タグ:バリアフリー ( 10 ) タグの人気記事



【フランス】【義手】【3D】Le jeune Maxence a recu sa prothese, un moment emouvant pour ses parents子どもに「スーパーヒーロー」の義手、3Dプリントで活用広がる@afpbb.com




【MADE IN JAPON】【exiiiイクシー】【筋電義手handiiiハンディ】 日本のExiiiが、この驚くほど柔軟な筋電義手を作った | TechCrunch Japan@jp.techcrunch.com【Google+】義手はファッションだ──かわいそうを覆し、かっこいいを追求するexiii | サイボウズ式@cybozushiki.cybozu.co.jp




【kibidangoきびだんご】日本のクラウドファンディング




【Fauteuil roulant electrique 電気車椅子】Ce fauteuil electrique pour handicape monte les escaliers@Francetv info

【Projet Scalevo プロジェクト】階段が上がれる車椅子Ce fauteuil electrique pour handicape monte les escaliers@Francetv info





【Topchair】階段が上がれる車椅子Un fauteuil roulant electrique MONTE-MARCHES




このブログは現地発信の役に立つ情報がいっぱいのjimomoパリに登録してます。下記応援バナーをぽちっとクリック、フランス在住ブロガーが発信する現地情報満載・現地での話題満載、現地に住む人に質問する掲示板も充実・・・・のブログランキングポータルサイトへどうぞ!
ジモモ パリ

>>More【今日のキニナル】
[PR]


【VIDEO】【フランス】【バリアフリーBarrier free】【フランスのバリアーフリー事情】Les handicapes deplorent le manque d'accessibilite en France@Francetv info





【バリアフリーBarrier free】関連情報

>>More【今日のキニナル】
[PR]
今日は、銀座で夕食のはずだったこういう書き出しで、作家の乙武洋匡さんがツイッターでつぶやき始めました。銀座で好評のイタリアンレストランに予約し、行ってみると、入店を拒否されたというのです。「車い...


▼乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました

http://kasakoblog.exblog.jp/20523301



▼イタリアン入店拒否について

http://blogos.com/
[PR]












▼Semaine du chien Guide
http://www.semaine-chiensguides.fr/


Chiens Guides Paris

105, Avenue de Saint-Maurice - 75012 PARIS
Tel: 01 43 65 64 67 - Fax: 01 43 74 61 18

Dimanche 30 septembre

10h : Ouverture des portes
11h : Remise de medailles aux chiens guides retraites
14h a 16h : Demonstration de travail par les educateurs

▼Les ecoles盲導犬学校
http://www.semaine-chiensguides.fr/ecoles.php

▼Ecole de chiens guides pour aveugles et malvoyants de Paris
et de la region parisienne

http://www.chien-guide-paris.asso.fr/

▼La Federation Francaise des Associations Chiens guides d'aveugles (F.F.A.C.)
http://www.chiensguides.fr/site/accueil/index.php

▼1ere semaine des chiens-guides pour 3 millions de Francais
http://informations.handicap.fr/


▼Chien guide d'aveugle

http://fr.wikipedia.org/

▼盲導犬




▼盲導犬の里 富士ハーネス





盲導犬の里:富士ハーネス
http://www.fuji-harness.net/




【盲導犬の里:富士ハーネス】 (09/24)

【盲導犬サポートSHOP】


【サロンSALON】MONDIAL DE L'AUTOMOBILE 2012 国際自動車見本市パリモーターショー(PARIS)






【格安海外ホテル予約のオクトパストラベル】秋旅応援キャンペーン実施中! 9月28日まで




フランス在住ブロガーが発信する現地情報満載のブログランキング『パリ生活情報』へどうぞ!


[PR]
まわりの雑音がうるさくて・・・
なかなか聞きとりにくいですが・・・目の不自由な人のための音声ガイダンス信号。
もっと増えるべきだと思いますが・・・ モベール界隈(パリ)で。

a0008105_18381193.jpg



動画VIDEO 

【信号】関連記事 

【バリアフリー】関連記事 

【モベール界隈】関連記事 
[PR]



秋のスポーツ週間(身体障害者、ボルドー)
秋のスポーツ週間(身体障害者、ボルドー)




秋のスポーツ週間(ボルドー)
秋のスポーツ週間(ボルドー)

[PR]
今までは、買い物(食料品)はウチの近くの個人商店かオーシャンだったのですが・・・

今回、パリの延長みたいでモノプリにちょくちょくお世話になってます。サイズが大きくなくレジも比較的すいていてストレスがたまらずまずまず。

僕の日常生活においてもっとも苦痛なのはスーパーのレジ。ウチの彼女と一緒のときは全然大丈夫なのですが、パリなどで独りでの買い物で一番ストレスがたまるのはスーパーのレジ。

日本みたいに買い物したものを別の場所に持っていって袋に入れる・・・こんな感じならいいのですが、ハイパー以外はその場でお金を払いながら買ったものを自分で袋などに入れるのですが、前に人のことをぜんぜん考えていない人や、ドンくさい人がいたら最悪!

前の人の買ったものと自分の買い物と混じりそうになるは、後ろににも当然、次の人が待っているのでいらいらもの。

レジの人によっては袋に入れるのを手伝ってくれる人もいるのですが・・・


僕の場合は、なるべく少量の買い物にして、財布からお札を出しておいてジーンズのポケットに入れてスーパーに向かうというトンでもない儀式が必要なわけです。(長生きできないよ~困難じゃ。)


後ろの人がいくら並んでいても、ゆっくり買ったものを袋に入れて、お金をこれまたゆっくりきちんと細かいコインを混ぜて出させる人はすごい!っていつも感心します。


今回、買い物のストレスを書くつもりではなく・・・随分と前置きが長くなりましたが・・・あまりの暑さに "涼"を少しでも得るために、ミントシロップと炭酸水を暑い暑いと文句を言いながらたどりついたスーパーでとんでもなく恥ずかしい思いをしたことをお伝えしたかったのです・・・


今回の買い物はかなり少量、ほとんどきちんと払えるだけのコインをジーンズのコインポケットに用意しておき・・・

前の客はすごっくチャーミングで、いい感じ。

ベルトコンベアの上に自分の買い物を置いた際に、彼女がこれ!はい!って(自分の買ったものの最後に置く(仕切る)バトンをにっこり微笑みながら手渡され・・・この段階で、気分はかなりよく、ストレスはゼロ(不思議なもんです・・・)


レジの女性も珍しく明るくいろいろ会話をしながらもてきぱきバーコードを読み取って・・・

僕の番で・・・

支払いをするときに、レジの女性が胸に珍しいバッチをしているのに気が付きました。

バッチは、耳のデッサンに斜め線のピクトグラム。

「あの~あなたは手話ができるのですか?」って尋ねたら、「3つの言葉をが喋れるわ!でも(自分の耳を指差して、これがないと原爆が落っこちてきても何にも聞こえないの・・・」

もうダメ!

暑いやら、レジでストレスがたまるやら・・・文句ばっかいっている自分がものすごく恥ずかしくなりました。ショック!!

10数年前に読んだ本なのでかなり記憶がいい加減ですが・・・
たしか、カーネギ・ダル(カーネギホール創立者・鉄道王アンドリューの息子)の本だったという記憶。

倒産寸前の会社の社長が銀行へ借金を頼みに行って断られ、ガックリしながらボロボロになった自分の靴を眺めて、「なんだ、俺は、靴すらろくすっぽ買えず、謝金も出来ない・・・」

靴を眺めて文句をいっているそんな時、坂道からとんでもない勢いで降りてきて、いきなり「おはようございます!今日もいいお天気ですね!」とある青年に声をかけられます。

なんだあの脳天気野郎!とふと通り過ぎた青年を見やったときこの社長は愕然とします。

この青年は下半身がなく、滑車をつけたボードに乗って、両手でこのボードをこいでいたんです。

靴がない、靴がないとしょげていたこの社長、この日から人生観が変わったそうです。


僕は?

いやぁ~文句・愚痴を少なくしようと思っています。

ボルドー市内のモノプリ
a0014299_22291743.jpg



パリのモノプリMONOPRIX(サンジェルマン)





【参考サイト】
バリアフリー-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ユニバーサルデザイン-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
[PR]
モンパルナス駅(パリ)がバリアフリーモデルステーションになったとニュースで何度か聞いていたので、ウチの彼女を駅に送る機会に見てきました。

パリモンパルナス駅はボルドーに行くときに使う駅ですが、これから視聴覚が不自由な人、移動に車椅子が必要な人のためにいろいろ改良・改善していくようです。

a0008105_4261516.jpg


特別インフォーメーションセンターが設けられていました。

a0008105_42656100.jpg


a0008105_4283726.jpg


a0008105_4291085.jpg


a0008105_4294080.jpg


いまいち、まだ準備段階で、実際に何がどう変わったのがよくわからなかったのですが、これからの改善に期待したいところです。

【関連サイト】
http://www.sncf.com/actu/actuAccessibilite.htm


街角で初めて見かけた車椅子で利用できる公衆便所。少し大きめに段差をなくした使い勝手の良いトイレをもっと沢山設置してほしいですね。

a0008105_4301173.jpg

車椅子で利用できるキャッシュディスペンサー
a0008105_432294.jpg

PC専門店のエントランス。車椅子利用者用の特別エレベーターが設置されています。

この他、パリではあまり行かないので現状はよくわかりませんが、ボルドーでは特別リフト、車椅子で利用できる大きなスペースのトイレを設けている大きな映画館が増えました。因に僕の好きなIKEAもエレベーター、トイレも車椅子で利用できます。
a0008105_4403434.jpg


【関連記事】
■フランス、バリアフリー事情




【バリアフリー関連サイト】
-http://www.pidf.com/page/p-161/art_id-454/

-

-http://www.infomobi.com/

-http://fr.parisinfo.com/rub4576.html&id_article=14571

フランスで唯一、真っ暗なレストラン
http://www.linternaute.com/restaurant/restaurant/2176/dans-le-noir.html
詳細は『フランス美食村』で!



Copyright © 2006 All Rights Reserved画像・文章の無断転載転用を禁止しますAll trademarks and copyrights on this page are owned by naoparis.
[PR]

先日、散歩していて気がついたパリの街角(ソルボンヌ界隈)の公衆電話・・・




車椅子を使って移動している人たちが利用しやすいようにドアなし、高さも通常より低く設置されてます。

いつも思うのですが、公衆電話、キャッシュディスペンサー、郵便ポストなどの位置が高すぎて身体障害者が利用する事が出来ないのは何故?って。最近、ボルドーの街角では、車椅子の高さに合わせたキャッシュディスペンサーを見かけるようにはなりましたが、一般的ではありません。

その他の事を考えたら、それはそれは信じられないくらい不便なんでしょうね。歩道に放置されたゴミ箱、歩道に乗り上げて駐車している車、放置された犬のウンチ・・・一日車椅子体験デーをもうけたら少しは認識が変わるかもです。(もちろん、僕を含めて)
最近、田舎のウチの彼女のおばあちゃん(最近、車椅子のみでしか移動不可能になってしまいました)の車椅子を押していて、かなりの不便さを感じましたが、毎日体験している人は切れそうでしょうね。

先日、エキサイトブロガー、パン大好き・フランス大好き人間のkinoさんからバリアフリーのトイレ事情について質問をいただいたんですが、全く現状を知らずで、いろいろ調べてみましたが、kinoさんご本人の方が情報が早く、ブログで『フランス存在日記』のexmouthcocoさんからの情報HPアドレスを掲載されていたので覗いてみました。


『日本は法律改正のお陰でここのところ綺麗なバリアフリートイレがあちこちに出来てきた。お陰で安心して出かけられる所が増えた。といっても私は車椅子使うようになって2年なのでそれまでどんな風だったか全く知らない。自分や周りの人がならないとこういう事って気にも留めないんだろうな~自分も反省。ネットで見たけどあまりにも情報が無いのでフランスに住む方のブログを通して厚かましいと思いつつ質問させて頂いた。そしたら調べてお返事下さったのです。朗報は無いけれどそれだけで何だかフランスに一歩近づいたような嬉しい気持ち!!cocoさん有難う!!!・・・
*http://www.chez.com/wcpublics/
後日cocoさんが調べて下さった簡単に車椅子トイレの場所が検索できるHPです。(フランスのです)』
【フランスに行くためには】by momocyokoから

kinoさんが紹介してくれたサイト
http://www.chez.com/wcpublics/(公衆便所所在地)は非常に良く出来ていて感心。
villesと記載されている検索窓の横のボタンをクリック、探したい都市名を表示させてクリック。

パリ6区を検索しました・・・
(1) 186, boulevard Saint-Germain
(2) Place Alphonse Deville face 52, boulevard Raspail
(3) 85/87, boulevard Raspail (Accès personne à mobilité réduite.)
(4) 17, rue du Four
(5) 129/131, boulevard Saint-Germain
(6) 89/91, place Henri Mondor
(7) 2 Place St Michel en projet
(8) 75, boulevard Saint-Germain
(9) 40 boulevard St Michel en projet
(10) 73/75, boulevard Saint-Michel
(11) 84, boulevard Saint-Michel Place E.Denis

バリアフリー(Les accès pour personnes à mobilitées réduites.)のトイレ(公衆便所)は一カ所のみでした。愕然・・・

kinoさんが一日でも早く、またパリに遊びに来られるよう応援します!!不定期ですが、いい情報があったらドンドンこのブログでご紹介します。


【参考サイト】
-パリ市のバリアフリーお役立ちページhttp://www.paris.fr/portail/Solidarites/Portal.lut?page_id=4947

下記のサイトでかなりの情報が得られます。
-http://www.infomobi.com/1.php


http://www.infomobi.com/page3.phpのページで車椅子で公共交通手段を利用するための資料をダウンロード出来ます。
http://www.infomobi.com/page5.phpのページで更に詳細(駅のエレベーター状況など)が掲載されています。
http://www.infomobi.com/page6.phpのページで、車椅子で利用できるタクシーリストが掲載されています。
【日本のサイト】
「to Universal Design from Barrir Free」http://web.sfc.keio.ac.jp/~s99433as/ud/index2.html
「to Universal Design from Barrir Free」(1) 身障者用トイレhttp://web.sfc.keio.ac.jp/~s99433as/ud/f050701toilet-handycap.html

[PR]
mardi 19 octobre 2004, "Accéder,c'est exister"

今日はフランス身体障害者(麻痺患者)協会デーune journée de l'Association des paralysés de France (APF)という事で、フランス70都市で車椅子の身体障害者がデモ。
"Accéder,c'est exister"アクセデ、セ エグジステ(車椅子でお店に入れる、映画館に入場できる、バスなどの交通機関を利用できる・・・事は人間として存在する事を認められたこと!)というスローガンを掲げてのデモ。

例えば・・・

パン屋さん、薬局、スーパーの入り口が狭くて車椅子で入れなかったり、階段やたったの一段が邪魔して車椅子で入れなかったり・・・・

APF(l'Association des paralysés de France )の調べによると・・・
22地方都市のうち公共施設への到達可能性(入場、入行、入園・・・)50パーセント以上は

3都市(Bordeaux、 Besançon 、Strasbourg) のみ

公共バスに関しては11,4パーセントのみが乗車可能、22地方都市のうち7都市は全く乗車不可能。

映画館の場合は、平均47,8パーセント、郵便局は70パーセントが車椅子で利用できるという数字が明らかにされました。
キャシュディスペンサーの位置が高すぎて車椅子の場合、全然操作出来なかったり・・・郵便ポスト然り・・・

このフランスにおいて身体障害者が1人間として社会に参加できる日はまだまだ遠いようです。

僕の父親方の祖父は生前俳人でしたが、30歳の時に失明して以来ずーっと名古屋の街を白い杖をついて一人で歩いていました。僕の母親が心配するのも気にせず、僕がまだかなり小さい時も彼と一緒によくバスに乗って出かけたものです。よくバスの運転手と祖父はケンカしていて子供だった僕にはさっぱりわけがわからなかったのですが、後で聞いたら、バスの運転手が僕の祖父は目が見えてるのに盲人の振りをしていると怒鳴ったそうです。祖父が盲人手帳を見せているのに見関わらず・・・・

パリに新しいタイプの映画館が出来ました!

a0008105_052480.jpg盲人のための映画館で、もちろん一般客と一緒に観るのですが・・・・盲人用にイヤホーンが渡され、映画のシーンを会話が途切れたときに説明してもらえるというものです。人間の配置、行動、顔の表情などもかなり詳しく・・・

a0008105_0523568.jpg耳が不自由な人のためにも定期的に字幕つきの上映がされています。
[PR]