【キニナル日本語】尊敬語・謙譲語

「その言葉遣い、目上の人に失礼だから直しなさい!」――こんな注意を先輩や上司から受けた経験のある人は、きっと多いはず。学生時代には何も考えずに、友だち同士やバイト先で使っていた言葉なのに、会社に...



『営業先の担当者に対して「昨日、私は御社のホームページをご覧になりました」とか、「どうぞごゆっくり拝見してください」といった言い間違いは、かなりの赤面もの。


ビジネス用語の常識中の常識である「尊敬語」と「謙譲語」は、取り違うとかなり恥ずかしいことになります。

それ以外にも、ちょっとした電話の応対でさえ、「××様でございますか?」「課長の××は本日お休みです」「とんでもございません」など、うっかりすると使ってしまう間違いは多くあります。前もって言葉使いの資料に目を通しておくなどの注意が必要でしょう。


仕事を終えた上司に対する「ご苦労さまでした」や、用事を受けたときの「了解しました」もよく話題に上ります。「ご苦労さまでした」や「了解しました」は本来格上の者が使う言葉なので、上司に向けてならば「お疲れさまでした」とか「承知しました」「謹んで承りました」などが正解なのだとか。』


http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130928/Mycom_freshers__freshers_column_2013_09_post_423.html?_p=1



▼第四話「間違いやすい敬語(1)」 ~尊敬語VS謙譲語Ⅰ~|「敬語おもしろ相談室」新社会人のための敬語の使い方指南
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/keigo/chapter4/detail.html




▼敬語の指針
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/keigo/guide.pdf




▼基本語から引く尊敬語・謙譲語・丁寧語
http://www.sanseido.net/main/words/hyakka/sonkei/

▼尊敬語・謙譲語を正しくつかおう
http://diamond.jp/articles/-/2365



▼Keigo敬語
http://fr.wikipedia.org/wiki/Keigo
SignificationForme du dictionnaireRespect (sonkeigo)Modestie (kenjōgo)Formel (teichōgo)
être1ある aru  ござる(ございます)
gozaru (gozaimasu)
いる iru
いらっしゃる irassharu
おいでになる oideninaru
 おる(おります)
oru (orimasu)
aller1行く iku伺う ukagau
参る mairu
参る(参ります)
mairu (mairimasu)
venir1来る kuru
recevoirもらう morau いただく itadaku2 
donnerあげる ageru さしあげる sashiageru 
くれる kureruくださる kudasaru  
faireする suruなさる nasaruいたす itasuいたす (いたします)
itasu (itashimasu)
dire言う iuおっしゃる ossharu申し上げる mōshiageru
申す mōsu
申す(申します)
mōsu (mōshimasu)
voir見る miruご覧になる goran ni naru拝見する haiken suru 
rencontrer会う auお会いになる oai ni naruお目にかかる ome ni kakaru 
savoir知る shiruご存知だ gozonji da存じている zonjiteiru存じている(存じております)
zonjiteiru (zonjiteorimasu)
porter (vêtements)着る kiruお召しになる omeshi ni naru  
manger食べる taberu召しあがる meshi agaru いただく(いただきます)
itadaku2 (itadakimasu)
boire飲む nomu
mourir死ぬ shinuお亡くなりになる onaku nari ni naru 亡くなる(亡くなります)
nakunaru (naku narimasu)





[PR]
by hiraidenaoya | 2013-09-29 19:28 | 【今日のキニナル】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/18699347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。