【キニナル】村上春樹の新作に寄せられた低評価レビューが秀逸すぎると話題に

『ノルウェイの森』や『海辺のカフカ』など、これまで数多くの名作を生み出してきた小説家・村上春樹。大きな期待が寄せられていた村上春樹さんの新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が、201...



【アマゾン】孤独なサラリーマンのイカ臭い妄想小説, 2013/5/3

【村上春樹】関連記事


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年


[PR]
by hiraidenaoya | 2013-05-09 20:15 | 【今日のキニナル】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/17760599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。