見つめてる。

こんなオヤジだったら若い女性も可愛いって一緒にお食事するのでしょうか?
[PR]
a0008105_22311.jpg
何だかタダ一言でかいな~!って。

最近この河岸がだんだんトレンディー(←これ死語ですか?)、晴れた日曜日はボルドー人のお気に入り散歩コースになりつつあり。
[PR]
a0008105_205847.jpgボルドーの街を散歩していると、突然こんなものを発見します。
昔からの町並みをかなり残しており”発見”があります。
[PR]
いつか住みたい理想の住まいは?
若くして何も分からないままパリに住み始めた。アリアンスフランセーズの寄宿舎を筆頭に5・6軒変わっただろうか?
今のウチは,昔ヘビースモーカーだったので毎日午前2時まで営業しているドラッグストアーが近いという理由で決めた。(1980年代のパリは昼休みで閉まる店、日・月閉まる店、バカンスで1ヶ月閉まる店が普通だった)
住み着いてすでに20年。ドラッグストアーは売られてアルマーニの店になった。僕もタバコを止めた今、ここにとどまる理由はない。(←これは嘘です)
ここは狭くて日当たりが良くないが交通・買い物がしごく便利で真夜中でも女性ひとりで歩ける界隈。大好きなリュクセンブルグ公園も近い。ルーブル、オルセー美術館も歩いていける。セーヌにかかる大好きな芸術橋、ポンヌフも近い。キャフェもいっぱいある。僕の馴染みのキャフェは24時間営業。これはパリではけっこう珍しい。
本屋も近くにまだまだかなり残っているし画廊もたくさんある。
パリの住人は(政治みたいに)右岸派と左岸派がいるが、僕は左岸派。右岸は落ち着かない。
ボルドー/パリを行ったり来たりして8年。最近考え方が変わった。ボルドーのウチにはバルコニーとテラスがあり、キャフェのテラスには日曜のミントティーをアラブ街に飲みに行く以外はほとんど行かなくなってしまった。
以前は1日に2・3回も珍しくなかったのに、、、。家賃はほとんど一緒なのに、パリのウチはボルドーの玄関分しかない。
ボルドーは夏は海(車で40分)秋はキノコ狩り(もちろんタダ)パリでは手に入らない安くておいしいワインがいっぱい。映画館も安い。いいコンサートもたくさん。スペインも近い。
街自身がパリみたいに大きくないのでほとんど歩きで事がすむ。人が少なくボルドー市内に住む人は、パリの15区の人口くらい(パリは1~20区まである)
気候は東京にかなり似ている感じがする。パリより湿気が多い。水はパリより石灰分が少ないと毎日飲んでいて感じる。
長々と書き連ねたが、さて何処に住みたいかと考えると、、、、
海が近く、自然があって、文化面も遅れず物価が安く、でっかいキッチンとでっかい風呂場(できればお風呂に浸かって海が見える)、アラブ式庭園(アルハンブラ宮殿のライオンの泉みいたいな)2階建てで半分が吹き抜けのウチにすみたいな~。
[PR]
a0008105_103527.jpg
ここは何処でしょうか?そして何処から撮ったのでしょうか?
[PR]