■紫蘇物語(しそものがたり)

昨日、食べてみました・・・

まだまだ小さかったのですが待ちきれず。



驚いたのは・・・

パリで何人かの日本人の友達がベランダで栽培していて、皆、口を揃えて言っていた事を思いだしました。「日本から青紫蘇の種を持ってきて育てたのに、味が違う!」って・・・・

想像していた"味"と違うんです!!

味はまさしく、最近食べた韓国の友達が持って来てくれた"ゴマの葉っぱ"の味・・・


ネットでちと検索したところ・・・
【シソ】出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「中国原産。青紫蘇と赤紫蘇がある。青紫蘇の葉や花は香味野菜として刺身のつまや天ぷらなどにする。・・・」

【エゴマ】出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「エゴマ(荏または荏胡麻、Perilla frutescens var. frutescens)はシソ科の一年草。食用または油を採るために栽培される。シソ(青ジソ)によく似ておりシソと同種の変種とされる。・・・」

極似!で当然か・・・
でも、不思議。

★関連記事★
■シソ紫蘇
[PR]
by hiraidenaoya | 2005-08-11 17:10 | 【植物】 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/2164952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しぇりしぇり at 2005-08-11 19:46 x
えええーーーー、シソの成長を結構楽しみにしていた私。
そうなんですか?味が違うんですか?
土壌のせいなんですかねぇ。不思議です。

そんな私は、今日もキュウリのシソもみを食べています。
Commented by tsukuyori at 2005-08-12 13:09 x
はじめまして よくみさせてもらっています。
面白いので少しかんがえてみたのですが、
水のせいかもしれませんね。
よく大陸は硬水、島嶼は軟水というので。
ただの予想ですが。

紫蘇の栽培って結構簡単だと感じているんですが、
フランスでもすくに生えてくるのでしょうか。

では、今後もよろしくお願いします。
Commented by hiraidenaoya at 2005-08-15 18:07
■しぇりしぇりさん
昔、日本企業の派遣でフランスで働いていた人が趣味で畑をやっていたのですが・・・
日本の野菜(日本から持ってきた種)を栽培したら・・・
全部大きさが倍以上になった!という話を聞いたことを思い出しました。

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-08-15 18:12
■tsukuyori さん
はじめまして!
そうですね、日本から着たばかりの人は、皆口を揃えて・・・硬水のせいで髪の毛を洗った後、ちゃんと手入れをしないと、バリバリになるといっています^^

NAO