■フランス版『おばあちゃんの知恵袋』【その5】

蜂に刺されたら・・・

とにかく、毒針を抜き取り、火のついたタバコの先端を、刺されたところに数秒近づけます。これは、熱で毒を消滅させるためらしいのですが。そして、刺されたところに、酢を塗ります。

ただ、あくまでもこの方法は身近になにもないときの応急処置。(タバコを吸う人が周りにいなかったらこれまた困りますが・・・)大事に至る前に、薬屋さんか医者にみせたほうがいいかと思います。



写真は年中無休、24時間営業のボルドーの薬局・・・・
[PR]
by hiraidenaoya | 2005-07-18 16:35 | ■仏版おばあちゃんの知恵袋 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/2105581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あぷち at 2005-07-19 14:15 x
へえ~、こんな方法が有るんですねエ。近づけるだけでいいのね。
早とちりのわたしってば、根性焼きかと勘違いしちゃいました(テヘッ)
酢は何かを中和させてくれるのかしら?
覚えておきま~す。
Commented by Tukasa-gumi at 2005-07-19 20:00
たしか日本じゃ
たばこの煙を吹きかける・・・
だったような気がします。
Commented by hiraidenaoya at 2005-07-20 08:17
■あぷち さん
酢・・・蚊に刺されたときにつけているフランス人を何度か見かけました。
根性焼き!(爆笑)

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2005-07-20 08:18
■Tukasa-gumi さん
タバコの煙を・・・なんか面白いですね~

NAO