■チューリップ




葉や茎も大きくなりきらないうちに花が咲いてしまったという・・・記事を読んで・・・

『球根は球根の2、3個分深くして植えるといいんです。それと、茎が短いということですが、チューリップは普通、茎が伸びて花が咲きますが、実は低温にならないと花首が伸びないんです。だいたい2度から5度以下を8週間から10週間経ないと低温不足でずんぐりむっくりのチューリップになってしまう』

『球根が安いというのもあるかもしれませんね。チューリップの球根は球根の周径、直径ではなく胴回りですね、これが12センチほどですが、安いものでは球根が小さく周径が10センチ、9センチというものもあります。球根は小さいと花が咲きにくい』

なんだそう。

お宅のチューリップ、異変はありませんか?Excite Bit コネタより


【参考サイト】
チューリップ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


昔、チューリップを花屋で買って、友達から『開き過ぎないようにするのには、砂糖を水に入れてやるといいよ』と聞いて・・・

入れるタイミングが悪かったのか、量が多かったのか・・・開かないままで枯れたことがありました。(笑)
[PR]
by hiraidenaoya | 2007-03-31 01:57 | 【植物】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoparis.exblog.jp/tb/5321232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。