【今日のキニナル】慰安婦募集広告 日本兵の月給7円時代に月収300円超の記録

「慰安婦問題」について、日本批判を繰り返す韓国政府。しかし、韓国人ノンフィクション作家の金完燮氏は慰安婦が「性奴隷」だったとする主張に異を唱える。新刊『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(...



『・・・・そのひとつの例として、1944年10月27日付『毎日新報』にはホ氏という人物が「軍慰安婦急募」という広告を出しており、1944年7月26日付『キョンソン日報』にも「クムジョン紹介所」名義で「慰安婦大募集」という広告が掲載されている。

この広告には17歳以上の女性を対象に月収300円以上、前払い3000円可能という内容が記されている。当時、皇軍の2等兵の月給が7円だったことを考えれば、当時の慰安婦事業がどれほど大好況だったか推測するに余りある。』

http://www.excite.co.jp/News/world_g/20130907/Postseven_208645.html?_p=2



【関連記事】http://www.news-postseven.com/


毎週行われる韓国の慰安婦デモ 反日の組織力と執拗さすごい

「従軍慰安婦=性奴隷」説を世界中に広めたのは日本人弁護士

“慰安婦性奴隷説”を言い出したのは職業的反日日本人の男

米国内の「慰安婦の碑」 現在4か所で今後20か所に設置計画

捏造された慰安婦問題拡散のきっかけの1つが朝日新聞大誤報
[PR]
by hiraidenaoya | 2013-09-08 19:34 | 【今日のキニナル】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/18529623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。