【フランスのクリスマスNOEL】温かな時間が生まれるフランス流クリスマスとは(フランス)

今年もクリスマスまであと少し。日本だとクリスマスは祝日ではなく、週末と重ならない限り会社勤めの人はなかなか時間を取るのが難しい。またイブは恋人や友達同士で過ごす日というイメージが強いが、フランス...














このウィークエンド・・・

フランス中のブティックはクリスマスプレゼント探しの買い物客でごった返し(1400万人とメディアは伝えてるけど)、クリスマスヴァカンスで帰郷の人たちでパリの駅は100万人の利用客・・・

年々、オンラインブティックを利用する人が増えている模様。

毎年、プレゼントが気に入らなくて、翌日、いきなりオンラインで売りにってな人たちも増加。

フランス人にとって・・・かなり苦痛なクリスマス!という側面も。

で、年々、お金・ギフト券を希望する人が増えているらしい。
(クリスマスプレゼント時期に高い買い物をするより、来年早々のSOLDEバーゲンを待っていい買い物がしたいという理由から、子供たちのプレゼントを除いて、大人たちは新年に・・・ていう人たちもいるそう。)


いずれにしても、この時期は、できる限り外出を避けたいパリ(12月24日夕方からはびっくりするくらいシーンとするけど・・・やっぱり、いまだに、クリスマスは家族と過ごすなんですね。)


【SONY】レンズスタイルカメラ サイバーショットAppareil Photo Numerique Clipse






[PR]
by hiraidenaoya | 2013-12-21 20:51 | ■フランスを垣間見る | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/19198704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sakae at 2013-12-22 14:49 x
めりーくりすます。