2014年 01月 14日 ( 5 )

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』にも登場した「きたてつ」こと「北三陸鉄道」。そのモデルになったのが、岩手県を走る「三陸鉄道」だ。いまだ不通区間があるが、いよいよ2014年5月に全線復旧する。な...



▼こたつ列車も! あまちゃんの舞台「三陸鉄道」の企画がユニーク

http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-2089075/





▼Kotatsu JAPON

[PR]
皆さん、お正月はいかがお過ごしでしたか?私の周囲には、海外旅行をチョイスするタイプが多く、楽しそうでした。しかし、帰国後の彼ら彼女らからは、このようなセリフをよく聞きます。「やっぱ、日本が一番だ...












精巧で緻密、そしておもてなしの精神に富んだ日本の「モノづくり」と、その歴史的・文化的背景に焦点をあてる企画展です。会場には、世界でオンリーワン・ナンバーワンの価値をもつ200点以上もの製品・技術が一堂に会します。
National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan)



2013年12月7日(土)~2014年5月6日(火・祝)

【会場】日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb

【開催時間】
10:00~17:00(入場は閉館30分前まで)

【休館日】

火曜日(ただし1/7、2/11、4/1、4/29、5/6は開館)


【入場料】
大人 1,000円、18歳以下300円
団体(8名以上)大人800円、18歳以下240円


 

Opening Hours

10:00-17:00 (Entrance closes 30 minutes prior to museum closing time.)

Closed

Tuesdays, December 28-January 1 (except 1/7, 2/11, 4/1, 4/29, 5/6)

Admission Fees

Adults: 1,000 yen, 18 years old and under: 300 yen
Groups: (more than 8 people) Adults: 800 yen, 18 years old and under: 240 yen.

▼http://www.miraikan.jp/sekai1/en/index.html






▼THE 世界一展 ~極める日本!モノづくり~
http://www.museum.or.jp/modules/topics/?action=view&id=385

▼「THE 世界一展」で和製“メイカーズ”たちのこだわりの200点を一挙公開

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20131205/1053930/




一般発売 / 日本科学未来館
icon




チケットぴあ


チケットぴあ

【MADE IN JAPON】関連記事

[PR]
欧州から日本へ帰ると、いつも感じることがある。人々の会話や車内広告など、それが特に性差を強調する話題でなくても、例えば男性は仕事、女性は家事など、歴史的な男女のステレオタイプが無意識に色濃く反映...


『世界経済フォーラム(WEF)が10月に発表した2013年度版の「ジェンダー・ギャップ指数」でも、1位からアイスランド、フィンランド、ノルウェーという順に、上位10ヵ国中7ヵ国を欧州が占める。ところがフランスは45位と、隣国のドイツ(14位)や英国(18位)、または米国(23位)と比べて一段低いのだ。』
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1389144595521.html?_p=1

『仏調査機関LH2が、仏大手企業の管理職を主な対象に行った昨年12月の調べでは、女性の80%(男性は56%)が職場環境において、性差別的態度や決定に直面していると答えた。54%が女性ということで自身のキャリアのブレーキとなる場面に出くわしたとも回答している。81%(男性は59%)が「男性より劣る」という類いの性差別的な判断を聞いたとし、49%が性差別的なあだ名で呼ばれたことがあるとした。そして90%の女性が、もし男性ならもっと昇進しやすいだろうと考え、62%の男性がこの考えに同意している』
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1389144595521.html?_p=1


『世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数によると、日本は136ヵ国中105位で、経済協力開発機構(OECD)加盟国中、韓国(111位)に次いで低かった。また厚生労働省『男女雇用機会均等関係資料』によれば、日本の女性就業率は60.1%と、フランス59.9%より高いものの(2012年)、女性管理職の割合は日本10.6%に対し、フランスは38.7%である(2010年)』
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1389144595521.html?_p=1



▼男女平等(ジェンダー・ギャップ)指数ランキング・国別順位(2013年)- 世界経済フォーラムThe Global Gender Gap Report 2013
http://memorva.jp/ranking/world/wef_global_gender_gap_report_2013.php

▼世界男女格差指数
http://ja.wikipedia.org/


▼Global Gender Gap Report
http://en.wikipedia.org/

▼Forum économique mondial
http://fr.wikipedia.org/
[PR]


▼''No Pants Subway Ride'': sans chemise, sans pantalon

http://www.bfmtv.com/diaporama/no-pants-subway-ride-sans-chemise-sans-pantalon-444.html



L'Express
[Image du jour] Sans pantalon dans le métro.

http://bit.ly/KUohnE






Tous «sans pantalon» dans le métro !

Ce dimanche, c'était la 13e journée mondiale «sans pantalon», une manifestation loufoque lancée à New York en 2002 !
▼Le Parisien

http://bit.ly/1fsNF1U



スライドショー:ニューヨークで「No Pants Subway Ride(ズボンなしで地下鉄に乗る)」イベント
▼ロイター.co.jp

http://bit.ly/1dLE2Va





▼Le Nouvel Observateur

http://tempsreel.nouvelobs.com/galeries-photos/photo/20140113.OBS2132/photos-ils-prennent-le-metro-sans-pantalon-ni-complexe.html


【No Pants Subway Ride(パンツなしで地下鉄に乗ろう)】世界60都市で「ノーパンツ」デー開催、南米や中国でもDimanche en slip dans le metro, de Sydney a Paris (01/13)


【メトロ・トラム】カテゴリ

【メトロMETRO】関連記事

[PR]

▼朝日新聞(Asahishimbun)

http://t.asahi.com/dotr




#PhotoDuJour : Des jeunes femmes vêtues de kimonos fêtent leurs 20 ans, l'âge de la majorité au Japon, lors d'une cérémonie à Tokyo (© 2013 AFP)
▼TV5MONDE

https://www.facebook.com/tv5mondeofficiel



全町避難がつづく福島県楢葉町がいわき市の仮設校舎で成人式を開きました。サッカー「ヤングなでしこ」の田中陽子選手も出席しました。
▼朝日新聞(Asahishimbun)

http://t.asahi.com/dotr


札幌市内では、雪の成人式となりました。
▼朝日新聞(Asahishimbun)さ

http://www.asahi.com/articles/ASG1F5FTFG1FIIPE00N.html






▼成人式

http://ja.wikipedia.org/

Seijin shiki (成人式) est la cérémonie japonaise de la majorité civile. Elle a lieu annuellement le jour de la majorité (成人の日, seijin no hi?)le deuxième lundi du mois de janvier. Les festivités incluses dans la cérémonie se tiennent dans les bureaux locaux ou préfectoraux avec la participation de la famille et des amis de la personne concernée.

Cette cérémonie fut mise en place en 1948, quand le seijin no hi eut lieu le 15 janvier. En 1999, il fut décidé d'installer cette cérémonie le second lundi du mois de janvier en conséquence du Happī Mandē Seido(ハッピーマンデー制度), la décision du gouvernement japonais de redéfinir le calendrier des jours fériés.


▼Cérémonie de la majorité
http://fr.wikipedia.org/



【成人式】関連記事



【成人の日】関連記事
[PR]