"ソラマメfève"とガレット・デ・ロワ galette des Rois

毎年この時期になると・・・
歯科医院が混み合います!

何も知らずに初めてこの”ソラマメ"がはいったガレットを食べた時は、歯が折れるかと思いましたよ・・・・


【ガレット・デ・ロワ galette des Roisに入っている"陶製の人形"】
a0008105_23193028.jpg


公現祭エピファニーÉpiphanieの祝いのお菓子で、中に*"ソラマメ"か陶製の人形(現在ではアニメのキャラクターも・・・・)が隠してあるパイ菓子で、それに当たった人が"王様"になると言うもの・・・
最近では、年末から既にスーパーなどでは売り出されていますが、本来は1月6日に食べるもの。または地方や他の国では1月の第一日曜日に食べます。
*(陶製の人形がはじめて作られたのは1874年ドイツにてだそうです。)

*épiphanie-wikipedia
*galette des Rois-wikipedia
*fabophilie
*エピファニー-wikipedia

これは、昨年のガレット・パリジャン(ボルドーを含むフランス南西部・南仏では形と素材が違います・・・・真中に穴があいたブリオッシュ・タイプ)







*galette des Roisレシピ-teteamodeler.com

【メゾン・ドウ・ショコラLa maison du chocolatのチョコレート入りガレット】

*galette des Rois-lamaisonduchocolat.com
*lamaisonduchocolat.com

[PR]
by hiraidenaoya | 2005-01-03 23:25 | ■食 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1506800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Wein, Weib u.. at 2005-01-06 04:08
タイトル : 新年の門付け
一月六日は御公現の祭日またはエピファニーとして、バーデン・ヴュルテンベルク、バイエルン、ザクセンアンハルトでは休日である。このキリスト生誕から12日目に当たるこの祭日は、四世紀まで12月25日のクリスマスと分かれていなかったらしい。元々多神教的な祭日で、時間と永遠の神アオンスの生誕もしくはディオニソスが水をワインに変えた日といわれる。それがキリスト教化してキリストの洗礼とカナの奇跡の日となった。ヨハネスによる福音2.1の「カナでの婚礼」でワインが空になったので水瓶のいっぱいの水をワインに変えた奇跡が記...... more
Commented by うさ at 2005-02-18 11:53 x
NAOさん、こんにちは。今日は「食」のページを読ませて
いただいています。とってもおいしそうなガレットで、見ているだけでも
幸せになりそうな香りが漂ってきそうです~♪
わたしも昨日クイニー・アマンをたべました☆

あと、わたしのブログのLINKに入れさせていただいたのですが
よろしかったでしょうか?
それと、わたしの「パリ旅行記」からリンクさせていただいても
よろしいでしょうか? よろしくお願いいたします☆
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-19 19:21
■うさ さん!!

ボルドーのカヌレはお好きですか?

リンク・・・どんどんお願いします!!^^

こちらこそ宜しくお願いします!!

NAO
Commented by うさ at 2005-02-19 23:18 x
カヌレは食べたことがないのですが、さっき「フランス美食村」の
ほうで拝見させていただきました!とってもおいしそうですね☆
さっそく買いに出かけたいと思います。実はパリにいって初めて
スゥィ―ツに興味を持ち始めたという感じです☆
クレープもおいしそうですね♪
Commented by しぇりしぇり at 2005-02-21 21:49 x
日本でも一時期はやりましたよね。カヌレ。
そのときに、はやりにのって日本で食べましたが、歯にネチョネチョ付くばかりで、おいしいとはお世辞にも言えませんでした。そのまま私の中では、忘れられた存在に。
しかし、この間パリに行ったときに、彼がパン屋で「カヌレがある~!これは、ボルドーのスペシャリティーですが、パリでもおいしいです。」とおやつに買っていました。そして店から出たとたんにそれにかぶりつく彼。あっけにとられていると「君も食べなさい」と。
嫌いだ、と言うと「日本のものとは全く違うから」と言う。
だまされたと思って仕方なく食べたら、別物だった。
外はかりかり。中はしっとり。日本で食べたあれはなんだったんだろう。
NAOさんのページにはいろいろおいしいものが載っていて、本当に楽しいです。
私は、パリと日本の時差8時間の遠距離恋愛中ですが、このページを見ていると、フランスのことが身近に感じられてとっても嬉しいです。
これからもいろいろ教えてください。
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-22 19:10
■うさ さん
フランスの甘いもの・・・いけてますよ!!日本の和菓子も最高ですが・・・

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-22 19:13
■しぇりしぇり さん
遠距離ラブ!!素敵!!

そうそう・・・カヌレは美味しいですよ!!しかも本場ボルドーで作りたてを食べたら!!^^

夏時間になったら7時間差になりますからね・・・意味ない?^^

こちらこそ宜しくお願いしますね!!

NAO

Commented by うさ at 2005-02-25 21:18 x
NAOさん!カヌレを食べました☆最初不思議な感じがしましたが
おいしかったです♪ある誌面で読んだのですが、ボルドーの隣の
村のサン・テミリオンの赤ワイン入りのマカロンを食べてたことは
ありますか? あと、「マダム・ブランシェ」のマカロンも載っていておいしそうでした^-^
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-25 23:17
■うさ さん
サンテミリオンのマカロンはよく食べましたが、赤ワイン入りは知りません!!サンテミリオンのマカロンは紙・・・ばーっと・・・くっついていて、ピエール・エルメやラデュレのように上品ではないのですが大好きです!!

今度は是非本場ボルドーで作りたてのカヌレを召し上がっててくださいな!!

NAO