■観光客7500万人!!

a0008105_10324.jpg
和風+カフェ
フランスのデザイナー、建築家は日本へ行きたがります。自分の思うようにものが作れると言う理由で。パリもボルドーも建築に関して規制がとても厳しく、お店、レストランも好きなように勝手には色を塗り替えりできません。パリ13区の広場の改革を丹下さんが行ないましたが、この地区は高層ビルがかなり多い、中華街。観光客とはあまり縁の無い地区です。
前年度このフランスを訪れた観光客は7500万人。フランスの人口は約6000万人です。その他に僕みたいな外国人がいっぱい住みついているわけですから、、、、。
しかもこの国のすごいところは、”長期戦でフランスを売る”でしょうか。どういう意味かと言うと、、、たとえば外国人留学生への援助。これはすごいものがあります。かなりの日本人学生もこの恩恵を受けていますが、決められた書類を自分が住んでいる区の管轄に提出、条件さえ満たせば住宅補助金が出るというもの。400ユーローの家賃に対して120ユーロー~200ユーロー近くまで出る場合があります。これはもちろんフランス人学生にも出ますが、条件は同じです。留学生は未来の外交官的考え方でしょうか?
日本にも観光大臣は必要だと思います。前回ジャパン・レイルパスを利用して観光案内所を毎回頼りにいろいろな町を旅行しましたが、(鹿児島でフランス語の案内書をくれたのにはビックリでしたが、他は英語のみ。)いろんな町での名所にたどり着く標識の少なさに日本人の僕でさえ悩みました。(漢字、ちゃんと読めますよ!)
因みに、日本を訪れる観光客はお隣の韓国より少なく、世界の都市で第10番目だったような気がします。日本をもっともっと外国へ売り込みましょう!!

※写真はボルドーのマクドナルド
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-03-22 10:04 | ■文化と言葉 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoparis.exblog.jp/tb/91878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coco_art at 2004-03-23 11:18
トラックバックありがとうございます。13区はマイナーですね。今度フランスに行くときは行ってみようかな。フランスって観光客世界一ですが、国民よりたくさんってすごいですね。日本って韓国より少ないんだ・・・スイスも観光客が減少気味で、最近かなり焦ってるみたいです。日本は危機感、あまりないですねー。
Commented by hiraidenaoya at 2004-03-23 11:30
そうなんですよね。皆,僕に不景気、不景気って日本の人は言うのですが日本であまりそれを感じませんでした。やはり日本も物を売ることよりサービス、アイディアを売らないと!ですよね。