■38分

38分

現代フランス人の昼食にかける平均時間だそうです。(あくまでも、サラリーマン、OLなど家から離れて仕事をする人たち)

僕がパリにたどり着いた1975年は・・・

1時間38分だったそうです。

確かに、みんなお昼は家に戻って食べていましたね。昼休みをとるお店が大半だったし・・・
[PR]
by hiraidenaoya | 2006-02-15 17:14 | 【今日の数字】 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/3201373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by foggykaoru at 2006-02-15 21:16
ちょっと前のフランス語の教科書には「最近、昼食をとりに家に帰る人が減った。特に都会では」なんて書いてあったものです。
それにしても、30年で3分の1になってしまうなんてびっくりです。
Commented by しぇりしぇり at 2006-02-16 11:57 x
弟が高校に行き始めてからは、
ママがお昼に家に帰ってくる回数は激減しましたね。
弟は、次の授業まで3時間くらいの時間があれば、
お昼に帰ってきますが。(日本の大学みたい)

しかし、近くのパンやさんは、ちゃんとお昼休みを取ります。
「昼なのに、閉まっているパン屋って一体。。。。」
フランスを感じる瞬間です。
Commented by hiraidenaoya at 2006-02-16 18:50
■foggykaoru さん
フランスの現代化はかなり深刻です(僕みたいに古い人間には)

最近過労死、ストレス問題がかなり話題になってます。

NAO
Commented by hiraidenaoya at 2006-02-16 18:52
■しぇりしぇり さん
>「昼なのに、閉まっているパン屋って一体。。。。」
なるほどなるほど・・・

夏に1ヶ月ヴァカンスをとるアイスクリーム屋を知っていますがそれと似てる?

NAO