人気ブログランキング |

■今年のエープリル・フールは・・・

フランスでは"四月の魚"poisson d'avrilと呼ばれますが・・・




毎年恒例のSNCFフランス国有鉄道の作り話は・・・

『Bahamasバハマ行きのTGVは”足ひれ(潜水用)"を持参のお客さまのみ乗車可能です!』
『下2桁が56の切符をお持ちのお客様はウィーク・エンド転轍(てんてつ)操作場の宿泊ご招待!』
・・・など

以上の作り話が構内アノウンスでたびたび流れました。

アルザスの日刊紙は一面で・・・
タイトルは『コウノトリ100パーセントを使った"フォアグラ"が今年のクリスマスには食卓に!!』みたいな感じで・・・
理由や料理の仕方など丁寧な説明が加えられていたそうです。

いつの年だったかの4月1日、パリの地下鉄RATPのparmentierの駅が料理の名前hachis parmentier に替えられれて、駅に降りた乗客は"驚き"でした^^(Parmentierはフランスにジャガイモを普及させた農学者)


番外として・・・
イギリスBBCがFondation Bob Marley にメールで公式にBob Marley のインタビュー依頼をお願い・・・
メールを送った担当者は、Bob Marleyが1981年36才で他界していたのを真剣に知らなかったようです(笑)・・・これはエープリル・フールではなく"本当のお話"!でした。
by hiraidenaoya | 2005-04-02 08:16 | ■フランスを垣間見る | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/1807012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミント at 2005-04-02 09:23 x
四月の魚・・・二月の・・・でなくってほっ^^ 国有鉄道のアナウンス、さすがフランスですね~。お洒落です☆フランス小話というのを何編か読んだことがありますが、粋で、ちよっとブラック・ユーモア含みの大人の会話を堪能。仏映画のセリフもそうですよね~。ファミリー間でもそうなのかしら?
Commented by hiraidenaoya at 2005-04-02 17:50
■ミントさん!!
お久しぶりです!大丈夫です?

フランス人のユーモア・・・時々、笑えないようなものもありますが・・・家族間、親しい関係の場合はかなり微妙なユーモアが飛び交います。

「パパ、もう疲れてこれ以上歩けないよ!」と言う子供に・・
「それじゃ、走りなさい!!」というパパ。

たくましくなるはずです^^

NAO