■108億円の肖像画

『スペイン生まれの画家ピカソ(1881−1973年)が愛人を描いた「ドラ・マールの肖像」が3日、ニューヨークの競売会社サザビーズで競売にかけられ、9521万6000ドル(約108億円)で落札された。
 ピカソの絵では、初期の傑作「パイプを持つ少年」が2004年5月に1億ドル余りで落札され、絵画の落札額としては史上最高額を記録。サザビーズによると、今回はこれに続く史上2番目の落札額となった』

ピカソの絵に108億円 史上2番目の高額落札 [ 05月04日 19時21分 ]Excite エキサイト : 国際ニュースより

落札した人は、この作品(ピカソ)が本当に好きだったんだろうか?

作品は、下記サイトでご覧になれます。

http://fr.news.yahoo.com/photos/
[PR]
by hiraidenaoya | 2006-05-06 07:53 | ■今日の1枚 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/3571927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cherie at 2006-05-06 12:48 x
ピカソ。アタシは苦手です。108億ってすごいですねー。その1万分の1でもいいから分けて欲しい(笑)
Commented by hiraidenaoya at 2006-05-07 01:22
■ cherie さん

僕も以前はそうだったんですが・・・
ドラ・マールの遺族が彼女の遺品をオークションにかける前のピカソ展示会を見て感激しました。シャンパーニュのコルクについているメタルを何気なく細工した物や、安レストランのテーブルにひく紙の上での落書き、彼のデッサン・・・ある年の夏に過ごしたムージャン(カンヌの上の方ですが)でのピカソとの出会い(彼の写真館があります。彼はこの村をこよなく愛してここで死んでますが)で認識を改めました。

といって、108億円は・・・納得しませんが。(美術を愛している方達にすいませんですが)

NAO
Commented by mito at 2006-05-13 03:22 x
108億円、、、投資としての金額でしょう。
ピカソは生涯数千枚も描いています。
美術館以外でもブローカーや富豪がいっぱい持っています。
彼らはそれらを高く売りたいわけですから、吊り上げるのはザザビーズのように金額を公表してくれるところは絶好の宣伝になります。
少々高くても持っているものを売ればあっという間に取り返せます。
うまい戦略ですね~~
Commented by hiraidenaoya at 2006-05-13 18:27
■mitoさん
大きく納得です。画家もご飯食べなければ生きていけないけど、商品として扱うのはねぇ〜。稀少だから高い、とか・・価値って何なんでしょう?

NAO