最近市ウチのテラスに絶滅寸前の鳥が出没したのは4月1日にお伝えしました。カタツムリがこの鳥によって全滅寸前になるところをイギリスからbuhikon丸が助けに来てくれました。
ウチのカタツムリの親分はヘミングウェイと同じ名前でエグネスト(フランスでの呼び方)といいます。※動物欄参照
救世主をご覧になる場合はリベンジをクリック後、文化の違いをクリック!
[PR]
a0008105_19524.jpg日本ではあまり知られていませんが、ボルドー(正確にはアルカッション)の牡蠣生産は有名です。フランス国内需要の元になるチビ牡蠣の約70パーセントを供給しているそうです。
ほぼ1年中食べられますが、やはりRのつかない月(4,5,6,7,8、9月)の牡蠣はミルキーで僕の好みではありません。

この写真のプレゼンテーションは全然素敵ではありませんが、とりたての新鮮な牡蠣9個+白ワイン+パン+海を見ながらのロケーションで6ユーロー(750円くらい)は安いですよ!

この地方では焼いたソーセージと食べることが多く、牡蠣も赤ワインと楽しめます。ウチでは魚介類料理の時でも赤ワインです。
[PR]
a0008105_19379.jpg今回は面白いパンです。

こんななパンは初めてでパリでは見たことありませんでした。
最近はどうか知りませんが、昔、パンを買いに行かされた子供のご褒美はパンの先っちょを食べてもいいと言うもので(僕は個人的にはこの先っちょ・パンの耳はあまり好きではありませんが...)この先っちょは結構奪い合いの対象になるくらいの宝物なのです。
このパンは先っちょが4ツ!!楽しみが4倍になります。
[PR]
フランス語を知らなくてもパリのキャフェで「新聞くれ~!」って言うと、ギャルソン(←最近どうやらこの言い方はフランスにおいて死語のようです。ただシルブプレ!ムッシュですね。)が来てくれます。

僕の友達の日本に住んでいるスイス人は、喫茶店でサービスの人を呼ぶ時「マルセル笑え!」とフランス語で言うと直ぐに来てくれます。フランス語が分かる人にはスリーマルセルと聞こえますが、フランス語を知らない人にはスミマセンと聞こえるらしいです。

フランスで笑われる日本人の名前がいくつかあります。
① FUMIE
② NAOYA KISHI
③ TAKAFUMI
④ YAMAMOTO

① の場合は、肥溜め。
② の場合はNAOYA(この際NAOYAが問題ではありません)がウンコするになります。
③ の場合は、タバコを吸いなさい!
④ の場合は、僕のオートバイがある。になります。

以前、日本のお客さんと食事をした時の話ですが、お会計する時にお店のスタンプをもらってくれません?と頼まれたので、「お店の人にタンポンをしてくれます?」と頼んだわけですが、このお客さん真っ赤な顔して「NAOさん!恥ずかしいです....。」と仰る。
「????」しばらく考えてから理解できました。
タンポンってあの?生理の時の?ですね。フランスでもこのタンポンと言う単語はそれをさす場合もありますが、領収書にスタンプを頼む場合はタンポンSVP!(SVP=シルブプレ=お願いします。)なんです。
[PR]
昔々、食費を稼ぐために“涙なしでのフランス語会話”と言う広告をパリの邦人向けのミニコミ紙に出したことがあります。

何人かの人から問い合わせがあり、毎週4・5人の人にフランス語の個人レッスンをしました。
その中に、とんでもない人がいて(彼とはその後友達になりましたが...)、1週間で使えるフランス語を教えて欲しいとの事。

僕もかなりいい加減(今でも?...)でしたから 、片っ端から簡単に発音が出来て、覚えやすいフレーズを覚えてもらいました。1週間後に彼は会社で人気者。この会社はすごくお堅い日系の会社で秘書も選び抜かれたフランス人のオキレイな女性。そこでこの人は、僕から学んだ俗語を連発!一挙に会社の雰囲気が変わったそうです。(どういう意味でかわったのかは知りませんが....)
ある日、彼は出張でパリからかなり遠い町まで車で行くことになったのですが、慣れないフランスの田舎道、木陰に隠れた信号が良く見えなくて信号無視をしてしまいます。不幸なことに“おまわりさん”に止められ身分証明書の提示を要求されました。(幸いにもこのときは俗語は使わなかったらしいのですが...)この“おまわりさん”彼が日本人であると気が付くや否や、「日本人を捕まえたのは初めてだ!!是非握手をしてくれ!」って。喜びのあまり、この“おまわりさん”は彼に「今度から気をつけるんだよ!」といって身分証明書を返してくれたそうです。
この体験にすっかりご機嫌になった友達でしたが出張の帰り道、突然自転車をこいでいた女性が車の前に割り込んできて危うく引きそうになりました。
彼は一瞬“まだ怒る時のフレーズを教わっていない!!”と思ったそうですが、何とか彼女にこの怒りを知らせたいと思った友達は窓を開けて「ジュテーム!!!」と思いっきり怒鳴ります。
自転車の彼女はいきなり転げそうになり、顔は真っ青だったそうです。


〔日本語の発音でそのまま通じるフランス語の紹介〕

オララ   oh la la!   おやおや、いやはや的に使う
ブラブラブラ   bla bla bla べらべら喋ること          
ア・ゴーゴー à gogo ~する放題という意味合いに使う
パタティ・パタタ patati patata 長いおしゃべりとでも訳しましょうか
ブイブイ boui-boui とても上品とはいえない安食堂
ミック・マック mic-mac 陰謀、大混乱。ビック・マックではないす!
ギリギリ guili guili 人をくすぐる時に使う   
ピピ pipi おしっこ 
カカ caca うんこ
チンチン tchin-tchin 乾杯の時に使う
アイヤヤイ aïe aïe aïe ! イテテ!(痛い!)
[PR]