年末恒例のカレンダー

この時期になりと、郵便配達人、消防士、道路清掃人が各家にカレンダーを売りに来ます・・・


*カレンダーといっても小冊子になってます


ウチには何故か郵便配達人しか来ません。カレンダーといってもいろんな情報が満載され地図や暦、郷土料理紹介や動物物やら色々種類があります。値段は各自が決める・・・好きなだけ上げれいいのですが、いつもお世話になっている顔なじみの郵便人なので毎年、15ユーローでカレンダーを買わせて貰ってます。
消防士の場合は、最終的に集めた金額を配った人たちで分けるらしいですが、郵便配達人の場合は個人がそのままの金額を受け取れるそう。
・・・日本からの住所が違った手紙、大きくて郵便受けに入らなかった封書、引越しした後旧住所に届いた手紙・・顔なじみなので必ずちゃんと届けてくれる郵便人に今年も感謝です。

その他にアパルトマンの管理人にも"心づけ"を年末に渡します。ボルドーのウチのアパルトマンには管理人はいませんが、パリの管理人には年末に"ご苦労様"の印にétrenne(心づけ)を渡します。・・大体家賃の10パーセントが相場です。

最近格好よくなったフランスのポストマン・ルック

*防寒・防水に優れたフードつきコートです。

*丈夫で機能的なポストマン・バッグ
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-12-12 01:29 | ■フランスを垣間見る | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1424690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chosi_t at 2004-12-12 10:46
こんにちは。最近かっこよくなったということは
今まではあまりオシャレではなかったのでしょうか?
日本の郵便配達員の制服もちょこっとリニューアルしてますよ。
背中に「post office」と書かれた赤いジャンパーを着ています。
日本なんだから英語でかかんでもえーのにな、
日本語でかっこいいデザインにつくれないのかなと
いつも思います。
Commented by hiraidenaoya at 2004-12-12 19:43
昔はかなり・・・はい・・・ダサかったですね~
おまわりさん、駐禁を取り締まる女性係員等の制服はフランス有名デザイナーが担当していて定期的に替えてますが・・・

>背中に「post office」・・・そうですね!残念な事です!前回日本に行った時に感じましたが・・・アルファベット(特に英語)の看板標示の氾濫に驚きました!おじいちゃん・おばあちゃん・・・どうやって生活してるの?全然分からないでしょう?なんて心配したくらいです。

日本語(漢字も含め)大切にしたいですね!

NAO
Commented by aimee_b at 2004-12-13 16:08
本当に格好いいですね。それにしても、チップの国、フランス。
こういう方々が地道に小銭を稼いでいるんですね。
私も毎日届けていくれる郵便配達のおじさん(?)には
不在の時とかもお世話になってるので、「エクスパック」が出た時
にはお勧めされた通り買ってあげました。ノルマあったみたいで。
エクスパックご存知ですか?500円でかなりの量のものを
国内ならどこでも配送できる封筒です。
Commented by hiraidenaoya at 2004-12-13 19:18
最近・・・このétrenne(心づけ)をあげるひとが減っている都会(パリ、ボルドー・・・)・・・田舎はまだまだ根強い習慣ですが。
仕事とだからあたりまえ意識が強いですが・・・やっぱり"ご苦労様"!!です^^

日本の宅急便をはじめ、エクスパック・・・いいですね~
安くて早くて・・・多分,コンビニのお陰もあるんでしょうね~夜遅くてもコンビニでピックアップできる・・これは魅力的です!
日本からフランスに帰ってくる時、郵便局は大いに利用させてもらいました。フリー・ダイヤルで,荷物をウチまでピック・アップ!!フランスに全部破損もなく無事届き,感激!!

発送・輸送手段が変わり安くなったら・・・フランスも変わるでしょうね~

NAO