人類と宇宙との関係がインタラクティブ(双方向)になる?

『彗星に弾丸、内部を探れ 米が探査機打ち上げへ』


彗星の含有物を明らかにし、太陽系や地球の成り立ちの秘密に迫るのが狙い。衝突は米独立記念日の今年7月4日に予定されている
ジョナサン・ケイナーによると7月4日、「ディープ・インパクト」が起こりこのとき、この瞬間、人類と宇宙との関係がインタラクティブ(双方向)になり歴史は永遠の変貌を遂げるのだそうです。

20世紀後半の「酉年」を振り返る-(Excite エキサイト:Excite Bit コネタ) と・・・


1969年『アポロ11号』が月面着陸し人類が初めて月に立った年
1981年『スペースシャトル』が成功し経済がますます活発になった年
2005年に米が"彗星に弾丸"探査機打ち上げへ・・・・・

*『彗星に弾丸、内部を探れ 米が探査機打ち上げへ』-Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by hiraidenaoya | 2005-01-10 22:29 | ■雑記 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1531594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from NewsToday-7 at 2005-01-31 20:29
タイトル : タイタンに探査機着陸へ 初の本格探査に挑む
 土星を周回中の米欧の無人探査機カッシーニから昨年末に 放出された小型探査機ホイヘンスが、米東部時間の14日早朝、土星の最大の 衛星タイタンへの着陸を目指し、大気圏に突入した。  探査機がタイタンへの着陸に挑むのは初めて。生命が誕生する以前の原始地球と環境..... more