カテゴリ:【街角の学校ECOLE】( 13 )


▼国際学力調査 日本は全分野で学力改善

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131203/k10013550561000.html

▼Pisa : non, l'ecole francaise n’est pas si nulle

http://tempsreel.nouvelobs.com/education/20131202.OBS7846/pisa-non-l-ecole-francaise-n-est-pas-si-nulle.html

▼La France 25e du classement Pisa : pourquoi il ne faut pas (trop) paniquer

http://www.francetvinfo.fr/societe/education/education-la-france-tombe-a-la-25e-place-du-classement-international-pisa_473274.html



▼VIDEOS. L’ecole francaise classee au 25e rang mondial, tout juste dans la moyenne

http://www.leparisien.fr/


▼Classement PISA : la France championne des inegalites scolaires
http://www.lemonde.fr/





▼Corruption en France: "Le niveau de defiance des citoyens monte"
En savoir plus sur http://www.lexpress.fr/actualite/politique/corruption-en-france-le-niveau-de-defiance-des-citoyens-monte_1304800.html#Yz5JLDkTCjJYrEYz.99


http://www.lexpress.fr/actualite/politique/corruption-en-france-le-niveau-de-defiance-des-citoyens-monte_1304800.html


▼Etude Pisa: la France decroche
http://www.bfmtv.com/societe/etude-pisa-france-decroche-659060.html


▼INFOGRAPHIE. Pisa 2012: les performances de l'ecole francaise depuis 2000
En savoir plus sur http://www.lexpress.fr/education/infographie-pisa-2012-les-performances-de-l-ecole-francaise-depuis-2000_1304700.html#qhVwZJpK0X3XA4uM.99

http://www.lexpress.fr/education/infographie-pisa-2012-les-performances-de-l-ecole-francaise-depuis-2000_1304700.html



【街角の学校ECOLE】 関連記事


【学校ECOLE】関連記事




▼仏エリートは大学なんて行かない!? 日仏で異なる教育事情

http://www.excite.co.jp/News/


▼フランスの教育制度
http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/4786-education-system-in-france.html


▼フランスの教育
http://ja.wikipedia.org/wiki/



フランス在住ブロガーが発信する現地情報満載のブログランキングへどうぞ!
ジモモ パリ

>>More【今日のキニナル】

[PR]
■宿題は家庭教育の自由を侵害?フランスで今、小学生の宿題をめぐる論争が盛り上がっている。その発端は、フランス最大の保護者団体が2012年3月に行った、2週間の「宿題ボイコット」。宿題は子供にとっ...


『宿題が家庭学習の要とされる日本から見ると、こうした議論は奇妙に思える。だがその背景には、フランス革命以来の公教育に対する考え方があると、中央大学文学部の池田賢市教授は指摘する。
「フランスの公教育の大原則は、『公私の明確な区別』と『知育中心主義』です」と池田教授は言う。学校は公的領域、家庭は私的な領域であり、それぞれの場での教育は別のもの。その結果、学校の宿題が家庭の時間に侵入するのは、公による私の自由の侵害ということになる。また、知育は教師という専門家が行ってはじめて質を保証できるもので、家庭は家庭でしかできない徳育に集中するべきだ、とも考えられている。』

http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20130210/President_8598.html




【学校ECOLE】関連記事




▼仏エリートは大学なんて行かない!? 日仏で異なる教育事情

http://www.excite.co.jp/News/


▼フランスの教育制度
http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/4786-education-system-in-france.html


▼フランスの教育
http://ja.wikipedia.org/wiki/



【PRESIDENT プレジデント】


[PR]


PHOTO:2012年6月15日18時・・・
P3150443
P3150443 posted by (C)naoparis

P3150445
P3150445 posted by (C)naoparis

P3150446
P3150446 posted by (C)naoparis

17世紀・・・
Sorbonne_17thc
Sorbonne_17thc posted by (C)naoparis



【学校ECOLE】関連記事





【街角の学校】フランスの教育制度(FRANCE)


【SORBONNEソルボンヌ】関連記事

【ソルボンヌ界隈】関連記事


【ソルボンヌ広場】関連記事

【鳥】都会の鳥たち・・・(PARIS)


【ECOLE学校】関連記事

【ソルボンヌ大学フランス文明講座COUR DE CIVILISATION FRANCAISE DE LA SORBONNE 】関連記事


【学校】ソルボンヌ大学フランス文明講座COUR DE CIVILISATION FRANCAISE DE LA SORBONNE



【学校】ソルボンヌ大学フランス文明講座COUR DE CIVILISATION FRANCAISE DE LA SORBONNE(2)



■ソルボンヌ広場PLACE DE LA SORBONNE PARIS



【TABAC DE LA SORBONNE】関連記事



【PLACE DE LA SORBONNEソルボンヌ広場】関連記事

【Inalco-Pôle des langues & civilisations】

【Pole des langues et civilisation】INALCO、Universite Paris Diderot(Paris)


■INALCO野外講義(PARIS)

■INALCO野外講義(PARIS)


【ソルボンヌ大学フランス文明講座】ディプロムおよび修了証書授与式

【学校】ソルボンヌ大学フランス文明講座COUR DE CIVILISATION FRANCAISE DE LA SORBONNE(2)


【学校】ソルボンヌ大学フランス文明講座COUR DE CIVILISATION FRANCAISE DE LA SORBONNE


▼PHOTO画像を【フォト蔵】で見る


▼PHOTO画像を【Picasa】で見る


▼PHOTO画像を【imgbox】で見る




▼大学
http://ja.wikipedia.org/


▼Université
http://fr.wikipedia.org/


義務教育は6歳~16歳(初等教育準備科より中等教育前期課程終了まで)、学年制度は小・中・高で5・4・3制となる。

http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/TOKO/world_school/05europe/infoC53600.html▼フランスの学校情報(平成23年3月更新情報)
http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/




▼フランスの教育制度1~義務教育から大学まで
http://www.rui.jp/


▼フランスの高等教育制度(概要と近年の改革)
http://www.ambafrance-jp.org/



▼LMD制度とフランスの高等教育機関の紹介
http://www.ambafrance-jp.org/


▼フランスで学ぶ
http://www.japon.campusfrance.org/ja/Rubrique/



フランスでは高等教育機関の年間登録料は国家が定めており、2010-2011 : 学年度の登録料は以下の通りでした。
- 学士課程 :174 ユーロ
- 修士課程 :237 ユーロ
- 博士課程 :359 ユーロ
- 工学系グランゼコール :564 ユーロ

▼総合大学と PRES(高等教育・研究機関コンソーシアム)
http://www.japon.campusfrance.org/ja/node/13504



▼フランスの大学と受験システム:VIEWS 2010年夏号(第22号)掲載

http://www.wjwn.org/views/


▼フランスの高等教育制度と大学の設置形態
http://www.zam.go.jp/n00/pdf/ni007005.pdf



▼フランスの大学にいくには?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0702/192136.htm


フランスの博士号 :


フランスの博士号(仏: doctorat)は、国家による学位である(教育機関による学位ではない)。それを保証する国家免状 (diplôme national) は、大学、その他の認められた高等教育機関によって国家の名のもと発行される。博士号の取得に関する詳細は法令により定められている。取得のための修学期間は、標準で修士(仏: master)取得後3年間である。その間に得られた研究成果をまとめた博士論文(仏: thèse de doctorat)を提出し、審査に合格することにより取得できる。

博士論文の審査は、報告者(仏: rapporteur)による論文の審査と、その後の審査会(仏: soutenance)からなる。報告者は、2名以上の博士論文指導資格(仏: habilitation à diriger des recherches)を持つ学外の当該専門領域の研究者であることが義務付けられている。そして、この報告者がそれぞれ別々に報告書を書き審査会に進めるかどうか決定する。1名でも反対があれば、審査会は開けない。また、審査会は、原則的に一般公開であり、3名から8名の審査員(仏: jury)もまた半数以上が学外の研究者でなければならない。この審査会を取り仕切るのは、プレジダンと呼ばれる博士論文指導資格を持つ大学教授もしくはそれに相当する研究者である。審査過程において、博士論文の指導教官は一人の審査員でしかなく、博士号授与の決定権は小さい。また、学外の研究者を多く取り入れることにより博士号の質を保つとともに、研究成果をその分野の著名な研究者に周知できる工夫がなされている。

ここで述べた博士号は学術的な研究に対するものだが、医学、歯学、薬学、獣医学における専門職の技能習得に対して授与される医師国家免状 (diplôme d'État de docteur) にも「博士 (docteur) 」の語が用いられる。


▼博士
http://ja.wikipedia.org/




▼フランス高等教育・その四
http://zanputsuken.free.fr/takemaru/200201.htm


【バカロレアBAC】関連記事



imagebam.com imagebam.com imagebam.com



【アメリアAmelia】翻訳に関わるすべての人を応援する翻訳者ネットワーク



『フランス落書き帳』今日も訪問ありがとうございます!応援クリックをポチット⇒の後、フランス在住ブロガーが発信する現地情報満載のブログランキング『パリ生活情報』へどうぞ!

>>【今日のキニナル】

[PR]