■新しい投函システム


フランスの郵便局で嫌な思いをした人は少なくないでしょう・・・

いつも長蛇で、待つのにうんざりしたり、書留で送りたいのに書留用の用紙がカウンターで見つからず窓口でしか手に入らないので順番を待ったり(フランス人はこういう場合、かなり大きな声で「書留用の用紙がないんですが!」って誰に言うまでもなく・・・大抵、窓口の誰かが用紙を差し出してます。

f0063227_17454714.jpg
f0063227_1746718.jpg

2枚の写真はサンジェルマンの郵便局。下の写真は、(紙幣が使える)お金をくずす機械。注意書きで、"この機械は郵便局内の機械(コピーマシンなど)を使用する人のみの利用を許可"と書かれてありました。

さて、今回は、新しいフランスでのオンラインサービスのご紹介です。

一つは・・・
ネットで郵便を送るサービス。メーリングなどにはかなり使えるかもしれませんが、コンピューターからメールないしFAXで郵便の内容を送信、それをプリントアウトして配送(封筒にいれ、切手を貼って投函)してくれるというもの。
かなりの時間とお金の節約になるようです。

http://www.flydoc.fr/

もう一つのサービスは・・・

書留の手紙をネットで送るというサービス。
郵便局が行っているサービスです。24時間体制(7/7)。郵便局に行かなくても自宅・会社のコンピューターから手続きが出来るのは便利です。
http://www.laposte.fr/LRE/

おまけで・・・
自分だけの記念切手を作るサービスです。郵便局のサービスのひとつでTPPと言います。
http://tpp.laposte.fr/accueil.pgi?cmd=afficher

http://tpp.laposte.fr/planches.pgi

10枚で10,30ユーロです。(フランス国内の20gまでの料金は0,53サンチーム)



■世界の郵便ポスト
[PR]
by hiraidenaoya | 2006-04-15 18:29 | ■便利サイト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/3485529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。