接的間接的に支援していた方々に「謝意」または「御迷惑をおかけしました」の言葉が
欲しかったのは事実だが、政府やメディアから公式に「謝罪を要求」したものは、見当た
らなかった。日本人はなんでもすぐ謝るという批判が、欧米系の方々から聞かれるが、そ
もそも文化に優劣はないという観点からは、これも立派な文化であり、マナーである。す
なわち、彼らの行動は、こうした慣習から逸脱したものとして受け止められたのではない
のだろうか。(実際、3人とその後開放された二人にも温度差があった。)

4.「健康診断や帰国費用を求めた」ことを批判するのは、高福祉高負担の国ならではの
批判と思われる。しかしながら、そのような国であっても、今回のようなことが起きた場
合、政府はどのような対応を取られるのか教えていただきたいものである。フランスのシ
ャモニでは、どこを滑るのも自由だが、自己責任が強く求められる。それとの関係でも、
これぐらいは、請求するのは、至極当然ではないだろうか。現在検討中の案は一人せいぜ
い5、6万程度であり、雪山遭難に比しておそろしく定額(ヘリコプターのチャーターは
100万単位)であり、実際は、もっと多額の費用がかかっているはずである。むろん、
すべて金銭問題に還元されるという問題ではないが。むしろ、平和ボケした日本人にとっ
て世界は危険であるということを教訓にすべきではないのか。

5.「(人質の)若者の純真さと無謀さが(結果として)、死刑制度や難民認定などで国
際的に決してよくない日本のイメージを高めた」という記事は、実際にイラク問題にほと
んど関わっていない仏側の無責任かつ他人事的意見であり、また、純真さと無謀さだけで
日本のイメージが高まるほど、世の中は単純ではない。中東をもともと植民地にしていな
いことやこれまでの技術的文化的交流でもともと日本のイラクや世界における評判は低く
ない。バランスの問題として、結果として、日本がこの事件をうまく処理した事、例えば
、小泉首相がファルージャでの停戦を米国側に水面下で強く求めたことや、外務省関係者
が寝食を問わず働いたことが称賛されないのも、違和感を覚える。

6.パウエル長官の発言の意図は、日本政府が派遣している自衛隊を称賛しているのであ
って、それも指摘しないと、バランスを欠いた記事になる。危険地帯に敢えて人的貢献を
するという行為が誇られるべきものであれば、自衛隊の方々もその対象とならないのか。
最低限の自衛のための武器を携帯し、治安維持のための連合国部隊とは別個に、日本国民
全体の意思として、できる限りのことをしているのだから。彼らは、実際に身の危険を犯
して働いているのです。日本政府としての国際貢献が論じられるのであればいいが、自衛
隊と言うと即思考停止して批判の対象となるのは、如何なものでしょうか。現在派遣され
ている自衛隊は、スペイン軍やオランダ軍とは違うのだけれども。

7.蛇足だが、今回の騒動の背景として、ジャーナリストを除くNGOの方の中には、共産系
・反体制的信条の者もいたわけで、これが反抗グループに呼応して、反体制的発言をする
ことに不快感をもつ政府側の立場があったことは事実であろう。しかしながら、イギリス
やアメリカにおける例でもわかるとおり、どこの国でもある自然な対立であるとは思われ
るが。これが、政府機関以外は、絶対に渡航禁止と法的に定めるという方向になれば、話
は別だが、お互いの立場から、言いたいことを言うのは健全な民主主義のあるべき姿では
ないだろうか。
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-04-21 21:25 | ■雑記 | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/184803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ե??ä at 2004-04-21 21:55
タイトル : ͼ-ե??ƱȤ
ͼܤǤξɡʾΥ֥?ˤ¾˼夲줿Ȥ⤢ե??ͤܿͤιͤΰ㤤Ƥ뤬⤷ե??ƱȤƤɤʤäƤƤߤ ե??ǹҶΤƥ?Ȥcellule de criseߤ롣۵кΤȤǤ롣褯cellule de crise²Τߤ餿ƻƤ롣ʤΤǤ롣餯²Τкܤ餵줿ΤǤϤʤΤǤ롣⤷Τ²˲??ޤϡϤޤθդ뤫⤷ʤפлȯ顢ΰݤ??äȾ֤ˤʤäƤͼ²ФܤϤޤä??٤ƤʤäλDz²Ū??顼դޥкȯ٤ȡ٤ǤʤȤΥɥХޤϥޥߤγΥˤǤäƤФŸˤϤʤʤä褦ʵ롣 ˡ綠ΤΤФ̿ͤδǤ뤬äƤۤȴꤦȿ̤ï⤬ּʬΰջפǹԤäƤãʤΤγиϤƤ?פơֺǰλ֤ˤʤä餴²ˤϤǤʤפȹͤͤ¿Ȼפ롣פˤޤǸĿͼʤΤǤ롣Ϥ⤦ʬˤϴطʤΤǽФǤǤ褫ä͡Ƥֻǰä͡פǽǤ롣 ...... more
Tracked from どう暮らそう? at 2004-04-22 03:39
タイトル : イメージアップ戦略にしなかったのね....
いろいろ考えさせられます・・・・・  で、私も考えさせられました。こっちの人たちは箸の上げ下げまで世話焼きたがるんじゃないかと。母系社会? やいのやいの言いたがり(笑)。 そこまでいわんといてか、と、よく母親とケンカしたもんです。 首相らが水面下で働いてくれたのにはもちろん感謝しますが、それを隠して通して、「イラクまで行ってくれて、文化交流協力ご苦労様でした」と鷹揚に構えていてほしかったなぁ。もともと国際社会へのポーズから出た自衛隊派遣なら、海外協力活動は同一ベクトル上なので、支援すべき対象なんだと思うのですが、そこらへんの方針も一貫してないように見えます。 それを本筋とすれば細かい事は...... more
Tracked from とうごサンの独り言 at 2004-04-22 05:07
タイトル : ■「自己責任」発言は罠だ
自己責任を問う議論には正直参加したくなかったけど我慢の限界・・・世論が向かってほしくない方向に進んでしまってる気がしてしょうがないと言うのも理由の一つ。 まず議論に参加したくなかった理由と言うのは、この「自己責任論」を真面目に話し合っても有意義な答えが出...... more
Commented by zord at 2004-04-22 01:12 x
そもそもの経緯が分からないのですが?この方はなぜNAOさんのところに送られたのでしょう?ルモンド紙への反論が主体となっているようですが。
Commented by jajamaru456 at 2004-04-22 03:42
ども、酔った勢いの舌足らずな文章にTBありがとうございました。奇麗な写真サイトも素敵ですね。私も考えさせられました。 ちなみに仏系会社に勤めてますが、仏本土は未だ素通りです(笑)。