カテゴリ:【フランスで生活する日本人】( 18 )

a0008105_033666.jpg




【名前】 藤田 愛子 (ふじた あいこ)

【生年月日】 1974年12月24日

【出身地】 大阪府大阪市

【フランス滞在歴】 秋が来たら丸5年

【現在住んでいるところ】 ボルドー

【生活手段】 レストランでバイト

【活動】 アラビア語学生

【家族構成】 一人住まい

【何故フランスにいる?】 アフリカ(ニジェール)で2年間の青年海外協力隊活後、再び国際協力活動に参加するステップアップとして、せっかく覚えたアフリカ発音フランス語をフランス語発音に直しながらの語学留学

【フランスの好きなところ】 ユーモアのセンス

【フランスの嫌いなところ】 言い訳がおおい

【好きなフランス料理・食材】 ピノー(食前酒) リレ(食前酒) ヨーグルト

【嫌いなフランス料理・食材】 アニョー(仔羊) もつの料理abats アンドゥイユ               プリン
 

【今後の予定】 自分の納得いくまでアラビア語の習得、そのあと国際交流の畑で就
        職活動する予定

【今欲しいもの・したいこと】 庭かテラス 人生に対する情熱 

【その他】 アフリカでの国際協力活動において、振り返ってみれば自分が何かを教
えたのではなく結局私のほうが簡単には語れない沢山のことを、肌で感じ学ばせても
らいました。人と接し、異文化に深く触れることは今の私にとって大変な魅力と学ぶ
べきところ多いものです。そうすることで以前は理解できなかった“考え方の違い”
が自分なりに解釈できるようになり、これもまた“人、文化”を知る大きな魅力の一
つです。せっかく覚えたフランス語や現地語で会話をし、ジョークの一つでもとばし
て一緒に笑えるというのは会話をする上での醍醐味。これからも色んな出会いを期待
して、大切に人生の時間を使っていきたいです。

フランスで生活する日本人シリーズ第7回目に登場のAIKOさん。日本料理屋でアルバイトしながら大学で勉学に励み、アフリカでの国際協力活動のために着々と計画を進めています。ウチの彼女ともども彼女の作る"巻き寿司"の大ファンなので、出来る限りボルドーにいてもらいたいのですが(笑)・・・アフリカで彼女を待っている人たちのために計画が早く実現する事をお祈りしています!


AIKOさんの作品は下記にてご覧になれます
■ミニ寿司
[PR]




【名前】南 浩平(みなみ こうへい)&南 睦美(みなみ むつみ)

【生年月日】1975年3月25日 、 1975年1月10日

【出身地】愛媛県松山市 、千葉県

【フランス滞在歴】9ヶ月

【現在住んでいるところ】ボルドー

【生活手段】画家

【活動】
7月4日から8月4日まで1ヶ月間ボルドーの*「La fleur de l'art」でExposition、その後フランスにいる間に何ケ所かで展示予定。

*La Fleur de l'Art :17 Rue Edmond Costedoat 33000 BORDEAUX

【家族構成】
夫婦ニ人だけ


【何故フランスにいる?】
多くの作品が集中してあるヨーロッパの絵画を観るため地形的に中心であるフランスを起点とし、絵画の制作・勉強をするためフランスに在住することを選択しました。

【フランスの好きなところ】
美術館、博物館等の質の良さ、美術など文化や芸術に対する意識の高さ。

【フランスの嫌いなところ】
道に犬の落とし物が多い事。

【好きなフランス料理・食材】
ムール貝、エスカルゴ、パン、Cornichons等、フランスで口にするものは殆どがおいしい。

【嫌いなフランス料理・食材】
・・・無い。

【今後の予定】
パリに拠点をうつし、フランスを含む、多くの国の美術館を観てまわり、パリ・ボルドーでのExpositionを計画中。

【今欲しいもの・したいこと】
欲しいものとしては、自分のアトリエが欲しいです。

したいこととしては、もっと多くの作品をつくり多くのExpositionをすることです。

【その他】
「絵」意外の趣味は無いのですか?と、よく聞かれますが

・・・あまり人には言えないこんな趣味もあったりします。
『すうどん』


フランスで生活する日本人シリーズ第6回目に登場の南ご夫妻・・・・
お二人とも画家、四六時中一緒、自宅で創作活動するときも、どこに行くのも一緒・・・なのにとても仲がいい、喧嘩したところを見たことが無い素敵なカップル!
ボルドーでお二人に初めてお目にかかりましたが、対照的な性格のお二人のコンビに一瞬にして魅了されました。^^

『こんな素敵なお二人・・・きっと描かれている作品も素敵だろうなぁ~』と思いながら、作品を見せていただきましたが、想像していた通りの期待を裏切らない、素敵な"かほり"が漂ってくるおニ人の描く『花』の作品に感激。

現在、7月から1ヶ月間、ボルドーの素敵な"花屋&アート・ギャラリー"での二人展『花さそふ』の準備、その後生活ベースをパリに移住する準備で超お忙しいところ拙ブログ登場していただき心から感謝です。

今後の、お二人のパリ&ボルドーでのご活躍が楽しみです。

二人展『花さそふ』のご案内・・・
[PR]
【名前】黒木薫 クロキカオルa0008105_1521542.jpg

【生年月日】1973年8月10日

【出身地】東京都町田市 (生まれは鹿児島)

【フランス滞在歴】5年

【現在住んでいるところ】パリ14区

【生活手段】料理人

【活動】パリ6区レストランJACQUES CAGNAにてsous-chef(セカンド)
自宅にて期間限定で日曜のみのおうちレストラン(http://chezk.gozaru.jp/)

【家族構成】日本人の奥さん

【何故フランスにいる?】
フランス料理のコックなのでフランスで働きたいとあこがれていたのと共に
本場フランスで腕を試してみたいと思ったから

【フランスの好きなところ】
フランス食材が使い放題

【フランスの嫌いなところ】
色々なシステムのいい加減さ・あいまいさ

【好きなフランス料理・食材】
肉の煮込みのような家庭料理・ジビエ

【嫌いなフランス料理・食材】
ステーキフリット

【今後の予定】
自分のレストランをパリに開きたいと思ってます。

【今欲しいもの・したいこと】
自分のレストラン(開業手段・開業資金)

【その他】
パリでのレストランオープンに向けて勉強も兼ね
自宅で一組様2名様だけをお招きして日曜日に料理を出しています。
是非一度のぞいてみてください。
パリの小さなおうちビストロ&レストラン Chez K(シェ・カ)

フランスで生活する日本人シリーズ第5回目に登場の薫さんこと
黒木薫さん。
お忙しい中、いろいろレストランの説明をしていただきました。ありがとうございます!サンジェルマンで伝統的な旨いフランス料理を素敵な雰囲気でと言ったらまず頭に浮かぶのがJACQUES CAGNA。そこのシェフの片腕として毎日腕を振るっている薫さん。料理があまりにも好きで仕事がお休みの日曜日も自宅で一組様2名様だけをお招きして料理を出していらっしゃいます。素晴らしい限りです!パリの燃える日本人!!

*薫さんのオフィシャル・サイト
*Jacques Cagnaのオフィシャル・サイト
*Jacques Cagna-paris-touristoffice.com
*Jacques Cagna-ifrance.com
[PR]
【名前】 佐伯美奈 (サエキ ミナ)a0008105_22414242.jpg

【生年月日】1971年2月24日

【出身地】 神奈川県 横浜市

【フランス滞在歴】10年

【現在住んでいるところ】 パリ 15区

【生活手段】 花屋
【活動】 花屋勤務
日本からのお花のグループの旅行企画 及びガイド、花教室主催、整体施療     
<今後の活動予定>ギャラリー、パリで結婚式を挙げたい方のトータルサポート

【家族構成】 一人暮しです。来年ぐらいには同居犬が欲しい…。 

【何故フランスにいる?】 手に職をつけようと、花の仕事を選んだのですが、大学卒業後1 年くらいは海外で修業?を…と思ったのがきっかけです。1年のつもりがはや10年が過ぎました。 何故フランスかというと、当時花の流行がフランスかドイツで、たまたま周りにフランス関係者(兄がフランス菓子屋アルバイト先がフランスレストラン etc)が多かったと言う単純な理由。
                 

【フランスの好きなところ】 パンが美味しい… でも日本も美味しいですよね。我ながら、フランスのここが好き!という漠然とした問いに率直に答えられないのが情けない。 
 
【フランスの嫌いなところ】 お役所仕事のいいかげんさ。 どこの国でも一緒かな?

 
*フランスにいる理由として、フランスにいたいからというより、日本と比べて相対的に見た場合、自分のできる仕事がここにはある。ということでしょうか。 日本もかなり好きなので、日本でもやりたい事はたくさんあるのですが...。
     
【好きなフランス料理・食材】 パン パンとりんごさえあれば、幸せです。(フランスにいる場合)

【嫌いなフランス料理・食材】 フォアグラや生牡蠣等の所謂高級食材。胃が受けつけないんです。

【今後の予定】来年の養父母のリタイヤにともない、LIEU-DITを引き継ぎます。花屋だけではなく、ギャラリーとして日本のアーテイストを紹介していければと思っています。現在の活動をもっと深めていきたいですね。

【今欲しいもの・したいこと】 ロトであたるか、スポンサー!!! 時間

【メールアドレス】 lieu-dit@net1.kdd.fr

花工房”Lieu-dit”(リュウディ)

フランスで生活する日本人シリーズ第4回目に登場の美奈さんこと
佐伯美奈 さん。師匠と一緒に働く姿がとても素敵で、師匠共々おしゃべりしながらも手は黙々と動き・・・外から見れば「あら、素敵なお仕事ね!」なんて言われ、キレイでかっこいい仕事と思われるんでしょうが・・・朝も早く寒い日でも暖房を控えたアトリエでズーット立ちっぱなしのお仕事はさぞかし大変でしょう。それでも全く文句を言ったり愚痴を言ったりしないでてきぱきと仕事をこなし、困った人の面倒まで見る優しい女性。そしてしっかりと大地に根を張った生き方に脱帽!海外で働く日本女性万歳!でした。
[PR]
【名前】鴫原 朱美 シギハラアケミ


【生年月日】1956年1月20日

【出身地】北海道 札幌市

【フランス滞在歴】15年

【現在住んでいるところ】COLOMBES

【生活手段】飲食業勤務

【活動】アンティーク雑貨・生地の買い付け。アンティーク生地を使ってバック・洋服の制作

【家族構成】プードル2匹と一緒

【何故フランスにいる?】骨董市巡りがライフワークなのと2匹のワン公のため

【フランスの好きなところ】他人に干渉しないところ

【フランスの嫌いなところ】表に出さないようにしている人種差別観を垣間見る時

【好きなフランス料理・食材】フォアグラのソテー、ワイン

【嫌いなフランス料理・食材】アンドゥイユ、ブーダン(赤)

【今後の予定】来年上旬には1950年代のアンティーク生地を使った手作りの雑貨商品・洋服とアンティーク雑貨を扱うお店をパリでオープンの予定

【今欲しいもの・したいこと】作品を作る時間&お店を出すためのスポンサー

【その他】フランスに15年暮らして、いろんな経験をして多少分かった事ですが・・
何処にいても、どこで暮らしていても自分の居心地のいい場所が確保でき、自分がやりたいことを実現させるための目的意識さえ見失わなければ場所は関係なく夢は実現出来るという事。

フランスで生活する日本人シリーズ第3回目に登場の朱美さんこと鴫原 朱美さん。現在、パリで仕事をしながら、来年ご自分のお店を持つ準備のために大忙し。毎日夜遅くまで、作品作り(手作りバック、洋服)に追われて・・・時間がたくさん欲しいわ!と・・・そんな中でのこの質問へのご解答・・・ありがとうございました!

鴫原 朱美さんへの質問、励ましのお言葉、ファンレターなど、まずは下のコメント欄にてお願いします。「朱美さんに是非出資をしたい!!」みたいに、個人的なものに関しては管理人宛てにメールをいただければ本人に転送いたします。
*コメント欄に記入の仕方がわからない方は右のカテゴリー♪コメントの残し方をご覧下さい。
[PR]
【名前】賀川 倫子カガワノリコ

【生年月日】1977年3月11日

【出身地】愛知県名古屋市生まれ、東京都江戸川区西葛西育ち

【フランス滞在歴】5年

【現在住んでいるところ】ボルドー

【生活手段】現在レストランでバイト中

【活動】学生

【家族構成】フランス人の彼氏

【何故フランスにいる?】最初はパリで語学留学。今は彼と住んでるので。

【フランスの好きなところ】自分の意見を主張できるところ。

【フランスの嫌いなところ】いいかげん(でも、そのおかげでたまに得したりす
る)、道に犬のフンがいつもある

【好きなフランス料理・食材】マグレ ドゥ キャナール、バター、ガトーショコ


【嫌いなフランス料理・食材】ブダン ルージュ(こういう名前だっけ?ソーセー
ジなんだけど)アンドゥイュ 

【今後の予定】就職または研修、ガイドも興味ある。

【今欲しいもの・したいこと】欲しいものは、机と、デジカメ。 

【その他】10月に“FLEURS DE NEIGE” という絵本がフランスで発売されます。

フランス人が作った中世日本を舞台にした物語。主人公の女のコの絵のモデルをしたので、本屋さんでみてください。
その他、たぶん10月か11月にボルドーのユートピアで上映される“テオ ポール”という短編映画にもちょっとでました。かたつむりのポールと、ポールを愛する人々のお話。日本に住む配給会社の方々、コンタクト待ってます。監督、日本に行きたがってるので!

フランスで生活する日本人シリーズ第2回目に登場ののりちゃんこと賀川 倫子さん。現在、ボルドーでバイトをしながら真剣に勉強中。質問、励ましのお言葉、ファンレターなど、まずは下のコメント欄にてお願いします。「のりちゃんにお嫁に来て欲し~い!!」みたいに、個人的なものに関しては管理人宛てにメールをいただければ本人に転送いたします。
*コメント欄に記入の仕方がわからない方は右のカテゴリー♪コメントの残し方をご覧下さい。
[PR]
【名前】関根 康之 (セキネ ヤスユキ)

【生年月日】1972年8月29日

【出身地】 東京都 北区

【フランス滞在歴】3年

【現在住んでいるところ】ボルドー

【生活手段】現在求職中

【活動】ワインの勉強…実はのんだくれ

【家族構成】一人

【何故フランスにいる?】ぶどう畑を実際にこの目で見たかったのと現地でワインを味わってみたかった。それがはや3年。

【フランスの好きなところ】時間の流れが緩やかなところ

【フランスの嫌いなところ】犬の落し物が多い(よく踏むんで)

【好きなフランス料理・食材】とりあえずなんでも

【嫌いなフランス料理・食材】嫌いじゃないけど苦手なもの SUZU

【今後の予定】ボルドー以外のワインの産地を回る

【今欲しいもの・したいこと】日本で温泉に入りたい。ラーメン、焼肉、おいしい刺身が食べたい。

フランスで生活する日本人シリーズ第1回目に登場のやすさんこと関根さん。現在、真剣にボルドー醸造大学で勉強中。質問、励ましのお言葉、ファンレターなど、まずは下のコメント欄にてお願いします。「あたし関根さんのところにお嫁に行きた~い!!」みたいに、個人的なものに関しては管理人宛てにメールをいただければ本人に転送いたします。
[PR]
フランスにはいろんな日本人が生活しています・・・

男性が凄く少なく、う~ん・・・フランスは女性向きの国なのかといつも思わせます。


最近、メールで何人かの日本にお住まいの方から以下のような質問をいただきました。・・・・

-フランスに住む日本人は何を考えてるの?
-どんな暮らしをしてるの?
-日本男性はモテる?
-どうやって、生活してるの?

まぁ僕がお話しするよりも、現在フランスで生活している人たちからの生の声(音は有りませんが・・・)をと考えて、新しいカテゴリー【♪フランスで生活する日本人】を作りました。

内容はこんな感じです・・・


【名前】

【生年月日】

【出身地】

【フランス滞在歴】

【現在住んでいるところ】

【生活手段】

【活動】

【家族構成】

【何故フランスにいる?】

【フランスの好きなところ】

【フランスの嫌いなところ】

【好きなフランス料理・食材】

【嫌いなフランス料理・食材】

【今後の予定】

【今欲しいもの・したいこと】

【その他】

不定期ですが、乞うご期待のほどを!!
[PR]