人気ブログランキング |

【在仏日本国大使館メールマガジン】2012年11月の邦人犯罪被害事例

在仏日本国大使館メールマガジン2012年12月4日から抜粋・・・・

 


2012年11月の邦人犯罪被害事例について(在フランス日本国大使館領事部)


11月中に大使館領事部に届けられた邦人の犯罪被害の件数は68で、今年に入って

からの合計は11月30日現在753件となっています。
 
 
今月のコメント
 
▼オペラ座界隈での発生件数が、この統計を取り始めてから初めて地下鉄内での発生件数を上回りました。署名を求めることを装う少女の集団によるスリが多発している他、カフェなどでの置き引き被害も発生しています。

▼パリ及び近郊では展示会が多く開催されますが、展示会場で商談中、足下に置いたかばんを置き引きされる等の事案がコンスタントに発生しています。場所を問わず、自分の荷物は目の届く位置に置くか、必ず持つようにして管理してください。



【11月の被害例】

(1)11月1日、空港からパリ市内の自宅へ向かう道路上(サンドニ市内)で信号待ちをしていたところ、近付いて来た男に助手席の窓ガラスを割られ、膝の上に置いていたかばんを強奪された(強盗:女性在留邦人)

(2)11月3日、オルセー美術館に入館するため並んでいた際に、いつの間にかかばんの中から財布を盗まれた(スリ:女性旅行者)

(3)11月8日、ルーブル美術館に入館するため列に並んでいた際、いつの間にかかばんの中から旅券を盗まれた(スリ:男性旅行者)

(4)11月11日、地下鉄8号線オペラ駅到着前に、友人がスリ被害に遭いそうになっていたので防ごうとしていたところ、別の方向から別のスリが自分のかばんの中に手を入れてきて、旅券等の貴重品入れを盗まれた(集団スリ:男性旅行者)

(5)11月15日、ホテル(NOVOTEL PARIS EST)の朝食会場で椅子にかばんをかけていたところ、いつの間にか置き引きされた(置き引き:男性旅行者)

(6)11月16日、パリノール見本市会場で商談中、椅子の後ろに置いたかばんをいつの間にか置き引きされた(置き引き:男性出張者)

(7)11月23日、シャンゼリゼ通りを歩行中、後ろから近付いて来た少女2人に、かばんの中から財布をひったくられた(ひったくり:女性旅行者)

(8)11月23日、セーヌ・サンドニ県オーベルヴィリエのホテル近くの路上で、4人組の男に囲まれ,バッグを強奪された。白昼、近くに人もいるような状況で犯罪被害に遭った由(強盗:男性旅行者)

(9)11月26日、オペラ座近くの衣料品店内で鏡の前でバッグを足下に置いてコートの試着をしていたところ,7~8歳の子連れの40代の女性にそのコートはどこから持ってきたのかと話しかけられ,2~3秒その場を離れて説明した隙に,子供にバッグを持ち去られた(話しかけスリ:女性旅行者)

(10)11月30日、CDG空港の土産物屋で買い物中、カートの上に置いたバッグをいつの間にか置き引きされた。後で警察が防犯カメラをチェックすると、2人組の男が持ち去っていたことが判明した(置き引き:女性旅行者)
 
 
 
在フランス日本国大使館ホームページ(http://www.fr.emb-japan.go.jp
 
 
「メールマガジン」による情報提供 <個人向け>    毎月1回(7日前後)、
海外での生活に際しての有益な情報やフランス国内の安全情報の他、緊急を要する情報等について、登録された方にメールをお送りしています。ご希望の方は、在フランス日本国大使館ホームページ(アドレス http://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mlregist/fr.htmlにアクセス、氏名、生年月日、メールアドレス等を登録。
 
【在フランス日本国大使館領事部】
 
7, Avenue Hoche, 75008 Paris

電話(代):01.48.88.62.00

FAX:01.42.27.14.20




まわりから聞いた話から・・・

とにかく、オペラ界隈のキャッシュディスペンサーでの現金引き出しには特に要注意(現金が出てきた瞬間に盗まれる・・・)
ヴァンドーム広場地下パーキングでの被害未遂(スリ)もよく聞く。
by hiraidenaoya | 2012-12-05 16:57 | 【今日のキニナル】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/16922623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。