■牡蠣(カキ)村

a0008105_231550.jpg
日曜日のもっぱらの楽しみは蚤の市、リサイクル家具ショップめぐりなのですが、天気のいい日はボルドーから車を走らせて約40分くらいのところにある牡蠣村に出かけます。大西洋に面した入り江に存在するまったく庶民的な飾り気のかけらも見当たらないところですがとても落ち着きます。僕らは時々日本/パリから来るお客さんを心配しながら(何も無いって怒られそうで、、、)お連れしますが皆大変気に入ってくれます。この牡蠣村での目的は牡蠣!!あたりまえ?そうです養殖しているその牡蠣をいきなり開けてくれて、白ワインとパンを添えて出してくれます。これが安くてバカ旨!!パリのサンジェルマン界隈で気取って同じ量を食べたら20ユーローはするでしょうか。ここでは牡蠣6個、白ワイン1杯、パン付で5ユーローです。
この村(僕らは村って呼んでるけど本当は町か?そうだったらごめんね!でもなんで村じゃ悪い?)から車で10分くらいのところにヨーロッパで一番背の高いピラ砂丘LA DUNE DU PYLAがあります。この砂丘を上り詰め大西洋を真っ赤に染めて沈む太陽を見るのも必見!!ただし帰りは筋肉痛。因みにボルドー市内では生牡蠣を焼いたソーセージとともに出してくれるレストランが多いみたいです。これなら赤ワインでもいけますよね。
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-03-10 23:16 | 【BORDEAUX】 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/64326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2004-07-15 05:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiraidenaoya at 2004-11-20 00:56
AKOさま!!
いやーしっかり貴コメントを見逃していました!すみません!
メールをHOTMAILに送りました!
NAO