■野菜ジュースがアルツハイマー病予防に効果・・・

新鮮な野菜や果実をジュースにしてたっぷり飲むだけで、アルツハイマー病が予防できるという画期的な研究発表が米国学会で話題を呼んでいる。週3回以上飲むだけで、リスクが75%も減る-というのだ。(2005.07.19紙面掲載)夕刊フジBLOGより・・・


『南フロリダ大学の研究チームは米ワシントン州に住む65歳以上の日系人男女約1800人を10年近く追跡調査。その結果、野菜や果実のジュースを週3回以上飲む人は週1回未満の人にくらべて、アルツハイマー病になるリスクが75%も低かったという。』

アルツハイマー病は、異常なタンパク質(ベータ・アミロイドタンパク質)が脳にたまり、そのため脳の神経細胞が死んで脳が萎縮し、痴呆(認知障害)になる病気、「呼吸などによって生まれる活性酸素の酸化作用で、異常なタンパク質が脳にたまる」ことが分かっているが、野菜・果物ジュースに含まれるポリフェノールが、「その原因になる活性酸素を分解してしまう」のだそう。
また、ポリフェノールは、脳の血液循環をよくし、脳の神経細胞を元気にしたり、生き返らせる働きも!!


「アルツハイマー病に効果的なポリフェノールには、赤ワインに含まれるアントシアニンやレスベラトロールのほか、野菜などに多いケルセチン、またさまざまなフラボノイドなどがあります」

ということは・・・

新鮮な野菜・果実ジュースと美味しい赤ワインを適度に摂っていれば、かなりアルツハイマー病になるのを防止できると言う事ですね^^
[PR]
by hiraidenaoya | 2005-07-29 06:47 | ■食 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/2132582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。