■最近の広告から(PARIS)

パリのあちらこちらに、普通の人たちの全体像のポスターがいっぱい貼られてました。(ブティック、薬局のウインドー、バス停、駅・・・)

『私たちは、何でもない(どこにでもいる)普通の200万に及ぶヒーロー達です・・・』というフレーズだけが添えられてこんな感じで・・・
a0008105_5214824.jpg


なんだろうと、この広告を見る度に首を傾げながらの数日間。

先日、ポスターが貼り替えられてやっと判明・・・
a0008105_5253560.jpg


a0008105_5255588.jpg



"ガン撲滅キャンペーン"の一環だったんです。

ガンは怖い、エイズより怖い、治らないと思っている人たちがかなりいるフランスなんだそうで・・・ガンは恐れる事はありません!とガンを克服した200万人の一般人の中から選ばれた人たちの写真だったんです。(貼り替えられた後は、ガンに勝った人たちの"コメント"が添えられていました。)
[PR]
by hiraidenaoya | 2007-01-13 05:38 | 【街角の広告PUB】 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/4978344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しぇりしぇり at 2007-01-13 08:29 x
ブルゴーニュに住んでいるパパは若い頃、ガンの手術をしたそうな。
(詳しい話はしてくれないので解りませんが)
1年前、喉のガンで声を失いました。
クリスマスの頃行った時は、気づかなかったけど、
年明けに言ったら、鎖骨の辺りにピンポン玉くらいの腫瘍が。
ガンが再発。
しかも急速に育っている。
いまや、190センチくらいの身長で50キログラム程の体重。
本当に心配です。
Commented by hiraidenaoya at 2007-01-15 06:20
■しぇりしぇり さん
>190センチくらいの身長で50キログラム

もう少し太ってもらわないと心配ですね。

NAO
Commented by tchierisu at 2007-01-20 09:03
このキャンペーン、テレビでもやっていますよね。
とってもいいことだと思います。
日本人は、癌を宣告されても、それではどういう治療をしたらいいのか、
やってみて効果がなければその次の治療 という具合に前向きに考え、
癌も治る可能性のあるものという考えが定着していますが、
どうもフランス人にはそういう発想がないようで、
がん=死 で、むやみと絶望的になって、
病も気からで、いっそう病気を悪化させてしまったり、
治療も怖がってろくにしないようなことが起こるようです。
輪廻転生もありえると思う(?)我々より、
死んだら全てがお終いと考えるキリスト教思想から、
それに直結する癌を怖がりすぎていると、
私は周りの人の様子を見て感じていました。
そう思っていたところに、最近この広告が目に付くようになったので、
やっぱり中には、そんな考えを改めるべきだと思っているフランス人もいたのね、
これで、癌に対して前向きに生きていこうと希望を持つことができるフランス人が
少しでも増えればいいなと思いながら、この広告をながめております。