2005年 03月 23日 ( 4 )

先週の金曜日にパリから書類を送ってもらったのですが・・・

新しい試みで、Distingo suivi という郵便局で販売している配達料込みの封筒を使って送ってもらうことに。

僕は30年もフランスに住んでいて、いまだに人から笑われるというか、からかわれると言うか、馬鹿にされるというか・・・(この場合、"人"は*ウチの彼女なんですが・・・)

郵便物は街頭の郵便ポストには投函せず、郵便局まで必ず行きます。(切手を持っていても、ボルドーでもパリでも・・・)

その他に、今2004年度の税金申告ですが・・・これまた必ず税務署まで持って行きます。税金の申告は今回は4月4日までと印刷されていますが毎年、だいだい延長されます。郵送する人はこの締め切り日の消印まで有効でそれ以降は10パーセントのペナルティーを取られるので毎年、この締め切り日の夜中0時前はパリのルーブル中央郵便局はすごい人!昔、1970年代にこの中央郵便局の前に住んでいたとき、始めは分からずなんでこんなに夜中に人が?って不思議に思ったことがあります。(このパリの中央郵便局は年中無休の24時間体制)
この数年、ネット申告が出来るので今回試してみようかとは思っているのでうが・・・ネット申告する人はこの締め切り日が延長されていて、しかもネットで税金を支払う場合は20ユーロー引いてくれる!

【ネット申告締切日】
ゾーンA 4月12日まで
ゾーンB 4月25日まで
ゾーンC 4月19日まで

話が飛びましたが・・・
郵便が無くならないかいつもハラハラする人間にとっては、この新しいDistingo suivi という商品はけっこう魅力的!
もちろん割高ですが、受け付けに渡す際にバーコードを読み取らせ、*その後はネットでトレースがわかるというんです。

今回は500グラムまでという封筒を友達に使ってもらい、値段は 4,27 ユーロー(Distingo Suivi 500 g 324 x 229 mm)でした。



金曜日の13時にパリの郵便局から送り、ボルドーの僕の手元についたのは火曜日の午前11時!遅いよなぁ~へたしたら日本からの郵便物の方が早く着くっ!!

この間、ネットで調べていたのですが(友達からSMSでケイタイに受け取った番号をもとに・・・)

金曜日の午後は・・・
現在移動中・・・というメッセージ(これはあたりまえ)
土曜日の午前中・・
フランスの場合、地方によって違うかもですが、パリとボルドーに関しては土曜日は午前中も配達があります。
パリのウチの場合は朝9時頃、管理人が各アパルトマンに配り、ボルドーのウチの場合は11時頃郵便受けに・・・
11時過ぎても何も郵便物がなく、ネットで見たら・・・

>不在またはお店が閉まっているため配達不可。月曜日に再配達・・・・
L e facteur n'a pas pu remettre ce courrier lors de son premier passage car le destinataire est peut-etre une entreprise ou un magasin ferme certains jours de la semaine. Ce courrier va etre presente a nouveau par le facteur.

ずーっといたのに????

月曜日の午前中・・・
12時過ぎても郵便受けには何もなし・・・

ネットで調べたら・・・
>不在またはお店が閉まっているため配達不可。火曜日に再配達・・・・

L e facteur n'a pas pu remettre ce courrier lors de son premier passage car le destinataire est peut-etre une entreprise ou un magasin ferme certains jours de la semaine. Ce courrier va etre presente a nouveau par le facteur.

前回と同じメッセージ

この時点でもう僕は切れてましたが・・・

火曜日の11時
やっと郵便受けに!

ネットには・・・
S i l'expediteur a demande une remise contre signature, le courrier a ete remis a son destinataire en main propre. Si l'expediteur a demande une distribution sans signature, le courrier a ete depose dans la boite aux lettres du destinataire.

もし、送り主が受取人のサインを要求した場合は、受取人に手渡されました。
もし、送り主が受取人のサインを要求しなかった場合は、郵便受けに配られました。

悪いんですが・・・このDistingo suiviははじめから封筒に"受取人のサイン要求なし"と印刷されてます!

こういう典型的な文例をネットに載せているんじゃ意味ないじゃんと久しぶりにむかつきました。

目的は早く着くというよりも紛失しないというものでしたから、何となく自分に言い聞かせて一件落着、クレーム・メールは止めときました。

*La Poste
*Courrier Suivi
[PR]
■"Da Vinci Code"は危険?(2005-03-16 23:45 )に記事を追加しました・・・
[PR]
テレビ界はリアリティー・ショーだらけ・・・

そんなフランスで、新しいタイプの商品開発策として、
冷凍食品メーカー"findus"がこの3月19日から、パリに住む5家族、リヨンに住む5家族のダイニング・キッチンとTVルーム(TVが設置してある部屋)に2台のビデオ・カメラを設置・・・

8日間の間、毎日2回、12時~14時 、 18時~22時までパリのど真ん中(パリ1区)に所在するリサーチ・センターでダイレクトに送られてくる映像を見ながら新しい商品開発のためにいろんなリサーチをするという企画です。

参加家族にはそれぞれリサーチ費として400ユーローが支払われるそうです。

*参照【Findus tente de lever le voile sur l'intimité du repas】www.lemonde.fr
[PR]
世界で毎日2万2千人の人が衛生管理の行き届いていない水を飲むことによって死亡・・・

今日(火)は"水"の日la Journée mondiale de l'eauです。

現在、全世界の11億人の人々が"飲料水"に困っており、24億人の人々がトイレ・下水設備を持っていないそうです。

雨不足で3月の中旬にしてすでに旱魃(かんばつ)状態の危機にあるフランス、各地方で節水を呼びかけ始めています。

パリ市庁舎前でパリの水道水が詰められた3万本(Pierre Charpinのデザイン)のcarafe カラフが『パリの水道水は安全、エコノミー、エコロジー』というスローガンのもとに通行人に配られました。
パリの住人は200万、さらに毎日200万人の人がパリに働き来るそうで・・・パリ市は毎日68万立方メートルの水を供給しているそうです。


*Journée de l'eau: Paris distribue des carafes-info.france2.fr


*Journée mondiale de l'eau
-www.wanadoo.fr



【水/ガソリンの値段】

     <水>/<ガソリン>

フランス 0,20 / 1,00

アメリカ 0,40/ 0,40

インド  0,20 / 0,45

ブラジル 0,90 / 0,49

*googleで今日検索した人・・・・ご覧になりました?
[PR]