人気ブログランキング |

新しいフランス人・・・

先日、若い人たちばかりの夕食会に誘われて出かけました・・・

男性3人
女性2人

そして僕たち・・・

僕以外は全員フランス人。
平均年齢25歳。
一番若い女性が19歳。

この一番若い女性が主催で、料理は全部彼女(後日【フランス美食村】で食事の写真をアップしますが・・・)

全員かなりのヘビースモーカーで、洋服や体/髪の毛にしみ込んだタバコのにおいは翌日まで消えず・・・タバコ1箱5ユーローもするのに!(1ユーローは135円!みんなちゃんと仕事を持っている人たちですが・・・)

僕が昔、フランス人から「ワインは女性につがせるな!」と教わったのは見事に覆され・・・この一番若い女性が毎回みんなのグラスに・・・

料理は野菜スープに始まり、生ハム、レンズマメとベーコンの煮込み、チーズ、お菓子
飲み物は赤ワイン数本。食後酒にスミレ香料入りのウオッカ・・・そしてエキスプレス・コーヒー(エスプレッソ・コーヒー)

この彼女はある意味では特別かも・・・というのも・・・一度、夏にウチのテラスの夕食会に誘った時、「何も持ってこなくていいからね!」というのも聞かずに招待客5人分のお菓子とワインを持参。(ちゃんと仕事を持った大人ならともかく)19歳と思えない感覚です・・・

一般的に、大人(何歳から大人?って訊かれそうですが・・)の付き合いで友達/知人を招待する場合またはされる場合・・・

約束の時間より遅れて(15分くらい・・・)行くのがフランス流儀。

飲み物かお菓子またはお花を持参ですが・・・こちらから「何々を持ってきてくださいね!」は親しくてもあまり感心することではなさそうです。(お花は・・・菊は絶対にダメですよ!死者に捧げるお花ですから・・・鉢植えの菊以外に最近ではお墓に鉢植えのシクラメンを捧げる人が多いそうですが・・・)

一般的良識・常識を持った仕事をしているフランス人であれば、必ず何かを持ってきますし、何もいらないと言っても・・・やはり持ってきます。(たとえ何も持ってこなくても・・・ご招待してるわけですから・・・度々重なって不愉快な思いをしてるんだったら、次からは招待しければすむことですし・・・)

招待されたほうも同じで、「何も持ってこないでね!」といわれても絶対に何か飲み物かお菓子を持っていきます。
パリで時々見かける日本人同士の・・・材料費を皆で割って・・・これは結構フランス人はビックリします。(若い人たちの間では見かけるかもしれませんが・・・)

新しいフランス人・・・_a0008105_8531193.jpgレストランやキャフェでの支払いの時でも・・・

かならずと言っていいほど誰か一人が「今日は僕が払うよ!」なんて・・結構勘定の取り合いになっています。

僕の知り合いの女性のひとりで・・・計算機やらケイタイの計算機能で、食事代を割って「誰々さんいくらね!」ってやっているのを見て・・・大体のフランス人はかなり驚きます。(計算機を出すことからして・・・・)

僕は自分が食べたものを各自払うというやり方でいいと思ってますが・・・まぁ細かい支払い分担はスマートではないですよね。

4・5人で中華料理を食べに行ってひとりだけ前菜にスープを取って(人の料理を味見させて!といって)後でお勘定はきっちり人数分に割る人も性格を疑いますが・・・
by hiraidenaoya | 2004-11-04 09:04 | ■フランスを垣間見る | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1267460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。