第6話 何故フランスにいる?

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
からどうぞお読み下さい!!


母親に口から生まれた男とずーっと言われていましたので,言葉は違えど全然問題なし。間違っていようがなかろうがとにかく喋りつづけていたみたいです。

時間を忘れた楽しいひと時もやはりいい(意味でも悪い意味でも)終わりというものがありそろそろ日が暮れて・・・

さて、夕食に誘うかどうか・・・この時代は相手(女性)が夕食の誘いをOKしたら全てがOKという暗黙の中の了解みたいなものが存在していましたので・・・ちょっと考えましたが、普通にすんなり誘っていました。別に下心がなかったのですんなり誘えたのでしょう。

答えはOKでした。

ほとんど外食をしていなかったので焦りましたがオペラ界隈まで出かけビストロで食事を。
日本での外食の経験しかないのでどんなものか、何をどう頼んでどのように食べ・・・これはいろいろな情報を持たずに日本をとび出した人間にしか分からないことだと思いますが・・・冷や汗ものでした。食事どころではなく・・しかも喋らないといけないし。

ここでいろいろ考えたのですが・・・フランスで女性の機嫌をとるということは並大抵なことではないと。この感覚に慣れた今、振り返ってみると面白いです。とにかく喋らなくてはいけないが相手の話も真剣に聞かなくてはいけない・・ところがその話はかなりすっ飛ぶ。すっ飛んだ先をも理解していないと全くついていけない。
この感覚に慣れたと書いたのはけしてエキスパートになったという意味ではありません。単純に無視できるようになったという意味です。
とにかく沈黙は退屈と思っているらしく・・・何かを絶えず話さなければいけないような雰囲気が必ず付きまといます。
これは無口な日本人の男性には耐えられないだろうなぁと思います。エネルギーも相当消耗します。女性も男性もビックリするぐらい食べるのを当時見たとき一人で納得しました。たくさん食べておかないと喋りながらエネルギー切れで死んでしまうと・・・

公共の場面で・・・
ドアを持って次に来る人を待つ。知人・他人に限らずエレベーターの乗り降り、出入り口(お店、レストラン)で女性に先を譲る。これは若いうちに体得しないとかなりぎこちないものになるみたいです。
キャフェやレストランでの店の人とのやりとり・・・
キャフェではそれほど考えなくとも座る位置(窓がわに誰が座り店内を見渡せるほうに誰が座り・・・)くらいを考慮に入れるくらいですみますが、レストランとなるとこれは男性の仕事がいっぱい!!

レストランに入る時はまず男性が先。
席に通されるまでの会話・・・
高級にになればなるほどこの会話が大切になってきますが、予約をしたかどうか何人か(普通ここでだいたい゛お食事ですか?“と訊かれますが・・あたりまえだろうバカ!ゴルフをしにきたんじゃないぜ!何て絶対に毒舌をはいてはいけません。)。
まぁこの段階できちんと応答が出来ればかなりいい席がもらえるでしょうがどんなに綺麗な格好をしていても予約をしていても(席だけは確保しておいてくれますが・・・)この時点での会話が決め手になりますので、英語でしかもたどたどしかったら厨房の出入り口かトイレの脇に案内される確立は大です。女性同士だけの場合もかなり軽く扱われますのでなるべく男性一人でもいいですからエスコートを特に夕食の場合は連れて行きたいものです。しかも20時以降。(19時にいったら完全に観光客とみなされフランス語をたくみに操ってもダメです)

席につき・・・
今度はソムリエと会談(快談)。この段階でけして知ったかぶってはなりません。とんでもない売れ残りのビネガー寸前ワインが運ばれてくることになりかねませんから・・・
自分の好みをはっきり伝え、これから食べるモノを伝えさらに謙遜しながら、自分はワインをあまり詳しく知らないが大好きで、ボルドーならメドックよりペサック・レオニオンが好きで・・・(ここで絶対に言ってはいけないのがワインの固有名詞。たとえば私は1945年のペトルウスを先日飲みました・・とかイケムの1960年はまだウチにあります。これ嫌われるだけです!またはそのヘンのスーパーで売ってる超メジャーなボルドーワインかパリの中華でよく出されてるコート・ドゥ・ローヌの名前を出してこのようなワインが好きです。は絶対にダメ!・・・前菜にこれ、メインには魚ですが赤が飲みたいのですが・・・なんて尋ねると本当親切にいいワイン(高くなく美味しいもの)を出してくれます。

こんな儀式をやりながらしかも女性を笑わさせる(これはフランスにおいてはもっとも大切なことのひとつみたいです。)、そして食事をしながら彼女のグラスにワインを注ぎ(高級レストランであればソムリエが全部やってくれますが・・・)・・・これぜんぶやってたら食事のあと一週間は寝込むでしょう?

こんな感じで・・・若い頃から体感できない場合は並大抵ではない努力を強いられるわけです。まぁ後は完全にレッド・サン(古い!!アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、三船敏郎)の侍みたいに完全に古い化石の日本人を演じれば問題ないかもしれませんが・・・皆が三船さんみたいな迫力と美貌の持ち主ではないので努力するしかないでしょう。もしフランス人の女性にもてたかったら・・・・

続く・・・
[PR]
by hiraidenaoya | 2004-06-11 18:48 | ■連載 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/427688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zord at 2004-06-11 19:33 x
じらしますね(笑)先が気になりますね。
以前、奈良のホテルのエレベーターで、フランス人グループ(初老の男性と初老の女性数人)と乗り合わせました。エレベーターが開いたらその男性が辺りを警戒しながら女性たち(わたしの連れ合いも!)を全員外に送り出したのが、妙に感心しました。わたし?わたしはもちろんその男性のさらに後から出ましたとも。
Commented by Jill_W at 2004-06-12 00:16
ぐはっ! フランスって・・・・大変なのですね・・・汗
男じゃなくてよかったと思うけど これじゃ女でもたいへんそう・・・。
やっぱり 日本が一番いいのかな・・・・(笑)
Commented by hiraidenaoya at 2004-06-12 01:42
フランスで生活するってたいへんでしょう?なんて!!好きでいるので気になりませんが・・・zord さん、さすが日本人!でもたまにはエスコートされるのって気分がいいかもです。NAO
Commented by buhikon at 2004-06-12 01:50
このシリーズ、大好きです。
フランスの男性って大変なんですね。私は気を遣われると、こっちも気を遣ってしまうので、フランス人男性とお付き合いするのは難しそうですな。
Commented by hiraidenaoya at 2004-06-12 01:59
ああいいかも日本人女性って!!・・・NAO
Commented by aradas at 2004-06-12 13:33
待ってました!
フランスって色々大変ですねー。男性が細かい心配りをしてくれる分、女性はオシャレになっていくのかしら?日本人男性にここまで求めるのは酷ですけど、ドアを押さえるくらいのマナーは浸透してほしいですね。
Commented by coco_art at 2004-06-12 17:58
「お先にどうぞ!」ってフランス語では'Après toi'って言うんですよね。直訳すると「君の後に(僕はいくよ)」ですが。
フランスに行くと、女に生まれてよかったなぁ、って思います。インテリジェンス、ユーモア・・・努力を怠らないことが必要のようですね。
Commented by hiraidenaoya at 2004-06-12 18:26
aradas さん!日本男性ももう少しどうどうとしていただきたなぁって感じることが多いです。フランス人女性に負けてます!(笑)
ただ威張る・ふてぶてしくするの堂々とするを勘違いしてる人はいますが・・・
coco_art 同感です!1度元首相の中曽根さんの話を読んだことがあります・・・年に数回だけの今は亡きミッテラン大統領(日本の歴史・文学に詳しく、ユーモアたっぷりなインテリとして有名)との対談にのぞむ時にどれほど緊張し、その前に今回はどんな質問をされるかと・・・1週間以上もかけて勉強してからフランスに出向いたそうです。ユーモアとエスプリ!必須ですね。。。NAO





Commented by kanashima-hina at 2004-06-12 20:18
やっぱり現地にお住まいの方の生の声って新鮮です!
本にも雑誌にもここまで丁寧には書いてくれませんもの。
読んでいる分には楽しいですけど、これを実践!!といわれたら難しいですねぇ(笑)
Commented by biwakokayo2 at 2004-06-12 20:24
女性に気を使うフランス人男性と気を使わない日本人男性を足して2で割るとどうなるのでしょうね。ちょうど良くなるというよりどっちつかずの中途半端になってしまいそうですね。
Commented by hiraidenaoya at 2004-06-12 21:07
kanashima-hinaさんご丁寧なコメントありがとうございました!
biwakokayo2 さん!最近の日本人男性はかっこよくマナー(女性に対する)もよくなってきたのではないんですか?
たまにフランス人男性でマッチョマンもいますけどね!(笑)NAO
Commented by canterina at 2004-06-13 14:15
「本当にすきな時には、理由なんてないんですよ」(冬ソナより)

楽しい話し、ありがとう。Canterina
Commented by canterina at 2004-06-13 14:18
ところで、時計の前後、全部、文字化けしてます。 ほかの人で化ける人いないかな? macのおばかさん使ってる、Canterina
Commented by hiraidenaoya at 2004-06-13 16:44
canterina !!ぐぐっとくる文句ですね!macと相性が悪いのでしょうか?・・・ちょっと心配ですね~。NAO