第3話 何故フランスにいる?

第1話
第2話
からどうぞお読み下さい!!


やはり、言葉は勝手に理解してはいけないなぁ~、もっと言いたいことが言えたらなぁ~と真剣に思い、とにかく毎日8時間、フランス語独学が始まりました。
陽気もよくなり梅雨のないからっとしたパリの6月のある日・・・
ムッシュがいきなり僕の部屋のドアをノックしたかと思いきや入ってきて、
「ムッシュ・イライドゥ!ちょっと私といらっしゃい!」といきなり手をひっぱられ・・・外へ連れ出されました。
「あなたはもうかれこれ1ヶ月も部屋に閉じこもって勉強している。こんなに天気がいいんだから外に出て彼女でもお探し!」といいながらキオスク(街頭の本屋)でミシュランのガイドブックを買ってくれました。

そうだよなぁ~もともと努力(女の又に力と書く・・・・こんなことを書くとひんしゅくものですが・・・どうして?)という言葉が僕には欠落というより大嫌いなことを思い出します。

ある晴れた日曜日の午後、ガイドブックを片手にブローニュの森に読書に出かけました。アパートから歩いて30分くらいでしょうか・・・大きな池の芝生に腰を下ろして楽しそうに泳いでいる鴨の親子を眺めながら読書&日向ぼっこに興じました。
突然女性の声がして・・・
「REX戻ってらっしゃい!早く戻ってらっしゃい!」

どうしたんだろうと思って、本を閉じ池を眺めると・・・

犬が鴨の親子の後を追っかけながら泳いでいるではありませんか。池の周りの人たちは大笑いというか大喜び!
飼主は真っ赤な顔をして怒りながら「早くかえってらっしゃい!REX」を連呼。
・ ・・・こっちの犬に人間のように話しっけているマダムに感心。実際自分たちの犬や子猫はたまたうさぎを彼とか彼女とか呼びますから・・・
「昨日、彼女は調子が悪くて・・大変だったのよ・・・」
「あらお嬢さん病気で?」
「いえ、ウチの花子よ」
って具合でウチの犬とかウチの猫とか言わず、彼・彼女または名前を言います・・・
何度呼ばれても戻ってこないREX君。ギャギャ泣きわめくマダム・・・じゃなくて鴨たち!マダムはもう必死で声もかれてきます。
と突然・・・マダムが靴を脱いだかと思うと池に!!
見ている観客はもうたまりません。皆お腹を抱えて笑いこけています。
マダムはREXの後を、REXは鴨の後を、鴨の親子は必死でがなっています!!想像してみてくださいな!このシーン。

やっとの思いで首輪を引きずられて出てきたREX君とびしょびしょのマダムに拍手喝采!最高のスペクタクルでした。


続く・・・
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-05-14 18:40 | ■連載 | Comments(22)
Commented by aradas at 2004-05-15 03:44
それで?それで??
この連載楽しみにしてます。何話まであるんだろ~ワクワク。
Commented by canterina at 2004-05-15 11:18
ふーっ、8時間の勉強。 岸恵子さんも、最初そのくらい勉強したらしいね。

NAO, この話し、本にできるよ、
「ボルドーの空は 茜色」ってね。
(彼女の本読んだことある?)

岸恵子さんと同じ誕生日の、岸恵子さんには、遠く及ばない Canterina.
Commented by lovelyny at 2004-05-15 11:44
NAOさんも最初はフランス語をこんなに勉強したんですね〜。
それでそれで?:)
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-15 17:15
この文書ダイレクトに書き込んでいるので・・・誤字・誤植・意味不明でご迷惑をお掛けしてるかもです・・しかも”オチ”を期待している人には・・・何となくまだまだダラダラ続くので・・
canterina !「ボルドーの空は 茜色」ってすごく素敵なタイトル!!ありがとう!岸恵子さんの本は読んでませんが・・同じ誕生日なんだ!!
lovelynyさん!今も辞書はよく引きます(勉強は嫌いなんですがコミニュケーションが好きなので・・・)
aradas さん!そんなに言ってもらえると素直に嬉しいです!!
NAO
Commented by poca_pocari at 2004-05-15 22:12
だんだんフランスにはまっていくNAOさんのご様子がよくわかりますね、連載おもしろいです。早く、続きがよみたいぞ~。
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-15 23:45
本当?ブタもおだてられると空を飛ぶタイプなので・・・期待しててくださいね!
NAO
Commented by yoshino_n at 2004-05-16 02:02
遅ればせながら、私も期待している一人です。
それから? それから?
團 伊玖磨 作曲の童謡にこんなのがありましたね。
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-16 02:13
ああ!!芳野さん!僕は退職された後いきなり外国!!という一般的ではない芳野さんのスペイン生活記が読みたいです!!NAO
Commented by canterina at 2004-05-16 08:35
NAO, 読みにくいところは、全然ないよ。 フランスにそんなに長くいて、これだけの日本語レベルを保ってることに、感心してます。(一応日本語の先生です)

「ボルドーの空は 茜色」は 岸恵子さんが書いた「パリの空は 茜色」のパクリです。 念の為。 女性の気持がよくわかる本です。
Commented by mangoheart at 2004-05-16 11:43
Naoのフランス語学習、初心を思い出させられました。
アメリカでの英語学習はかなりがんばっていた私も、台湾に来てから、最近は「どーせ一生いるんだし、焦らなくていいや」なーんて怠け心が・・・いけませんね。骨をうずめる場所だからこそ、本当の努力をしないと!
続き、楽しみにしてます♪
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-16 19:08
canterina 先生!!恐れ入ります!
mangoheart サンは台湾に永住なさるんです?今度遊びに行ったらよろしくです!僕は台湾料理の大ファンです!
NAO
Commented by canterina at 2004-05-17 09:26
NAO先生, ただいま、バイエル復習中のCanterinaです。 笑ってやってください。

Canterina, フランス語検定3級はもってるけど、 それ以上すすまない。 やっぱり日常で、つかわなきゃね。
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-17 16:40
canterina !!すごー!僕の叔父は40歳になった時どうしてもビートルズの゛ヘイ・ジュード”が弾きたくてピアノを買ったのを覚えてます。フランス語に関しては検定より日常生活だよ!フランスで毎日の生活を楽しめば旨くなります!”涙なしでのフランス語教室”に通う?NAO
Commented by paillette at 2004-05-17 17:42
私も続きを密かに期待しつつ、読ませてもらってます。
私も実は、パリに辿り着いた時、一言もフランス語を知りませんでした。
続き、楽しみに待ってま〜す
Commented by naobossa at 2004-05-17 18:17
paillette ちゃん!(勝手に親近感を抱いてる僕ですが。。。)待っててね!NAO
Commented by canterina at 2004-05-17 23:16
NAO,「 涙なしでのフランス語教室」、先生は? もちNAO だよね。
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-18 00:13
canterina !
oui! NAO
Commented by canterina at 2004-05-18 15:48
Alors, qu'est-ce que je dois faire? (^_^)
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-18 18:29
canterina !この際フランスで日本語の先生を!なんてだめですか?NAO
Commented at 2004-05-18 20:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nzaka at 2004-05-29 16:10 x
みんなそれぞれ海外にいる理由があるんですよねえ。続きめちゃくちゃ楽しみにしてますよお。
Commented by hiraidenaoya at 2004-05-29 17:51
nzakaさん!コメントアリガトウございます。今後とも宜しくです。NAO