カテゴリ:■食( 77 )

“ビール党員”世界中で増加中 夕刊フジBLOGから・・・

フランスも最近ワイン消費量がかなり減り、ボルドー地方は7割くらいのワイナリーが危機状態!と昔、大きなワイナリーを経営していた友達から電話がありました。本当、どうなるんでしょうかね~フランス美食村では何度かこの問題に関しては書いているのですが、輸出もダウン・国内消費もダウン・・もちろん、超有名ワイナリーは逆に販売増加だそうで、なんだか投資目的で購入するお金持ちが多いように思えてなりませんが・・・・

アメリカや英国で・・・チケットが明解ではない云々・・・でボルドーワインは消費者から嫌われつつある的現象を何とか奪回しようと、分かりやすいチケット表示を、特にセパージをきちんと明記してなんて言ってますが・・・・旨くて、もう少し安ければ問題外に売れると思うんですがねぇ~個人的にチケットに講釈を連ねたワインは買いたくありません。

ワインは冒険、発見・・・同じ銘柄でも毎年違うわけですしコーラと一緒にはして欲しくはないんですけどね・・しかも、食事と楽しむもの!

今週の木曜日に、ウチの隣のワイン屋さんにvin bourru(発酵が完全に終わっていないワイン)が入荷するので楽しみなのですが・・・・今年はどうなんでしょうね?これから最低1年はかかるわけで・・・・

話しが随分飛んでしまいましたが、今のフランスの若者は圧倒的にビール党。サンジェルマンの僕のアパルトマンの近くに2軒アイリッシュ・パブ、1軒アルザス系(その場でビールを作って飲ましているお店)がありますがいつも満員。ボルドーでもほぼ中心街にあるアイリッシュ・パブはしばらく見ないうちに規模が3倍になってました。あとは、ウオッカとかラムを炭酸またはジュースで割って既にボトリングされているものが若者の間では最近のヒット商品。

ワインを飲むのが楽しくなるような・・・何かを・・・見つけないとボルドーワインもかなり危ないですね本当。




画像をクリックしてください!美食村のカクテル・ビールに飛びます。
[PR]
旬の「ブドウ」-皮ごと食べて血液サラサラ 夕刊フジBLOG

糖分やミネラル分が豊富で、疲労回復や低血糖などにいいほか、ブドウから作られる赤ワインには、*ポリフェノールが多く含まれ、心臓疾患を引き起こす動脈硬化を防ぐのにも効果があるといわれるそうで・・・

*ポリフェノール
赤ワインに動脈硬化を予防する効果があり、それがポリフェノールによるものと判明。ポリフェノールは悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化されるのを防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞、がんなどの予防につながる。


10年前くらいに、ボルドーのローカル・TVニュースでChâteau Smith Haut Lafitteの経営者の娘がボルドー大学の理学博士とタイアップしてブドウの種に豊富に含まれているポリフェノールを抽出、化粧品として製品化することに成功と言うニュースが流れました・・・
当時僕は、日本との貿易の仕事を手伝っていたので早速オッファーを日本にしましたが・・皆、結構馬鹿にして・・・今では超ヒット商品!
今では、VINOTERAPIE 、ホテル、SPAを経営して父親のシャトーよりも多くの利益を上げているそうで・・・ボルドー・サクセスストーリーです。



caudalie
sources-caudalie
Château Smith Haut Lafitte
[PR]
以前にも既に書きましたが、フランスは日本食ブーム!!

和食党の僕にとっては嬉しい限りで・・・もっと流行って普通のスーパーでフランスの食材並みの値段でいろんなものが手に入れば絶対にフランスに永住

*周りの人間は、僕が30年近く(1975年から滞在・・・)フランスに住んでいるので、絶対に永住するものだと信じて疑ってませんが、やはり死ぬ時は日本食、和菓子、あられ類を死ぬほど食べてから川を渡りたいものです。

面白半分でフランスのサーチ・エンジンにキーワードを何個か入れていました。
(日本、日本料理、寿司、焼き鳥・・・)

出てきました出てきました・・・
下記に明記しておきますのでご興味がおありの方は一度遊びに行ってみてくださいな!!
唐揚げがTorino hara-age になっていたり肉ジャガがJaga-imo になっていたりで笑えますが・・・

kanjionline
Sauce yakitori
POULET YAKITORI
Le goût du voyage : Japon
Japon Mania
sushiworld
[PR]
先日、はじめて冷凍食品だけを扱うお店に買い物に行きました。

目的はてんぷら用のブラック・タイガー。近所の魚屋がずーっとヴァカンスで・・・

お店の中は冷凍庫だけがいっぱい並んでいて、妙な感じです。
冷凍果物、冷凍野菜、冷凍肉、冷凍魚貝類・・・冷凍ケーキ類、もちろんアイスムリーム・・・
????何だ??って一瞬びっくりしたのがこれ・・・・

a0008105_7361165.jpg

a0008105_7365551.jpg


うーん、日本食大ブームですね!しかし、冷凍寿司や刺身、焼き鳥は何となく試す勇気がなくて今回はやめました。
無事タイガーブラックを見つけましたが・・・この日の大ヒットは、冬期しか売っていない栗のアイスクリームが売っていたんです!(正確にはマロングラッセ入りのアイスクリーム)これは嬉しい限り!早速試しましたが・・・ちょっとラム酒がきつくて・・・普通の栗だけのアイスクリームのほうがいいかなぁ~っと言う感じですが、久しぶりに食べられた夏場の栗のアイスクリームに満足しました。
[PR]

これくらいあれば・・・ほとんどの料理が出来てしまいます。


最近、この台所に欠かせなくなったものがこれ・・・

去年、僕らがプレゼントしたものですが・・・非常に懐かしい型でしょ?ナショナル(松下パナソニック)がシンガポールで作っているものなんです。シンプルで全然壊れなくてこちらの中華街で売っています。
最近は、大型電気店にもフランスのメーカーの炊飯器が売られてますがこれには勝てないようです。
今まで、ご飯はお鍋で(フランス式)炊いて・・というよりボイルしていたので最初は抵抗があったみたいですが・・・今ではこの炊飯器わざわざパリの台所から田舎に来る度に運んでくるそう。あまりにも気に入ったので、親戚にも勧め皆購入。現在ウチではちょっとブームです。
[PR]
フランスでめぐり合うコーラをこちらにUPしました・・・・
[PR]
a0008105_172210.jpg
いやぁ~最近ビックリしますが・・・

パリの昔は日本人だけが通う居酒屋風日本レストランはパリジャン・パリジェンヌで満員。

彼らは何を食べてるのかと観察していたら・・・

ほとんど全員と言っていいくらいのフランス人が"たこ焼き”を食べている。その他、どんぶりモノ、汁物。

ちょいと昔は、フランス人がラーメンを食べるなんて考えられなく、食べている人はだいたい日本人と一緒に食べに来た事があるか彼女(彼)が日本人か・・・の類の人たちだったのに、今じゃ日本や日本の味を全然知らない人たちも美味しそうに食べています。

フランス人の男性2人が隣の席で"たこ焼き”をおかわりしてあまりにも美味しそうに食べているので思わず・・・「日本に行った事ありますか?」「どこでこの食べ物を始めて知りました?」なんていろいろ質問してしまいました。

答えは「一度も無いですがこんな美味しいものがある国は絶対に行きたい!」とのことで"たこ焼き”の存在はネット系で知り、パリではここしか食べられないと聞いて食べに来てから週に1度は必ず食べに来るそうです。

焼肉、鉄板焼きの次が焼き鳥。そしてお鮨に刺身・・・次はなんだろう?

ごくごく普通のスーパーで醤油(シンガポールで作られている日本のメーカー)が並び
"家庭で出来るお寿司手巻きセット”何ていう文句がついて、海苔、巻きす、お米、酢がセットになって売られ・・・この写真のような”ニセあられ”が人気!

*日本の人から見ればこのあられ・・・不味そうでしょうが、日本食品店で買うと日本の5・6倍はするかと思うと、”あられ”の大ファンである僕にとっては・・・250グラムで300円くらい(中国製で、パッケージには日本のレシピによるビスケットと明記されてます)は”あられ”と思わなければかなりいけてて、日本食が苦手とか言っているウチに来るフランス人のお客さんもアペリティフにこれをだすと何も知らずに美味しいと言いながらパクパクと食べ、あっという間になくなってしまいます・・・・

数年前に、トゥルーズに行ったとき、”たぬき"と言う名前の日本レストランを発見、値段も安く、キレイな重箱に入ってかなりの量もあるお弁当タイプの料理に満足。サービスのフランス人女性に料理人の人と話しがしたい・・・と尋ねたら・・・料理人は彼女の旦那さんで日本に一度も行った事の無い、日本料理を一度も習った事のないフランス人でした。彼はこのレストランを買うときに前のオーナーから1週間の特訓を受けたそうです・・・鶏のカツも刺身も、そして太巻きも見事でした。
[PR]
先日友達のうちのバーベキューで・・・

食後に、マシュマロ を子供達がバーベキューで焼いて美味しそうにパクパク食べていて(ロースト・マシュマロ)・・・・試してみる?と言われ・・・その気になり・・試しました。
げぇ~!!!はっきり言って食べられませんでした。

この食べ方はアメリカ・カナダの子供達が大好きだそうで・・・(ここんちのパパはカナダ人の血が入っていて子供達もよくカナダに遊びにいくらしい。)

かなり気になって調べてみました。
マシュマロ は・・・

-古代エジプトでは薬用として使われていたらしい。
-沼地でとれるアオイ属の植物と言う意味。
-現在のようにふわふわにしたのは・・・・19世紀半ばのフランス。
-コーラゲン成分をたくさん含んでいるので、毎日10個以上続けて食べると美容にいいらしい(2ヶ月でシワが少なくなったという話もある。)
-1889年に初めて日本に紹介される。
-「雪見大福」の原型になったアイスクリームをマシュマロで包んだのが「わたぼうし」

あの有名なスヌーピーが大好きだったんです・・

*参考文献 MONOマガジン490号「薀蓄の箪笥」マシュマロより
[PR]
a0008105_185350.jpg
時間の無いフランス人にも書きましたが・・

最近のフランス人、かなり時間が無くて、食事を作る時間があまりないようで・・・冷凍食品・レトルト食品・宅配サービス・・・・・ものすごい勢いで増えてます。

レストランはシラックが大統領選で公約した・・・レストランのTVA(付加価値税)を5,5パーセントに下げる・・・は全然実現せず、未だに19,6パーセント。これはかなり大きいですよ!

テイクアウト物(サンドイッチ屋、街頭のクレープ屋、宅配PIZZA・お寿司・・)は5,5パーセントですがマクドはテイクアウトだけじゃないのにお店で食べても5,5パーセントのTVAは他のレストラン業者は全然納得してません・・・

という事で、フランス人にとってきちんとした(高級とまでいかなくとも・・・)レストランに度々ましてや家族で行くという事はかなりの出費になるわけです。日本みたいに仕事帰りお気軽にとか今日は皆で近くのラーメン屋ではほとんどありません。レストランに対しての意識は日本人のそれとは大きく違うだろうと思えます。

そのフランス人達も(あくまでも僕が知っている限りのフランス人ですが・・・)日曜日のお昼は家族集まっての食事が昔からの慣習ですが・・・けっこう外食もするわけで・・・このときはしっかり食べてしっかりレストランにお金を落とします。はっきりいってビックリするような金額を使うこともしばしば。(若い頃レストランでバイトをしていた時に,普通の家族がとんでもない金額を払うのをしばしば見て驚いたことがあります。)

最近は、日曜日のマクドの店内でフランス人の家族連れをよく見かけ・・・あぁあぁ~残念だなぁ~普通のレストランのTVAが5,5パーセントだったらなぁ~ってよく思います。マクド以外に美味しいものがいっぱい、しかもマクドはけして安くないのに・・・と。

観光客のお陰でレストランは成り立っているような感じですね・・・パリもボルドーも。

※写真は,家族でご飯を食べる時ナプキン(未だにちゃんと布を使い、ペーパー・ナプキンを嫌う人が多いです。)が誰のか分からなくなってしまうので・・各々が自分のものとわかるように目印に結び目をつけてます。
[PR]
最近のフランス人は昼食を食べる時間が昔と比べて半分以下に・・・

僕がフランスに着いた1975年当時はパリでもお店は昼休みをとりかなりの数の人が自宅に帰って食事をしていました。
今ではほとんどのお店が1日中オープンしていて交代で食事をとるパターンが一般的。地方都市、僕のいるボルドーはまだまだ昼休みをとるお店がかなりありますが・・・

パリジャンの大半はサンドイッチ、ハンバーガー、キャフェでの軽い食事(日替わり定食やサラダ)で済ませるみたいで30分程度が圧倒的。もちろん幹部クラスのビジネスマン達の商談昼食は別ですが・・・
OLはサンドイッチをかじりながらウインドショッピング(または公園で読書をしながらサンドイッチ)

夜はというと・・・パリの独身族はかなりの割合で宅配に頼っています。もちろん外食もありますが日本に比べてレストランはかなりの出費を必要とされお気軽にラーメンだのどんぶりものなどとはいきません。
面白いことに最近のオペラ界隈のラーメン屋、どんぶりモノを扱っている日本レストランはけっこうフランス人同士で食べに来ていてかなり込み合っているという状況・・・・日本食ブームでもありますがあくまでもまだまだ一般的には焼き鳥とお寿司しか知られていませんので・・・・客層としてはオペラ界隈に働いているフランス人が圧倒的ですが、早い、一品だけで済ませられる、リーズナブルの理由からでしょうか?

外に食べに行くのも面倒、宅配PIZZAや宅配お寿司(パリはかなりの数があります)も嫌だという人たちに今人気なのが・・・調理済み冷蔵食品。電子レンジでチーンか湯煎で数分で出来上がり。一人分でかなり割高ですが・・・。

しかし、料理をしない、アジア系の食堂に頼るパリジャンがかなり増えているのには毎回外食するたびに驚かさせられます・・・・


WEB宅配サービス
宅配PIZZA
ジョエル・ロビション
[PR]