カテゴリ:■今日の1枚( 26 )

a0008105_183825.jpgまだまだ春は遠いのかな、?
[PR]
a0008105_193322.jpg
昔はほとんどのキャフェにあった地下室にモノをおろすリフト。(もちろんモノも上げますが、、、)
これを始めてみた???と言うか初めて体験←。
→友達と真剣にキャフェで討論してたとき、いきなりギャルソン(最近この言葉はほとんどパリのキャフェでは死語になったみたいに思いますが、、)がちょっと席を立ってくれるって?
ん?
席を立った瞬間、下から何かが上がってきました。
もう感激。上部アーチ部分で床が持ち上がり、その部分で降りるときもゆっくり床のタイルを割らずに降ります。
すげぇ~!!
昔のフランスには工夫がありました。トイレの鍵を閉めると電気がつくキャフェのトイレ。電気のつけっぱなしはありません。始めは分からずトイレの個室でスイッチを探しおっしこをもらしそうになりましたが、、、。(笑)
ジュトン(プラスティクまたはメタルでできたコイン)で利用する、電話、有料トイレ。
これを使えば、料金を値上げするときいちいち機械を変えずにすみますよね!
あなた方は偉かった!
んじぁ、今は?いまいちですね、、、最近。
[PR]
a0008105_19615.jpg
ふーん。
君らは並んでまであんな高いお菓子を食べるのかって?ついつい、、、、。
日本では既にお店を持っていた、ピエール・エルメのパリ店がオープンしました。
一度は試してみようと思いながら1年以上経ちます。
高級なお菓子もいいけど、田舎の忘れ去られたようなお菓子屋さんの手作りの洋ナシとチョコレートの粒々がはいっているキャトル・キャールが好きです。
最近日本を意識した、ケーキ屋さん、料理人が多いなぁ~。見かけが上品できれいなのはいいけど、量がだんだん少なくなるみたいだな。
エスコフィエの学校でお菓子を勉強してる人たちの悩みは材料費をいっぱいかけて、せっかく作ったお菓子を食べきれなくて捨てるんですって!
ぼくの友達は毎週決まった日にその学校で勉強している友達のウチにお菓子をもらいに行っているそうです。
[PR]
a0008105_91637.jpg
最近サンジェルマン界隈の市場はだめになりました。昔はBUCI通りの市場に毎日買い物に行っていましたが、今は一軒のスーパーマーケット以外は観光客向けの高級食料品店ばかり。
パリ人がどんどん近郊に追いやられていく!
屋内常設の市場はいまいち好きじゃないけれど、最近は近いのでマルシェ・サンジェルマンというコマーシャルセンター&市場で買い物をする。
1つだけうれしいことは、この市場の中で日本人の人が頑張って和菓子を作っている。和菓子が大好きな僕達にとってはラッキー!!先日桜餅を食べて急に日本が恋しくなった。桜餅1個2ユーローでした。
[PR]
a0008105_9110.jpg友達がこの町にいっぱいいます。キャフェがたくさんあって散歩が楽しい活気のある港町。時々、車で遊びに出かけます。
以前パリの友達でものすごく腕のいい料理人を招いてこの町で日仏交流会主催の日本料理実演会が催されました。大成功に終わったのですが、その後この友達がスタッフに作ってくれたバッテラ、ウナギの蒲焼、キノコご飯はいまだに忘れられません。
[PR]
a0008105_7275.jpg
ハッキリいってこれにはやられました。圧巻!ゼッカン!唖然!!痴漢!!違う違う、、、、とにかく素敵でした。寒さを忘れて呆然と立ちすくんでしまいました。
[PR]