カテゴリ:【フランスで生活する日本人】( 18 )


"Meilleur Jeune Concierge Clefs d'Or France 2013" は・・・

M.Daisuke Kimura(Concierge chez Hotel Le Meurice, Paris ホテルル・ムリース勤務)に決定!

フランス代表として来年1月10日にクアラルンプール(マレーシア)で行われる61ème Congrès annuel des Clefs d’Or に出場。



https://www.facebook.com/clefsdorfrance
▼Clefs d'Or France






Il aura l'honneur de représenter la France lors du Andy Pongco Award au congrès international de Kuala Lumpur.

Il se rendra à Kuala Lumpur lors du 61ème Congrès annuel des Clefs d’Or du 10 au 15 janvier prochain.





Le Meurice, source d’inspiration inépuisable et… source de talents ! Daisuké Kimura vient d'être élu Meilleur jeune concierge de France en remportant le Trophée Pierre Quentin. Qualifié pour la finale internationale, il se rendra à Kuala Lumpur lors du 61ème Congrès annuel des Clefs d’Or du 10 au 15 janvier prochain. Toutes les équipes du Meurice lui souhaitent bonne chance !



https://www.facebook.com/HotelLeMeurice
▼Le Meurice




https://www.facebook.com/clefsdorfrance
▼Clefs d'Or France

M.Daisuke Kimura(Concierge chez Hotel Le Meurice, Paris ホテルル・ムリース勤務)





https://www.facebook.com/clefsdorfrance
▼Clefs d'Or France





表彰会場・・・Musée d'Orsay
https://www.facebook.com/clefsdorfrance
▼Clefs d'Or France




▼Clefs d'Or France





▼Clefs d'Or France



【facebook】https://www.facebook.com/naoyacoaching


【facebook】https://www.facebook.com/ncpfrance
[PR]






▼フランスと日本をつなぐ人びと 第2回 チーズ職人 山口潮久さん

http://tokuhain.arukikata.co.jp/annecy/2010/05/post_47.html




▼フランスのチーズ職人Miti
http://profile.ameba.jp/vache-et-fromage/





Sanae Hisada, le fromage à la japonaise

▼Sanae Hisada, le fromage à la japonaise:Entretien avec Sanae Hisada, première Maître Fromager japonaise

http://cuisine-plus.tv/cid60565/sanae-hisada-le-fromage-a-la-japonaise.html



▼http://www.hisada.fr/




【世界最優秀チーズ職人コンクール】Le meilleur fromager du monde est une Japonaise






▼Le meilleur fromager du monde est une Japonaise

http://www.rue89.com/2013/06/04/meilleure-fromagere-monde-est-japonaise-voici-miyuki-murase-242965


【フランスで生活する日本人】







【フランス快適生活】在仏邦人向けアシスタントサービス






【フランス快適生活】在仏邦人向けアシスタントサービスfc2




【フランス快適生活】在仏邦人向けアシスタントサービスwordpress



お問い合わせは、お気軽にncpfrance@gmail.comまたはメールフォームに日本語でどうぞ。
[PR]

a0008105_049881.jpg
【名前】
MOTHE Rimi

【生年月日】
11 Feb 1967

【出身地】
兵庫

【フランス滞在歴】
18年

【現在住んでいるところ】
Paris

【生活手段】
会社員

【活動】
色々と日々検索中

【家族構成】
主人、子供2人

【何故フランスにいる?】
結婚

【フランスの好きなところ】
古き良きものに溢れている事、個性の尊重、自然の豊かさ

【フランスの嫌いなところ】
自分が一番であること、謙虚さに出会う事が非常に少ない

【好きなフランス料理・食材】
煮込み、季節の野菜に果物、ワイン、チーズ、パン

【嫌いなフランス料理・食材】
嫌いじゃなく苦手なのが、ブダンノワール

【今後の予定】
あるがままに取りあえずここで行きていく予定だけど、海外県に移住したいかも。

【今欲しいもの・したいこと】
時間を見つけてアンティークの造詣を深めたい。欲しいのは冬に太陽!海外県にもっと行ってみたい。中近東や中央アジアなどの遺跡巡りなど。


今回、『フランスで生活する日本人』15回目に登場してくれたRIMI・・・

お互いパリに住んでるのに、年に1度くらいしか会えないのは残念。

いま彼女が勤めている会社も人のお役に立つ仕事なんだけど、いつも、他人のことを考えて、
いろんな企画を考え中・・・って、脱帽です。

はじめて会った時からすでに10数年経つけど、(いつの間にやら)2児の母親でいつも変わらずエネルギッシュで若々しくとてもチャーミング。秘訣は?


ぜひ、【そうだ先達に聞いてみよう】の会に参加してもらおう!


【フランスで生活する日本人】

 

 



少しのことにも、先達はあらまほしき事なり(すこしのことにも、せんだつはあらまほしきことなり):徒然草(五十二段:仁和寺にある法師)・・・・
【そうだ先達に聞いてみよう】の会
[PR]
P1800138
P1800138 posted by (C)naoparis


【名前】
野村真司 NOMURA Shinji

【生年月日】
1977.12.26

【出身地】
静岡

【フランス滞在歴】
4年

【現在住んでいるところ】
1区

【生活手段】
自営

【活動】
店舗経営 出版業務・編集プロダクション 広告代理店 IT関連

【家族構成】
フランスで寂しく一人暮らし

【何故フランスにいる?】
難しい国だから....

【フランスの好きなところ】
先進国なのにいろいろな隙間がまだまだある。
良いも悪いもだが、その都度の雰囲気や運、アビリティに左右され、絶対無理なことや原則的なルールさえも自身で打開が可能。

【フランスの嫌いなところ】
税金...特にTVA

【好きなフランス料理・食材】
和食が....裏切らない味を提供してくれるので、フレンチはあまり食べない。

【嫌いなフランス料理・食材】
きのこ類、なす

【今後の予定】
一筋縄ではいかないこの国だからこそ、もう少し頑張っていきたいですね。

【今欲しいもの・したいこと】
余暇





今回、『フランスで生活する日本人』14回目に登場してくれた野村さん・・・
青年実業家!すばらしい!の一言。
超多忙のなか、昼食を一緒にしましたが、エネルギッシュで行動派。4つも会社を経営。これからもいろんな企画を実現するためパリを駆け巡る野村さんに脱帽です。



☆フランス、パリの中心に、便利な日本をつくりました・・・☆
うらばすplus

FR-japonのホームページ




■フランスで生活する日本人
[PR]
P1730937
P1730937 posted by (C)naoparis

【名前】
田原 安佐美 TAHARA ASAMI

【生年月日】
2月26日生まれ

【出身地】
長野県

【フランス滞在歴】
7ヶ月

【現在住んでいるところ】
15区 エッフェル塔から歩いて1分

【生活手段】
企業からの派遣です

【活動】
フランス語学習得、駐在業務

【家族構成】
独身

【何故フランスにいる?】
仕事でフランス語が必要になったため。


【フランスの好きなところ】
いるだけで幸せと感じられるところ
美しいものを見る機会が多いところ
刺激的な方に出会う機会が多いところ

【フランスの嫌いなところ】
書類世界
待たされる
無神経な人が多い

【好きなフランス料理・食材】
パン、南仏料理全般

【嫌いなフランス料理・食材】
贓物料理、パスティス(フランスのものですか?)

【今後の予定】
フランス語をマスターして、駐在業務を充実させたい、そして少しでも長くパリにいる予定です(?)

【今欲しいもの・したいこと】
欲しい物は、フランス人と張り合えるくらいのフランス語学力!
今したいことは、ポーランドとスペインに親友を尋ねにいくこと。今年か来年にはする予定です。

【その他】
パリの街を歩いていると、メイドイン偽ジャポンをよく目にします。
日本の伝統工芸については特にそう感じています。
本物の日本の伝統工芸をパリで紹介する活動をしています。
 
http://www.hitamuki.com/

http://hayasaki.100webspace.net/




NAOさんこれからもよろしくお願いします!
そして素敵な音楽が聞ける日を楽しみにしています!

☆ご本人からの依頼で・・・お友達とのスナップを掲載。
n1409003217_59623_1334
n1409003217_59623_1334 posted by (C)naoparis

IMG_2876
IMG_2876 posted by (C)naoparis

IMG_2398
IMG_2398 posted by (C)naoparis


今回、『フランスで生活する日本人』13回目に登場してくれた安佐美さん・・・
駐在のお仕事、画廊のお手伝い、語学の勉強・・・超多忙!でなかなか、ゆっくりお茶が出来ないのが残念です。
短いフランス滞在なのに、フランス語もお上手、パリもしっかり把握・・・驚くばかりの行動派なステキなお嬢さん。これからの活躍が楽しみです。

はじめて歩くパリ GUIDE BOOK







【フランスで生活する日本人】
[PR]
【名前】
SHOKO

【生年月日】
19 11 1971


【出身地】
静岡県三島


【フランス滞在歴】
10年


【現在住んでいるところ】
パリ13区 campo formio駅前


【生活手段】
カフェ経営 


【活動】
料理人


【家族構成】
仏人旦那と子ども3人


【何故フランスにいる?】
家族がいるから

【フランスの好きなところ】
湿気がない所



【フランスの嫌いなところ】
書類社会

【好きなフランス料理・食材】
家庭料理


【嫌いなフランス料理・食材】
bio に こだわる人の料理



【今後の予定】
NAOさんとのコラボ

【今欲しいもの・したいこと】
*ご本人のコメントなし

a0008105_1874577.jpg

(PHOTO BY CAMPO)

今回、『フランスで生活する日本人』12回目に登場してくれたキャフェ経営、料理、主婦業、子育て(3人の子供)と超忙しい日々を送っているSHOKOさん・・・

いやぁ~脱帽です。

残念ながら、彼女はCAMPO CAFEには基本的に夜は働いていないので、僕がアペリティフに行くときにはほとんど会えませんが、夕食会ではちょくちょく貴重なお話をしてくれます。

いつも素敵な笑顔で迎えてくれるSHOKOさん・・・応援してます!!

ご主人を置いてヴァカンスを日本で過ごす子供たちを追っかけて彼女も今日から日本・・・よいヴァカンスを!留守の間、『ダンナ』をよろしく!って・・・言われたんですが、僕もしばらくパリを離れるのでダンナと遊べない!のが残念。


SHOKOさんのブログ・・・
☆ぱりぱり☆
http://campoparis.exblog.jp/


【CAMPO CAFE】関連記事


CAMPO CAFE
123 BLD. DE L'HOPITAL 75013 PARIS

http://campocafe.com/



今日も、訪問ありがとうございます!応援バナーをクリック、いろんな情報、フランス在住のブロガーの情報を求めて 『パリ生活情報掲示板』へどうぞ!



【フランスで生活する日本人】
[PR]
【名前】
藤島 頴子(ふじしまえいこ)


【生年月日】
1936年3月24日 71才


【出身地】

満州生まれ。10才の時に両親と日本に戻る(熊本)

【フランス滞在歴】
22年


【現在住んでいるところ】
パリ6区 サンスルピス界隈


【生活手段】
絵を描く


【活動】
絵の創作活動、個展


【家族構成】
独身(49才の時にフランスが呼んでいる、どうしても行かなければと思い、結婚していたが、ご主人に相談。一緒にフランスへと誘ったが、ご主人は日本でしか生きて行けないと断り、相談した結果、平和に離婚。)*()内は本人の承諾をもらって僕が代筆。



【何故フランスにいる?】

フランスの方が日本に比べて自由に創作、表現できる。

【フランスの好きなところ】
自由なところ


【フランスの嫌いなところ】
いい加減なところ


【好きなフランス料理・食材】

野菜、ムール貝&フリッツ

【嫌いなフランス料理・食材】
臓物、および臓物料理


【今後の予定】
このまま最後まで今いるところ(フランス)で暮らす。


【今欲しいもの・したいこと】
いっぱい楽しい絵が描きたい。


【その他】
平和で幸せな地球になってほしいと祈ってます。

a0008105_7572054.jpg

(2007年8月3日撮影)

作品
a0008105_75983.jpg


a0008105_7593163.jpg

*和紙にアクリルとパステル



a0008105_805012.jpg


EIKOさんと知り合ったのは・・・何時だろう?どこでどんな感じで・・・二人ともすっかり忘れてますが、とにかく、今から15年前くらいになるのでは。

知り合った時に、彼女が49才の時にご主人とオートバイ(彼女のバイクはホンダの250CCカスタム)で東京から九州までの旅行をした後、平和離婚してパリに来たと聞き、またビックリ。60才の時にパラグライダーを経験したと聞いてまたまたビックリ。71才になって15才年下のフランス人のお医者さんに熱愛されている今を聞いてまたまたまたビックリ。・・・と毎回、驚かさせられます。

近所に住んでいても、ほんと、5年に1回くらいしか合わないのに、全然、昔と変わらず談笑出来、不思議に、僕が落ち込んでいる時に、()ウチの近所ではなくとんでもない所で偶然に出会い・・・元気をくれます。

今日も、久しぶり合う友達と一緒に夕食をする事に突然決まり、ピアノの置いてある韓国レストランで食事。


久しぶりにピアノが弾きたくなって・・・弾きました。

EIKOさん、これからもよろしくお願いします。

☆フランスで生活する日本人 
[PR]
【名前】
山崎勉 YAMASAKI Tsutomu

【生年月日】
1949年5月1日

【出身地】
福岡県

【フランス滞在歴】
1979年から現在

【現在住んでいるところ】
パリ15区

【生活手段】
画家

【活動】
風景、静物、人物など、モデルを前にしての制作。

【家族構成】
妻と長男 3人暮らし。

【何故フランスにいる?】
油絵の発生した風土に魅せられて去りがたし。

【フランスの好きなところ】
生活のテンポが日本よりもゆったりしている。

【フランスの嫌いなところ】
小金持のオオヘイなる態度。

【好きなフランス料理・食材】
パベドラムステーキ、ソースオポアーブル

【嫌いなフランス料理・食材】
無し

【今後の予定】
毎年1〜2回の個展。7月のプラハ。

【今欲しいもの・したいこと】
お金。ファンの皆様。アトリエ。

【その他】
今までパリと日本での個展を展開して来たが、今後は、フランス(ヨーロッパ)の中都市およびアメリカなどでも作品発表を展開して行きたい。
現在は、各々がエゴの世界に埋ボツして共感というものが1番欠けているように思う。
アートは相対的なもので、具像がもっとしっかりすれば抽像も力を得ると思う。



a0008105_2192460.jpg


久しぶりの再会で、すっかり長居をしてしまいました。
パリで絵を描き続けるという事は・・・ほんと、大変な事。『パリは好きだね!他では暮らせないよ・・・』という山崎さん・・・納得です。

こんなに長居をするとは思わず、パイプを持たずに出かけたので、タバコを何本か・・・すみません。
『来年から、キャフェやレストランが禁煙になるって信じられる?それに対して不平を言うのをほとんど聞かない、そんなフランス人変じゃない?フランス人、変わったよね!』と山崎さん。ほんと、僕もそう思います。
『ギャンズブールが生きてたら絶対メディアで暴言を吐いてくれるのに』と山崎さん。
同感です。

彼の肖像画は、恥ずかしがりやで人見知りするけど、相手を優しい目でじっくり洞察する人柄が現れています。彼の声のトーンと九州人の喋り方なのか(僕は大好きなのですが)、今回の先品もすごく相手を和ませてくれる"山崎さん"がしっかり絵に封じ込まれてれていていい作品ばかりでした。

僕がいる間にも1枚売れて・・・作品リストに赤いシールが増えてました。よかった、よかった。

(僕が若かりし頃)山崎さんと1年ほど一緒に日本人経営の高級クラブで仕事をしたとき、今は亡き、僕のパートナーの肖像画を描いてくれて・・・彼女、ほんと、喜んでましたよ。

どうか、これからも、ずーっと描き続けて下さいね。

山崎さんの個展、2007年7月13日までやってます。是非お出かけ下さいな!!
毎日、12時から20時(入場無料)

Galerie du Vert Galant
52 quai des ORFEVRES 75001 PARIS

 


☆フランスで生活する日本人 
[PR]
【名前】
萩原 良子 (はぎわら りょうこ)

【生年月日】
1978年4月29日

【出身地】
神奈川県

【フランス滞在歴】
7年

【現在住んでいるところ】
ピガール。トリュフォーの伝記を読んだり、色んな映画を見て、私の中ではパリ=モ
ンマルトルなんです。お金持ちになっても9区からは離れません。

【生活手段】
映画の字幕翻訳、オデオンにあるHaremというアクセサリーショップでバイト、最近は女優業で小金を稼ぐ。

【活動】
頼まれてもいないのに来たフランスで頼まれてもないのに女優を目指す。

【家族構成】
平和に離婚手続き中。

【何故フランスにいる?】
映画がいっぱい見たくてパリに来たら、居着いてしまった。

【フランスの好きなところ】
日本よりモテる!
華奢じゃなくてもオッケー!
マージナルという形容詞が否定的ではない。自分でいても社会から追放されない気が
する(今のところは)。
世界中とつながってる感じがする。
フランスが好きというより、パリが好き。モンマルトルの丘からパリを見下ろすと
「なんだかんだ言って、こんな街を作っちゃったフランス人ってスゴい」って思う。

【フランスの嫌いなところ】
自転車を2ケ月連続で2台盗まれた。
メトロで後ろから飛びゲリされた。
急性盲腸になった時、「外科医スト中」と言われた時は参ったな〜。
ほぼ毎日「ニーハオ!」とバカにしたように声をかけられる。
猿孤児を大統領に選んでしまうとこ。

【好きなフランス料理・食材】
色々あるけど、日本に帰国した時恋しくなるのはパン屋さんにあるもの系。
あとはブダンとかアンドウイエット、アンドウイユなど臭いもの系。

【嫌いなフランス料理・食材】
嫌いな食べ物というのはないけど、外食をすると「この値段でこれ?!」っていうも
のが多すぎる気がする。
日本は外れが少ない。

【今後の予定】
日本人初セザール賞受賞もしくはコメディーフランセーズ専属女優になる!
とりあえず女優業で食べていけるように、日々頑張ろっと。。。

【今欲しいもの・したいこと】
恋!!!!

【その他】
住みたい国に住んで、やりたいことやってる自分。。。たまにしっぺ返しがくるんじゃ
ないかと怖くなるけど、1度しかない人生、本能のおもむくままに生きてみようっと!
On verra bien !

a0008105_21173824.jpg

彼女の知り合いのプロカメラマンがテスト撮影した作品。『スッピン、あっという間に撮られたテスト作品だけど、プロの光の捕らえ方ってスゴイよね!』(本人談)

a0008105_215618.jpg


a0008105_21562333.jpg




彼女とはじめて逢ったのは、アクセサリーが欲しいから友達の働いている素敵なパッサージュのアクセサリーセレクトショップにつき合ってと言われノコノコとついて行った6月18日、マッカートニーSir James Paul McCartneyの誕生日。
ビートルズと大きく書かれたTシャツをさりげなく着て接客をしていた彼女。迫力!エネルギッシュ!そして繊細!・・・が第一印象でした。(ビートルス、北野武、ダリダ、クリント・イーストウッドが好きな人に悪い人はいない・・・僕の偏見)

『恋がしたい!!』と食事の間も、食後のキャフェでも喚いていた良子ちゃんですが・・・

あばたの"恋人"はブ・タ・イ(舞台)!!

フランスにおいて、アジア人の女優業は決して簡単でなく、いつまでたってもゲイシャ、パリの道に迷ってオロロする観光客、変な日本レストランのサービス係、怪しいマッサージサロンの女的な役ばかり・・・偏見だらけ・・・良子ちゃんが大きく羽ばたいてくれる事を切に望みます。


*前回の國米ろうりん(Loline KOKUMAI)の僕が撮った写真を観た、僕の友達からTELで・・・

『NAOの写真の撮り方ヘタ! ろーりんが老けて見える!』と言われ・・・かなり凹みましたが・・・
僕はプロじゃないし、毎回、写真を撮る時はほんの数秒(言い訳がましいですが・・・笑)、僕の感じたままのを収めたいと思いシャッターを、なので・・・
今回の良子ちゃんの写真もそんな感じで、食後のキャフェのときに彼女の"恋話"を聞きながらシャッター・・・

【フランスで生活する日本人】 
[PR]
【名前】

國米ろうりん(Loline KOKUMAI)


【生年月日】

1982年 7月14日

【出身地】

出生は東京(武蔵野市)、育ったのは岡山。

【フランス滞在歴】

6年


【現在住んでいるところ】

1年前からパリ在住 (ボルドー→ロンドン→パリという経緯)

【生活手段】

日本のデザイン雑貨メーカーでセールスコーディネーターのお手伝いをさせて頂いてますが、
その他学生をしたり、ロンドンにミュージシャンの彼と飛び立ったり、アートギャラリーで働いたり、好奇心の赴くままに四方八方エネルギーのベクトルが向きます。 

おうちに篭るのも好き。

6年間で習得した仏語スキルと、両親からもらった「フランス国籍」を活かして暮らしています。
 

【活動】

私の心を一番平穏にさせる「空」へちかぢか飛び発ちたいと思ってそれに向けて動いています。
 
日本=フランスを往来できるMyシルクロードを探索中。 

写真・ドローイングはライフワークです。
 

【家族構成】
ずっとシェアが続いていたので、ここ一年ほど一人暮らしに挑戦中。
自分と向き合える貴重なExperienceです。


【何故フランスにいる?】

自然な流れ。
 
生まれてこの方岡山のディープな田舎で生まれ育ち、ついぞ触れ合う事のなかった
母の母国であるフランス。思春期の頃から必然的に惹かれ始めました。 
大学受験目前の時期に「行くなら今」と決意し卒業と同時に発ち、まだ幼いこころの私は涙で空港を後にしましたが(長丁場になることが薄々わかっていたので 笑)
 
19歳という年齢で発掘するフランス(=外国)、は最高に刺激的でした。


【フランスの好きなところ】

・やはり、la revolution の歴史を背景にした憲法をもっているところ?!

・一般庶民の知的好奇心の高さ。

・外国人にたくさん出会えたところ。(今までは・・・)
 

【フランスの嫌いなところ】

・C'est la vie の濫用。

・イライラした神経質なフランス人。

・人間至上主義が過ぎるとき。

  

【好きなフランス料理・食材】

・オデットの家庭料理。 ラタトゥイユ・キッシュ・じゃがいも料理・絶妙な焼き加減のビフテキ・・・etc

・ボルドーで飲む赤ワイン。

・コンテなどのハード系チーズ。

・多種多様旬のフルーツを使ったタルト☆

 
【嫌いなフランス料理・食材】

・煮すぎた野菜・パスタ。

・兎・蛙料理。 

・パン屋のしなびたサンドウィッチ。 (それなら美味しいバゲットと美味しいチーズを与えてください。)
 

【今後の予定】

・なんとか続けているヨガをマスターしたい。

・前述しましたが、「空」を飛ぶための計画推進中です。 

 
【今欲しいもの・したいこと】

・スペース。 具体的には、ボルドーの頃のような空間にゆとりのあるアパルトマン。 

・庭・自分の菜園。 


【その他】

Naoさんのプレイがたまに聴けるような 喫茶「Bar Nao」 がいつかオープンすることを心待ちにしています。

田舎育ちボルドー仕込の私には、今だパリは慣れないことが多い・・。

将来はゆったりした田舎にてユートピアを築きたいと思います☆ 笑
 

a0008105_4471325.jpg


a0008105_4481588.jpg


フランスで生活する日本人シリーズ第8回目に登場のLoline。
ボルドー時代に、2,3度すれ違ってはいますがちゃんと話をしたのは彼女がパリ生活をはじめてから。
年に数回しか逢わないのですが、いつも、アペリティフや食事の時間を楽しませてくれます。僕よりもとんでもなく若いのに・・・(ついつい忘れてしまいますが)
・・・静寂で落ちついたクリスタル空間で包み込んでくれるLolineはすごい。

現在、日本=フランスを往来できるMyシルクロードを探索中という事で忙しい毎日を楽しんでいるようです。

彼女のデッサン、そして、彼女の綴る文書に毎度シャポー(脱帽)です。(mixiでしか公開していないのが残念です)
そして、生まれながらにしてダヴルカルチャーを持った人は、僕には羨ましい限りです。

*今回は、本人が画像を選びきれないというので特別に2枚アップ!直爺(←僕の事)は女性,特に若い女性には親切です。(冗談)

【フランスで生活する日本人】 
[PR]