■アメリー ノートンAmelie Nothombの新作

彼女の作品の中でも最もいい作品と評判がいい新作 Ni d'Eve, ni d'Adam(Amelie Nothomb)
Ni d'Eve, ni d'Adam(Amelie Nothomb






彼女が,日本に21才の時,日本を再び訪れたときの体験(日本語をもっと学ぼうと、アノウンスを出し,知り合った21才の有名宝石商の御曹司との恋愛・・・)に基づいて書かれた作品

Amelie Nothombの"畏れ慄いて" Stupeur Et Tremblementsは仏語で読んで、映画館で1度、DVDで一度観てますが、僕は好きな作家。

何度かメトロですれ違っていますが、話しかけられず・・・僕の息子が彼女のファンで、僕がすれ違った翌日、やはりメトロで彼女と会い、いろいろ話をしたそう。息子が日本で生活をしたいと伝えると・・・彼女は『是非行きなさい!』と勧めたそうです。
畏れ慄いて
畏れ慄いて
アメリー ノートン



Stupeur Et Tremblements
Stupeur Et Tremblements
Amelie Nothomb

# マスマーケット: 186ページ
# 出版社: Hachette (2001/06)
# 言語 フランス語, フランス語, フランス語
# ISBN-10:

Stupeur Et Tremblements

Ni d'Eve, ni d'Adam(Amelie Nothomb)



Stupeur Et Tremblements(DVD)
出演者:Sylvie Testud, Kaori Tsuji, Taro Suwa, et Bison Katayama

アメリー・ノートン (Amélie Nothomb、1967年8月13日 - ) は、ベルギー人の小説家。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
*フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には、彼女の日本再来日は23日になっているが、今日のラジオのインタビューでは21才の時と本人は語っている。
 



[PR]
by hiraidenaoya | 2007-08-27 19:18 | 【BOOKオススメ本】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/6064821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。