人気ブログランキング | 話題のタグを見る

時間の無いフランス人・・・

最近のフランス人は昼食を食べる時間が昔と比べて半分以下に・・・

僕がフランスに着いた1975年当時はパリでもお店は昼休みをとりかなりの数の人が自宅に帰って食事をしていました。
今ではほとんどのお店が1日中オープンしていて交代で食事をとるパターンが一般的。地方都市、僕のいるボルドーはまだまだ昼休みをとるお店がかなりありますが・・・

パリジャンの大半はサンドイッチ、ハンバーガー、キャフェでの軽い食事(日替わり定食やサラダ)で済ませるみたいで30分程度が圧倒的。もちろん幹部クラスのビジネスマン達の商談昼食は別ですが・・・
OLはサンドイッチをかじりながらウインドショッピング(または公園で読書をしながらサンドイッチ)

夜はというと・・・パリの独身族はかなりの割合で宅配に頼っています。もちろん外食もありますが日本に比べてレストランはかなりの出費を必要とされお気軽にラーメンだのどんぶりものなどとはいきません。
面白いことに最近のオペラ界隈のラーメン屋、どんぶりモノを扱っている日本レストランはけっこうフランス人同士で食べに来ていてかなり込み合っているという状況・・・・日本食ブームでもありますがあくまでもまだまだ一般的には焼き鳥とお寿司しか知られていませんので・・・・客層としてはオペラ界隈に働いているフランス人が圧倒的ですが、早い、一品だけで済ませられる、リーズナブルの理由からでしょうか?

外に食べに行くのも面倒、宅配PIZZAや宅配お寿司(パリはかなりの数があります)も嫌だという人たちに今人気なのが・・・調理済み冷蔵食品。電子レンジでチーンか湯煎で数分で出来上がり。一人分でかなり割高ですが・・・。

しかし、料理をしない、アジア系の食堂に頼るパリジャンがかなり増えているのには毎回外食するたびに驚かさせられます・・・・


WEB宅配サービス
宅配PIZZA
ジョエル・ロビション
by hiraidenaoya | 2004-06-04 20:03 | ■食 | Trackback
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/386404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。