マイ・ウェイ

a0008105_19294952.jpg
a0008105_1930123.jpg


この二人の共通点は・・・・

マイ・ウェイ

フランスに遊びに来ていたポール・アンカがクロード・フランソワClaude Françoisが歌ったComme D'habitude(いつものように・・)をラジオで聴いて"一目惚れ"(一耳惚れ?)。早速、英語の詩をつけて当時低迷中のシナトラにプレゼント!その後は皆さんご存知のとおりです・・・

マイ・ウェイの原曲となったComme D'habitude(いつものように・・)は
作詞Claude François & Gilles Thibault
作曲Claude François & Jacques Revaux

クロード・フランソワは残念ながら70年代にバスルームで事故死したフランスの国民的英雄歌手!!大スター!!でした・・・


クロクロ(クロード・フランソワ)がフランス・ギャルに失恋して書いた詩。フランス・ギャルは"夢見るシャンソン人形"ゲンズブール作の65年の大ヒットで世界的アイドルに。
この"夢見るシャンソン歌手"・・・最初は、1960年代日本で人気を得たダニエル・ビダルが歌う予定だったのですが、デビュー前に当時日本のレコード会社が目をつけてスカウト、日本で"オー・シャンゼリゼ""ピノキオ"を歌って大ヒット!その後、TVで司会をしたり・・・現在50代の方はよくご存知のはず。以前は僕が働いていたパリのクラブでよく会いましたが・・・今はどうしてるんでしょう?


*【コム・ダビチュード】と【マイ・ウェイ】の歌詞


*『パリ6区サンジェルマン村』の音楽カテ参照
[PR]
by hiraidenaoya | 2005-02-03 20:03 | 【音楽MUSIC】 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1616148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2005-02-04 21:32
コムダビチュード、私がもっているのはミシェル・サルドゥヴァージョンです。日本では演歌以外でオジサンがカラオケで歌う曲の定番・・・ひどい人は結婚式の余興で歌うって・・・それはまずいですよねぇ?
ところでクロクロ。ドイツ語ではKlo(Klosett・・・もとはたぶんフランス語からの借用語?)はトイレって意味なんで・・・クロクロでは・・・あらら。
Commented by ISABELLE at 2005-02-05 17:15 x
私、マイウェイの方が原作だと思ってました!最近、フランス語の先生の影響でClaude francois聴き始めたんですが、最初聴いた時、ハスキーな女性歌手だと思ってたんです。スミマセン。私のレベルってこんなもんです。しかも70年代に亡くなっていたとは・・!コンサート行きたかったのになぁ。
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-07 20:24
akberlinさん
ミシェル・サルドゥヴァージョン僕も持ってます(ビニール盤!)なかなかいいですね!
ミシェル・サルドゥはフランスにおいて2004年に一番稼いだ歌手ですって!!
そうか~ドイツではクロクロっていえませんね!(笑)

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-07 20:25
ISABELLE さん
映像見たら・・・かっこいいと思いますよ!

NAO
Commented by akberlin at 2005-02-08 03:24
NAOさん、ミシェル・サルドゥってフランスではそんなに人気があったんですか!そのわりに日本ではあまり知られていないような気がするのですが、すごいですね。正統派のおじさん歌手って感じで私は好きなんです・・・。
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-08 09:27
akberlinさん
そうなんですよ~この国(フランス)は興味深いです・・・こういう歌手が人気があるって言うところが・・・
サルドゥはミスターサマー・タイムの作曲者であるミッシェル・フーガンと同時期でクロード・フランソワがTVでもっていた自分の音楽番組で同時デビュー!ミッシェル・フーガンはサルドゥのデビュー曲を作曲してます。
サルドゥに関しては・・最近、前妻との間に出来た娘が暴露本を出版...若干、話題に。ただこの手の話題は日本ほどは騒がれませんが。

NAO
Commented by akberlin at 2005-02-08 18:48
さすが、フランス。愛人との間に子供が!といわれた超大物政治家が「それで?(et alors?)」ですんでしまうところ・・・オトナの余裕というかプライベートはあくまでもプライベートなんですね。サルドゥの暴露本、読んでみたいけれどフランス語じゃ無理ですぅ・・・。
Commented by hiraidenaoya at 2005-02-08 19:57
akberlinさん!!
本当、大人の国だと感じます。
ゴシップよりもちゃんと仕事をやるかやらないかの方が優先されるのはいい事だと思います。
もちろん愛人いないにこしたことはないのでしょうが・・・・せっかくいい仕事をした人が、プライバシーを突っつかれて失脚するのは残念です!
人間、みな、完璧じゃないんですから!!ねぇ~

NAO
Commented by ISABELLE at 2005-02-09 11:23 x
ミシェルサルドゥのla maladie d'amourを谷村新司が日本語で歌ってるそうです。聴いたことないですが・・。フランスに去年行ったとき、テレビで若い男女グループがen chantantを歌っているのを見たんですが、
すごく新鮮で感じよかったです。いい曲ですよね~。