■フランスがリビアにミサイル売却

『リビア当局者は2日、フランスとの間で総額2億9600万ユーロ(約480億円)の対戦車ミサイルと警察向け通信システム購入の契約に調印したと述べた。』
仏がミサイル売却 リビアに480億円 Excite エキサイト : 国際ニュース

『リビアは反欧米・反イスラエルのアラブ最強硬派の国家である。1970年代や1980年代には欧米やイスラエルで数々のテロを引き起こしている(或いは過激派のテロの支援をしてきた)。このため欧米などから「テロ国家」と非難されてきた上、また核兵器の開発も秘密裏に進めていた。・・・・アメリカはリビアを「テロ支援国家」指定から外し、その後2006年5月15日にアメリカはリビアとの国交正常化を発表した。』
リビア出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

『400人以上の子供にエイズウイルスを感染させたとして終身刑のブルガリア人看護師らを7月24日に解放し、仏大統領のリビア訪問で軍事・産業協調での合意の流れ。』仏がミサイル売却 リビアに480億円 Excite エキサイト : 国際ニュース

EUが8年の歳月をかけてリビアLibyeと交渉していた終身刑のブルガリア人看護師解放に大きな役目を果たした、サルコジ大統領夫人のセシリア。サルコジとともに、ブルガリアではほとんど英雄化され多くの人たちが敬意の年を持って、大統領とファーストレディ、フランスに感謝を表明したが、交渉にあたっていたEUからはサルコジメトードに反感を覚える声も。

リビア国革命指導者Kadhafi(ムアンマル・アル=カッザーフィー)の息子によって昨日表明されたこの契約、2007年8月3日11時(パリ時間)現在、フランスは公式にはこの対戦車ミサイルmissiles anti-char Milan と警察向け通信システム購入の契約Contrat EADS-Tripoliを発表していない。
サルコジ大統領はアメリカ Wolfeboro(New Hampshire )の湖畔 Winnipesaukeeでヴァカンスを過ごすという話。(1週間の滞在費2万2千ユーロ、セシリア夫人と息子とともに。)

昨日からフランスの大臣および大臣たちはヴァカンス・・・
Courtes vacances pour la classe politique, Sarkozy irait aux Etats-Uniswww.radiofrance.fr/ 

<サルコジ仏大統領>米の豪華リゾートで夏休みExcite エキサイト : 国際ニュース[ 08月05日 19時14分 ] 

【参考サイト】
Contrat EADS-Tripoli: David Martinon «imagine que c'est vrai» 

Dossier bulgareswww.20minutes.fr 

*タグ、カテゴリをクリックする事により過去ログにアクセスできますが、コチラ の検索窓のキーワードをいれると、より早く、『フランス落書き帳』『フランス美食村』の過去ログにアクセス出来ます。


【今のパリを観るWEBCAM】
http://infos-trafic-paris.tf1.fr/ 

【今のパリの天気を知る】
http://www.meteo-paris.com/

【今日のフランスの天気を知る】
http://www.meteofrance.com/


【Google Earth】パソコンに地球を入れる!
Google パックの無料ソフトウェア 

STICKAM JAPAN
*スティッカムTVは、ユーザーであるアナタが企画・構成・制作するコンテンツをTV番組形式で配信するプログラムです

☆フランスでオンラインストアを作るなら無料で5分で出来るZLIOがオススメ。

naoparisのオンラインブティック(フランス)

日本をフランス語で読む 
[PR]
by hiraidenaoya | 2007-08-03 18:51 | ■フランスを垣間見る | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/5953515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。