Fahrenheit 9/11

午後14時で37℃(日陰で・・)を越したボルドー・・・

こんな日は海にと思いましたが、昨日行ったばかりだし・・・結局”涼”を求めて映画館に。

一瞬Fahrenheit 9/11Super size meにするか迷いましたが・・・時間的なタイミングからMichael MooreのFahrenheit 9/11を観る事になりました。

英語をそのまま聞き取るにはあまりにも能力が足らないのですが、ブッシュがフランス語を喋るのだけは聞きたくないので(笑)、VO(オリジナル・バージョン)を観ました。
うーん・・・字幕が早すぎてちょっとばかり途中ついて行けなくなりましたが・・・凄い作品です。

ブッシュの愚かさにまたしても憤慨させられましたが・・・何故イラクをあの時期に?・・・考えただけでもちょっと怖いと言うかかなりの事が隠されていそうで・・・ブッシュ親子はやはり危険ですね。何となく、国家・国民の未来や平和は全然考えていない、個人の財産(ブッシュ家)の確保・拡大しか考えてないような感じを受けたのは僕だけでしょうかねぇ~。
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-08-02 06:38 | ■雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/790084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねる at 2004-08-03 08:40 x
噂には聞いていましたが、ボルドーでもオリジナル字幕版と吹替え版が選べるのですね!さすが。イタリアでは、ほぼ100%吹替えなのです。イタリアの声優は世界的にトップレベルだと言われていますが、一部の映画ファンからは批判が起きています。外国の俳優たちの演技は本物の声も含めてすべて楽しみたいという、まっとうな意見です。フランスのようにどちらか選べるようになるといいのですが。
Commented by hiraidenaoya at 2004-08-04 22:48
ねる さん、映画はやはり、VO(オリジナル・バージョン)で観たいですよね!フランスはVF(フランス語吹き替え)とVOがあり、映画のプログラム誌には必ず明記されているので便利です。僕がよく行く映画館は以前にも書きましたが、全作品VO上映、設けだけを考えないチョイスで力がはいており、いつもとてもいいセレクションで感心します。しかも安い!回数券(10枚つづり)で40ユーロー!教会を改造したもので内装もとても厳かな感じで落ち着きます。ゆえに・・もうパリでは全然見なくなってしまいました。(高くて、狭い映画館が多いんです。)NAO