世界で一番古いオーケストラの危機!!

【世界で一番古いオーケストラ】
・・・・「1881年に結成されたフランスのL'ORCHESTRE LAMOUREUXが財政困難で今度の日曜日のコンサートを最後に年末に解散というニュースを今日知りました。


Pablo Casals
Leonard Bernstein,
Clara Haskil
Seiji Ozawa
Arthur Rubinstein
Igor Markevitch
Charles Münch
Yehudi Menuhin
Isaac Stern
Maurice André
Jean-Pierre Rampal...

数え切れない世界の偉大なアーティストたちがこのオーケストラに関わって来ました・・・
最近では1993年からSADO YUTAKAがチーフ・コンダクターを務め現在に至っています。クラッシック音楽だけにとどまらないレパートリー・・・・団員の平均年齢は35歳と超若い世界で一番古いオーケストラ!年末までに奇跡が起こる事を祈ります・・・・


【日時】
Dimanche 5 décembre à 17h
12月5日(日)17時

【場所】
THEATRE DES CHAMPS-ELYSEES
15 av Montaigne, Paris 8°

【曲目】
Les Parapluies de Cherbourg
Michel LEGRAND

Menuet Antique
Concerto pour la main gauche
Pavane pour une Infante défunte
Maurice RAVEL

l’Apprenti Sorcier
Paul DUKAS

Paavali Jumppanen, pianoピアノ
Seikyo Kim, direction指揮

*l'orchestre lamoureux 公式サイト
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-12-04 00:23 | 【音楽MUSIC】 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1393103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ガーター亭別館 at 2004-12-15 19:08
タイトル : ラムルー管への補助
週末のLe Figaroによれば、パリ市は、運営の危機に陥っているラムルー管に対... more
Commented by ボーや at 2004-12-04 01:51 x
佐渡さんが首席指揮者になってから暫く経ちますが、就任当初から財政難の話はあって、佐渡さんも何かのインタビューで話していらっしゃいました。

とうとう、力尽きて、、、という事ですか。

ぼくの持っているハスキルのレコード(LPです)には、マルケビッチとラムルーとの組み合わせで入れた協奏曲が沢山あります。

あれだけ有名な団体が無くなるなんて、ちょっと信じられないです。
残念だな~。

12月5日のコンサートも、指揮者が、金聖響さんとか、佐渡さんといい、小沢さんといい、日本とも関係が深かったんですね。

会場のシャンゼリゼ劇場、この10月に3回程通ったので、なつかしいやら、さびしいやら、複雑な気持ちです。
Commented by hiraidenaoya at 2004-12-06 18:56
ボーや さん・・・相当な音楽ファンですね!^^
SADOさんとはボルドーのコンサートの後、お疲れなのところなの、快くに立ち話をさせてもらいました。ブザンソンのコンクールの後、一番最初に給料を貰ったのがボルドーだったそうで・・・それから、定期的にボルドーに棒を振りに来るそうです。義理/人情を忘れてない人!
NAO
Commented by ボーや at 2005-04-27 15:36 x
昨日、シャンゼリゼ劇場の来シーズンのプログラムが送られて来ました。

なんと、ラムルー管弦楽団のコンサートが4回予定されています。
未だ続いている様です。ホッとしました。
Commented by hiraidenaoya at 2005-04-28 16:54
■ボーやさん

いいニュースですね!!^^

よかったよかった^^

NAO