人気ブログランキング |

■仏で初の鳥インフル確認 野生のカモから

『フランス農業省は18日、東部アン県の湿地で死んでいるのが見つかった野生のカモが、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことを確認したと発表した。H5N1型の感染確認はフランスでは初めて。』

感染が確認されたカモの死骸は、フランス第3の都市リヨンの北東約30キロのアン県AINジョワイユJOYEUXで見つかりました。

仏で初の鳥インフル確認 野生のカモから [ 02月19日 08時55分 ]Excite エキサイト : 国際ニュースから

フランス農業省(ビュスロー農業・漁業相DOMINIQUE BUSSEREAU)によると、今後全国で約90万羽の家禽に予防接種する計画だそうです。

フランスにおいての鳥インフルエンザgrippe aviaireに関する質問は下記まで
0825 302302
*7時〜22時(毎日、有料1分15サンチーム)

http://www.sante.gouv.fr/htm/dossiers/grippe_aviaire/sommaire.htm


【関連記事】
■鳥インフルエンザ LA GRIPPE AVIAIRE
by hiraidenaoya | 2006-02-21 22:29 | ■フランスを垣間見る | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/3234526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ふらんす・あらかると at 2006-02-21 23:24
タイトル : ■仏で初の鳥インフル確認 野生のカモから
感染が確認されたカモの死骸は、フランス第3の都市リヨンの北東約30キロのアン県AINジョワイユJOYEUXで見つかりました。フランス農業省(ビュスロー農業・漁業相DOMINIQUEBUSSEREAU)によると、今後全国で約90万羽の家禽に予防接種する計画だそうです。フランスにお...... more