牡蠣

a0008105_19524.jpg日本ではあまり知られていませんが、ボルドー(正確にはアルカッション)の牡蠣生産は有名です。フランス国内需要の元になるチビ牡蠣の約70パーセントを供給しているそうです。
ほぼ1年中食べられますが、やはりRのつかない月(4,5,6,7,8、9月)の牡蠣はミルキーで僕の好みではありません。

この写真のプレゼンテーションは全然素敵ではありませんが、とりたての新鮮な牡蠣9個+白ワイン+パン+海を見ながらのロケーションで6ユーロー(750円くらい)は安いですよ!

この地方では焼いたソーセージと食べることが多く、牡蠣も赤ワインと楽しめます。ウチでは魚介類料理の時でも赤ワインです。
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-04-02 19:53 | ■食 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/123787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beernoriko at 2004-04-02 23:44
(∩´∀`)∩キャー

牡蠣食べたい。
今日は宅飲みなんです、肴はイナダのお刺身。

750円って...
いいにゃー
つぼ八でまずい牡蠣でも1,200円ですよぉ...

さて次の肴は新潟で買ってきたげんげの干物にしようかな。
Commented by hiraidenaoya at 2004-04-03 00:30
beernorikoさん酒の肴がいっぱいでいいですね!今度お宅で一杯やりませんか?
Commented by lecanard at 2004-04-03 10:42
美味しそうな牡蛎ですね。。。。お腹が空いてきました。。。
Commented by hiraidenaoya at 2004-04-05 17:25
lecanard さんも”食いしん坊”なんです?