カテゴリ:■今日のひと言・・・( 19 )

『海外で働く2005年度版』 株式会社アルク (11月11日発売)で拙ブログを紹介していただきました!(表紙はF1ドライバーの佐藤琢磨、紹介ページはp200)

*『パリ6区サンジェルマン村』

*SPACE ALC 国際派就職
[PR]
先日、久しぶりにTVで”マディソン郡の橋”を観ました・・・・

映画館で、(僕の記憶が正しければ・・・)6年前に観たはず・・・。

僕は英語はあまりよく分からないのですが、英語で撮られた映画はそのままオリジナル・バージョン(吹き替えなし)で観ます。英語に限らず他の言語でも、出来る限りオリジナル・バージョンで観ようと思います。
仏語字幕スーパーとの葛藤はかったるくもありますが、やはり本人の声のトーン、アクセント、口調はオリジナルを絶対に聞きたいものです。

フランスの映画館で・・・

VF  と映画館に書かれていたらフランス語吹き替えバージョンの意味。
VOSTと書かれていたらオリジナル・バージョンで字幕スーパー仏語の意味です。

昨日のTVのイーストウッドとメリル・ストリープはフランス語を喋ってました・・・・
いや~6年の歳月で忘れてたシーンが一杯でしたが、それはともかくイーストウッドのフランス語、そして声のトーン・・・全然ダメでした。ショック!

これから映画館で見逃した映画はDVDでオリジナル・バージョンですね~絶対に!
[PR]
a0008105_153236.jpg先日、ちっとだけ東京のラジオに出させてもらったんですが・・・




この【フランス落書き帳】と【フランス美食村】で時間がある方は聞いてくださいね~なんて書いたんですが、聞いてくれただけじゃなくてMDに収録して送ってくださっちゃったりして・・・・う~ん!!嬉しい限りです!!




ありがとうございました!!牛子さん!!

感謝!!Merci beaucoup ! ありがとう!!
[PR]
この土曜日(10月18日)・・・

la journee mondiale de l'alimentation par l'association Action contre la Faim.(全世界餓死撲滅デー)


サンシュルピス広場にて、餓死撲滅運動協会のボランティアによって306個の人間のシルエットの形をしたカートンがずらっと並べられて・・・4秒に1個づつゴングと共に倒していく”空腹の時計”"horloge de la faim" というパーフォマンスが行なわれました。
fr.news.yahoo.com

この金曜日に(10月17日)・・・

Robert Parker (世界的に権威のあるワイン批評家)が東京で12月の半ばに2日間、
Joel Robuchonを料理長に迎えたディナー会を開くと表明。

ディナーのタイトルは"diners hedonistes"(快楽主義者のディナー)

定員:40名ほど
会費:100万円(7500ユーロー)
会場:恵比寿のシャトーレストラン

選ばれたワインは世紀のワイン19本・・・

そのうちの1本は Lafite-Rothschild 1864 (le magnumマグナムボトル)
・・このワインは1世紀の間、シェイクスピアにマクベス”MacBeth”を書くインスピレーションを与えたスコットランドのお城のカーブに収蔵されていたとか・・・

その他のワインは・・・
Chateau d'Yquem 1921
Margaux 1953
他・・・

fr.news.yahoo.com
[PR]
全くどうして、こんな事になったのでしょうか・・・・

ある新聞によると、犠牲者は500人以上にものぼるとの事(現在335人と発表されてますが・・・)
罪なき人々、特に子供を人質した残虐なやり方に、ただただ呆れる限りです。3日間も食料・水を与えてもらえずに仕方なく自分の小便を飲んだ子供の話しを聞きました。

どんな理由か、実際に何を求めているのか・・僕はあまり理解していませんが、罪亡き人を巻き込んで自分たちの要望を要求するなんて卑劣きわまりない大人の人間のする事ではないでしょう。直接、プーチン大統領なり影響のある政治家を人質にすればいいでしょう!!人質の半数を犠牲者にするロシア・・・考えられません。以前のテアトル人質事件の時もそうでしたが・・・ロシアのこういう事件に対する対処の仕方にいつも納得がいきません。

犠牲者を最小限におさえ、数々の人質事件を解決させてきた、世界的にも有名なフランスのGIGN(Groupe d'Intervention de la Gendarmerie Nationale)特別訓練を受けた憲兵特殊部隊のようなものは存在しないんですかね?ロシアには・・・・
いつも最大限の人質が犠牲者になっているような感じがします。

罪なき犠牲者に・・・・合掌
[PR]
今日9月2日・・・・ボルドーは30℃でした!明日は30℃を越すそうです!

秋はまだ来てませんでした。最後の夏とお友達をしながら、を感じてみました・・・・
[PR]
いやぁ~揚げ足をとるわけではありませんが・・・

いいものを使わないと、悪いもののよさを100パーセント引き出せないと思うんですねぇ・・

僕は12歳の時オルガンにはまり現在にいたっているわけですが、電気/電磁楽器といえど同機種でも一台づつかなり違い、ましてや初級(安い)モデルと上級モデルとでは雲泥の差があるわけですよね。

もちろん一番最初からいきなり上級モデルとは言いませんが、出来る限りいいものを使うと後々、悪い楽器に合ってもその楽器が持っている特性を100パーセント生かしてあげられると思うのですが、この反対は何となく成り立たないような感じがします。

多分、カメラでも筆でも同じなんじゃないでしょうかねぇ。食べ物(味覚)もそんな感じが・・・・

お陰さまで僕が弾いているハモンドオルガンは上限があるので大丈夫ですがピアノは大変だよなぁ~なんてよく思います。(バイオリンやチェロなどのアコースティック弦楽器はもう問題外ですが・・・)

もし、お子様がオルガンを始めたいよと言い出したら・・・上級の本物を買ってあげてください!
あくまでも、人事だからこんなことを言うんですけどね・・・自分の息子が言ったら「そんなの止めとけ!」って言いますから・・・(笑)
[PR]
「私はケイタイは電話をする時に使います・・・」
・・・・CARLA BRUNI

はじめ皆は、彼女が何を言いたいのか全然理解できず・・・嘲笑。数分して理解でき冷や汗。

そうです・・・彼女はケイタイは自分が電話をかけるときのみ利用すると言いたかったわけです。このフランスでもケイタイを持っていない人を捜すほうが難しくなりつつある今日この頃です。
ケイタイであることをふと思い出しました。

ある日本女性の話しですが・・・
とにかく電話とケイタイが無ければ生きていけないのではと思うくらいの電話魔。ウチでよく食事を一緒にしたのですが、もう5分おきにケイタイを眺めというか見つめ、SMS(ショートメール)を送り。ケイタイが鳴り・・・あまりに頻繁なので、一言、言わずにはおれなくなり・・・
「ご飯を食べに来てケイタイしてるんだったらもう来るな!」僕は完全にキレていました。

会話や食事がケイタイの着メロで中断されるのは非常に不愉快です。
ウチは食事中、音楽もTVもつけません。
[PR]
フランスでは・・・

western spaghetti
スパゲティ・ウエスタン・・・
[PR]